ASICS SportStyle GEL-LYTE V "TRICO" "mita sneakers" BLU/NVY/RED/WHT
ASICS SportStyle GEL-LYTE V "TRICO" "mita sneakers" BLU/NVY/RED/WHT
ASICS SportStyle GEL-LYTE V "TRICO" "mita sneakers" BLU/NVY/RED/WHT
ASICS SportStyle GEL-LYTE V "TRICO" "mita sneakers" BLU/NVY/RED/WHT
ASICS SportStyle GEL-LYTE V "TRICO" "mita sneakers" BLU/NVY/RED/WHT
ASICS SportStyle GEL-LYTE V "TRICO" "mita sneakers" BLU/NVY/RED/WHT

ASICS SportStyle GEL-LYTE V "TRICO" "mita sneakers" BLU/NVY/RED/WHT

tq6j4j-5042
通常価格
¥16,000
通常価格
セール価格
¥16,000
単価
あたり 
公開状況
完売
必ずお読みください
NIKE商品は通常4営業日以内(離島は除く)にお届けいたしますが、商品の状況によりお時間を頂戴する場合もございます。

※ご予約商品に関しましては、発売日以降の配送希望日時でご対応可能となります。また、納期等の関係により発売日以降のご指定でも一部ご希望に添えない場合も御座いますので予めご了承下さい。

創業者である「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て「日本」が世界に誇るナショナルスポーツブランドとなった「asics(アシックス)」。

ブランド名の由来は、紀元2世紀の初め「ローマ」の風刺作家である「DECIMUS JUNIUS JUVENALIS(デキムスユニウスユウェナリス)」が残した"健全な精神は健全な肉体に宿る"を意味するラテン語の格言"Mens Sana In Corpore Sano"とし、原典では"精神"は"Mens"で表現されていますが"躍動する精神"と言う、より動的な意味を持つ"Anima"に置き換え"Anima Sana in Corpore Sano"として、この言葉の頭文字を取ったネーミングを社名に採用。

2008年には「鬼塚 喜八郎」氏が世界の一流オリンピック選手に商品を履いて貰う為、プロモーション活動をしていた当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"からインスパイアされ、スポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版「asics KIRIMOMI PROJECT(アシックスキリモミプロジェクト)」がスタートし「オランダ」の「PATTA(パタ)」を皮切りに「日本」からは「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」そして「アメリカ」では「ALIFE(エーライフ)」や「David Z(デヴィットジー)」更に「ドイツ」の「solebox(ソールボックス)」と「KOI CLUB(コイクラブ)」や「フランス」でも「Colette(コレット)」がエントリーし、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながら新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを共に発信。

その後も海外では各国のキーアカウントから「SMU(スペシャルメイクアップ)」としてリリースは続き、大きなムーブメントを生み出しています。

2014年FALL/WINTERシーズンより「asics」が誇るアーカイブの1つである「GEL-LYTE(ゲルライト)」シリーズが、遂に「日本」でも待望のリスタート。

そんな大きな流れの中、これまでの「asics」ヒストリーに基づくテクノロジーをユニークなスポーツライフスタイルとして体現する新たなブランドとして2015年SPLING/SUMMERシーズンから「ASICS Tiger(アシックスタイガー)」の名を冠し、ヘリテージモデルの復刻や過去のプロダクトの再定義によってコンテンポラリーに表現される数々のアイテムを従えてリローンチ開始。

更に同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る「GEL-LYTE III(ゲルライト3)」が、2015年に"25th ANNIVERSARY(25周年)"を迎えるにあたり「ASICS Tiger」が独自の視点で厳選した世界中のキーアカウントで構成される世界プロジェクトが「mita sneakers」のコラボレーションモデル「GEL-LYTE III "TRICO"(ゲルライト3トリコ)」を皮切りにスタートし話題を集める等、ストリートシーンでも脚光を浴び、2016年は更なる飛躍が期待されています。

そんな同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る1993年に発表された「GEL-LYTE V(ゲルライト5)」をベースに採用し、数多くのナショナルブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」によるオフィシャルコラボレーションモデル「GEL-LYTE V "TRICO"(ゲルライト5トリコ)」が待望のローンチを迎えます。

「GEL-LYTE V」は「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れている為、長期に亘り「安定性」を維持出来る「GEL(ゲル)」ユニットを搭載した「成型ミッドソール」を採用する事で「クッショニング性」を飛躍的に向上。

また、足の甲に掛かる無駄な負荷を軽減させる事を目的とした当時の最新機能「THE SPLIT TONGUE(スプリットタン)」を更にアップデートし「シュータン」を一体成形に進化させ「伸縮性」に優れた「エラスティック」を採用した「インナーブーティー構造」を使用する事で異物の混入を防ぎながら、抜群の「フィッティング性」を提供し、当時の考えられる最高のテクノロジーを組み合わせてシリアスランナーからも高い評価を獲得した名作。

また近年では「ASICS tiger」が独自の視点で厳選した世界中のキーアカウントからコラボレーションモデルがリリースされ、2014年には「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「GEL-LYTE V "Dried Rose"(ゲルライト5ドライローズ)」2015年には「WHIZ LIMITED(ウィズリミテッド)」と「mita sneakers」による「GEL-LYTE V "RECOGNIZE"(ゲルライト5レコナイズ)」がゲリラリリースされ話題を集めたのも記憶に新しい所です。

今作「GEL-LYTE V "TRICO"」は「mita sneakers」とのオフィシャルコラボレーションモデルとして、2015年1月23日に発表された"GEL-LYTE III 25th ANNIVERSARY"のマンスリーコラボレーション第1弾「GEL-LYTE III "TRICO"(ゲルライト3トリコ)」のカラーリングやコンセプトを踏襲しながらリヴィルドを施し、発表から1年が経過した2016年1月23日にリリース。

ベースには「ASICS tiger」のコーポレートカラーである「ブルー」をベースに使用。

更に「asics(アシックス)」の前身である「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)」に於ける普遍的なスタンダードモデルとして、多くのユーザーから愛され続けるマスターピース「MEXICO 66(メキシコ66)」のアイコニックなカラーリングとして認知されている"TRICOLORE(トリコロール)"をマッシュアップしながら、現代的なカラーパレットにて再構築。

愛称として付けられた"TRICO(トリコ)"は日本語の"虜(とりこ)"とのダブルミーニングとなっており、アシンメトリーに仕上げられた特徴的なカラーリングを配し「アウトサイド」でファッション的な側面を「インサイド」でスポーツ的な側面を表現する等、これまでに生み出されて来た「asics」と「mita sneakers」のコラボレーションモデルのアイデンティティを絶妙なバランスで落とし込みながら「日本」のライフスタイルを考慮し、脱ぎ履きを容易にする「ヒールタブ」を設置する等、実生活には必要の無いオーバースペックな「機能性」では無く、様々なライフスタイルにフィットする徹底的に追求された「実用性」を組み込む事で、タウンユースに於いてもそのポテンシャルを実感する事が出来ます。

そして「インソール(中敷き)」には「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK FENCE(金網)」と"TOKYO CUSTOM MADE"を意味する「東京改」の「ロゴ」が「プリント」にて施され、オフィシャルコラボレーションならではの仕様が随所に散りばめています。

タウンユースモデルとしてのシルエットやカラーリングを考慮する等、コンテンポラリーなアップデートを施し「ASICS Tiger」の新たなスタンダードモデルとして注目を集める名機に「mita sneakers」のアイデンティティを付加させた今作からコラボレーション本来の意味や意義を足元から感じ取って見て下さい。

x

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods