new balance CM996 "TOKYO CROSSING" "mita sneakers" MIG1
new balance CM996 "TOKYO CROSSING" "mita sneakers" MIG2
new balance CM996 "TOKYO CROSSING" "mita sneakers" MIG3
new balance CM996 "TOKYO CROSSING" "mita sneakers" MIG4
new balance CM996 "TOKYO CROSSING" "mita sneakers" MIG5
new balance CM996 "TOKYO CROSSING" "mita sneakers" MIG6
new balance CM996 "TOKYO CROSSING" "mita sneakers" MIG7
new balance CM996 "TOKYO CROSSING" "mita sneakers" MIG8
new balance CM996 "TOKYO CROSSING" "mita sneakers" MIG9

new balance CM996 "TOKYO CROSSING" "mita sneakers" MIG

cm996-mig
通常価格
¥15,800(税抜)
通常価格
(税抜)
セール価格
¥15,800(税抜)
単価
あたり 
公開状況
完売
必ずお読みください
NIKE商品は通常4営業日以内(離島は除く)にお届けいたしますが、商品の状況によりお時間を頂戴する場合もございます。

※ご予約商品に関しましては、発売日以降の配送希望日時でご対応可能となります。また、納期等の関係により発売日以降のご指定でも一部ご希望に添えない場合も御座いますので予めご了承下さい。

1906年にアメリカ/ボストンにて「アーチサポートインソール」の開発や偏平足等を治療する矯正靴の製造メーカーとして、その長い歴史をスタートさせた「new balance(ニューバランス)」。

クラフトマンシップやヘリテージと言ったブランド本来の魅力を体現する「1000」「900」「500」シリーズは「new balance」のアイコニックな三本柱として多くのユーザーから愛され続けるだけでは無く、普遍的な価値と魅力を保ちながらスポーツブランドとして培ったテクノロジーを融合する事で新たな展開を魅せています。

そんな「new balance」が2016年に110th Anniversary(110周年)の節目を迎え、クラフトマンシップを体現しながら真摯な姿勢で作り上げたMade in U.S.A.(メイドインUSA)、Made in England(メイドインイングランド)のプロダクトを通して"Made.(メイド.)"と言うキーワードと共に世界中のユーザーにブランドフィロソフィを提唱しながら、スポーティンググッズの世界で培ったテクノロジーを実用的に反映したMade in Asia(メイドインアジア)のニュープロダクトを交えてフューチャークラシックを創造して行きます。

1982年当時のスニーカーとしては高価な100$(当時1$=280円)と言う価格設定や"On a scale of 1000 this shoe is a 990.(1000点満点で990点に到達した)"のキャッチコピーで高性能をアピールする広告が大きな話題となり「M.C.D(踵部安定板)」を搭載する事で価格に見合う確かなフィッティングや完成されたデザインでタウンユースとしても絶大な人気を獲得した初代「990」。

それ以降「new balance」が長年に渡り築き上げて来た普遍的な魅力と高次元のテクノロジーを注ぎ込み具現化した「99X」シリーズは同ブランドの歴史を語る上で外す事の出来無い財産と言えます。

そんな「99X」シリーズから1988年にリリースされ、国内産業の空洞化が問題視される中でアメリカ国内生産を貫き通した事でも注目を集め、シリーズの評価を不動の地位へと押し上げた傑作「996」。

「衝撃吸収性」に優れる「Encap(エンキャップ)構造」と「持続性」に長けた「C-Cap(シーキャップ)」を組み合わせる事により卓越した「クッション性」を発揮しつつ「アウトソール」には高い「グリップ性」を確保する「ブローンラバー」を用いる事で様々な条件に於いても安定感を維持。

昨今では"Revolution(革命)"から命名され、高水準の「軽量性」と「クッション性」を兼備しながら、確かな「耐久性」を誇る最新フォーム「Revlite(レブライト)」を「ミッドソール」に搭載した「MRL996」がリリースされ、2015年には「Whiz Limited(ウィズリミテッド)」と「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のコラボレートモデルがリリースされる等、更なる進化を遂げています。

そんなスタンダードモデルとして不動の人気を誇る「996」の1988年リリース当時の「ヘリテージ性」と実用的な「コンフォート性」を兼ね備えた「CM996」の誕生を記念して日本を代表する六つのブランド/ショップとの「996 Collaboration Project(996コラボレーションプロジェクト)」が始動し、数多くのブランドとのコラボレートモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「Shigeyuki Kunii(国井 栄之)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers」とのコラボレートモデルがゲリラリリース決定。

1988年当時にリリースされていた「アッパー」のオリジナルディテールを細やかに再現しつつシルエットに拘った「CM996」は「ミッドソール」にコンパウンド(硬度)の異なる二層構造の「EVA(エチレンビニルアセテート)」を用いて「軽量性」と「クッション性」を向上させながら「安定性」を高める「アウトソール」パターンで完成度に磨きを掛け普遍的要素を忠実に再現しながら時代のニーズに答える再設計を施して現代に再生。

そんな新定番をフィーチャーした今作のコラボレートモデルは「new balance」と「mita sneakers」其々のフィールドであるスポーツユースとタウンユースの交差をローカルなデザインソースとアグレッシブなデザインで具現化。

今でこそ「new balance」を象徴するヘリテージカラーと認知されている「グレー」は市民ランナーが走るフィールドが土から芝、そしてアスファルトの上でランニングをする事が増える未来を見据え、その路面に馴染む様に配色された事が起源とされています。

そんな「99X」シリーズの名品「996」のヒストリックなオリジナルカラーウェイをベースにしながら、様々な人が行き交う"Scramble Crossing(スクランブル交差点)"から着想を得た"横断歩道の白線"を「シーム(継ぎ目)」を跨いで「特殊プリント」で大胆に配し、Medial(内側)の「Nマーク」にはアイコニックな「ウグイス(黄緑色)」を東京カラーとして配置。

「アッパー」には「Wolverine(ウルヴァリン)」社製の上質な「ピッグスキンスウェード」と「通気性」を確保する「ナイロンメッシュ」そして、夜間の「視認性」に配慮した機能素材「リフレクター(反射材)」を巧みに組み合わせ、オーセンティックなマテリアル使いで構築。

更に"アスファルト"をイメージした「インソール」には「new balance」と「mita sneakers」の「ロゴマーク」に加えて「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK FENCE(金網)」や"TOKYO CUSTOM MADE"を意味する「東京改」を組み合わせ作成された「グラフィック」が鎮座し、オフィシャルコラボレートモデルである事を証明しています。

1988年のリリース時には市民ランナーに愛され、30年後の現在は様々なスタイルのスタンダードとして輝きを放つ「996」。

そんなブランドフィロソフィを継承する究極のスタンダードモデルをベースに「mita sneakers」ならではのアイデアとディテールでブラッシュアップされた逸足から、コラボレート本来の意味や意義を感じ取って見て下さい。

x

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods