NIKE AIR JORDAN 4 RETRO SE GS "NEON" "MICHAEL JORDAN" COOL GREY/VOLT/WOLF GREY/ANTHRACITE 1
NIKE AIR JORDAN 4 RETRO SE GS "NEON" "MICHAEL JORDAN" COOL GREY/VOLT/WOLF GREY/ANTHRACITE 2
NIKE AIR JORDAN 4 RETRO SE GS "NEON" "MICHAEL JORDAN" COOL GREY/VOLT/WOLF GREY/ANTHRACITE 3
NIKE AIR JORDAN 4 RETRO SE GS "NEON" "MICHAEL JORDAN" COOL GREY/VOLT/WOLF GREY/ANTHRACITE 4
NIKE AIR JORDAN 4 RETRO SE GS "NEON" "MICHAEL JORDAN" COOL GREY/VOLT/WOLF GREY/ANTHRACITE 5
NIKE AIR JORDAN 4 RETRO SE GS "NEON" "MICHAEL JORDAN" COOL GREY/VOLT/WOLF GREY/ANTHRACITE 6

JORDAN BRAND AIR JORDAN 4 RETRO SE GS "NEON" "MICHAEL JORDAN" COOL GREY/VOLT/WOLF GREY/ANTHRACITE

ct5343-007
通常価格
¥16,000(税抜)
通常価格
(税抜)
セール価格
¥16,000(税抜)
単価
あたり 
公開状況
完売
必ずお読みください
NIKE商品は通常4営業日以内(離島は除く)にお届けいたしますが、商品の状況によりお時間を頂戴する場合もございます。

※ご予約商品に関しましては、発売日以降の配送希望日時でご対応可能となります。また、納期等の関係により発売日以降のご指定でも一部ご希望に添えない場合も御座いますので予めご了承下さい。

ある人は"彼はマイケルジョーダンの姿をした神"だと表現し、並外れた身体能力が生み出す彼の滞空時間の長さから"Air(エア)"の異名を持つ等、世界最高峰のアメリカプロバスケットボールリーグであるNBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)史上、最も愛されているリビングレジェンド「Michael Jordan(マイケルジョーダン)」氏。

「Air Jordan(エアジョーダン)」シリーズの初代である「Air Jordan 1(エアジョーダン1)」のリリースから2020年で生誕35周年を迎え、シグネチャーモデルとしてだけでは無く「Jordan Brand(ジョーダンブランド)」として不動の地位を確立しています。

そんな益々の盛り上がりを魅せる歴代「Air Jordan」シリーズの中でも世代を問わずスニーカーヘッズからのプロップスを集める「Air Jordan 4(エアジョーダン4)」のテイクダウンモデル「Air Jordan 4 Retro SE GS(エアジョーダン4レトロシーズンエディショングレードスクール)」にシーズナルカラーがリリース。

1989年にBasketball(バスケットボール)カテゴリー内に新設されたスピードプレイヤー向けの「Flight(フライト)」シリーズに一時的に組み込まれながらシューズデザイナー「Tinker Hatfield(ティンカーハットフィールド)」氏の手により、それまでの機能面に於いて革新的であった「Air Jordan」シリーズから大胆なモデルチェンジを敢行して飛躍を遂げた「Air Jordan 4」。

「サイドパネル」や「シュータン」に採用した「ナイロンメッシュ」が「通気性」の確保と共に「軽量性」を向上させ、90年代のデザインを象徴する「シリコンラバーネット」の採用や「アイレット」と「ヒールパッチ」の随所に「TPU(熱可塑性ポリウレタン)」パーツが使用される等、尖鋭的な「デザイン性」と実用的な「機能性」の数々によって、シリアスプレイヤーからスニーカーアディクトに至るまで驚異的なセールスを記録。

1989年に公開されブルックリンを舞台に人種間の凄絶な戦いを通して人種差別を描いたDo The Right Thing(ドゥーザライトシング)など、ブラックカルチャーの旗手として注目を集めた映画監督「Spike Lee(スパイクリー)」氏をPRに起用するだけに留まらず、劇中で同氏が「Air Jordan 4」を着用し意識的に足元をクローズアップするシーンも見られる等、この事が「Air Jordan 4」の人気に更なる拍車を掛ける事となりました。

近年リリースされて来た復刻モデルの「ヒール(踵)」には「Jumpman Logo(ジャンプマンロゴ)」を採用していましたが、オリジナルスペックである「Nike Air Logo(ナイキエアロゴ)」を再現したOGモデルがリリースされ、その人気は衰える事を知りません。

通称"Neon(ネオン)"と呼ばれる今作は「Air Max(エアマックス)」シリーズの中でも圧倒的な人気を誇り、2020年に迎えた生誕30周年を経て更なる飛躍を遂げる「Air Max 95(エアマックス95)」のオリジナルカラーである「ネオンイエロー/グレーグラデーション(通称イエローグラデ)」からインスパイアされたカラーリングを採用しながら「ヒール」にはオリジナルモデル同様のスペックである「Nike Air Logo」を再現する等、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今の「Air Jordan」シリーズに慣れ親しんでいるスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルとなっています。

誕生から記念すべき35周年を迎えた今も常に歩みを止めず常に新たな進化を魅せる「Jordan Brand」。

そんなシグネチャーモデルアイコンのフィロソフィを受け継ぎ、モダンな存在意義を再提案する今作を足元から体感して見ては如何でしょうか。

x

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods