new balance MRT580 "The Battle of Surfaces" "mita sneakers" MI
new balance MRT580 "The Battle of Surfaces" "mita sneakers" MI
new balance MRT580 "The Battle of Surfaces" "mita sneakers" MI
new balance MRT580 "The Battle of Surfaces" "mita sneakers" MI
new balance MRT580 "The Battle of Surfaces" "mita sneakers" MI
new balance MRT580 "The Battle of Surfaces" "mita sneakers" MI

new balance MRT580 "The Battle of Surfaces" "mita sneakers" MI

mrt580-mi
通常価格
¥14,080 (税込)
通常価格
セール価格
¥14,080 (税込)
単価
あたり 
公開状況
完売
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
必ずお読みください
NIKE商品は通常4営業日以内(離島は除く)にお届けいたしますが、商品の状況によりお時間を頂戴する場合もございます。

※ご予約商品に関しましては、発売日以降の配送希望日時でご対応可能となります。また、納期等の関係により発売日以降のご指定でも一部ご希望に添えない場合も御座いますので予めご了承下さい。

1999年より構想がスタートし2000年にリリースされ、発売当時では画期的であったショップ主導コラボレーションモデルの先駆けとなった「MT580 "HECTIC x mita sneakers"(MT580"ヘクティクxミタスニーカーズ")」。

そのベースモデルとして採用されている「580」は、「アメリカ」で発売されていた「585 "made in U.S.A."(585メイドインUSA)」の"日本改良品番"として誕生しました。

「576」同様にオフロード用トレイルランニングモデルである「580」は、着地面積の広いフラットな「ソール形状」が特徴的で卓越した「安定性」を齎す軽量で堅固なグラファイト素材「ROLLBAR(ライトウェイトグラファイトロールバー)」を採用する事により、足の沈み込みを防ぎ快適な履き心地を提供。

その他にも優れた「クッション性」と「軽量性」を満たす「C-CAP(シーキャップ)」や「安定性」に優れた素材の中に衝撃吸収材を封入した「ENCAP(エンキャップ)」構造を組み合わせる事で、タウンユースでも実用的な「機能性」を搭載しています。

リリースされた当初の「日本」のスニーカーシーンにおいては、ヴィンテージスニーカーを中心に「576」や「996」「1300」等のクラシックモデルに注目が集まっていた事も有り、そのポテンシャルの高さや魅力を不特定多数のコンシューマーに示す事が出来ず、日の目を見る事が出来なかった悲運の名作。

しかし、90年代後半に入ると「東京」や「ニューヨーク」のストリートシーンでは都会的にアップデートされた"アウトドアスタイル"が徐々に広がり始め、秘かなムーブメントの足元を牽引するモデルとして徐々に活躍の場を拡げ、それまでの「new balance(ニューバランス)」には見られなかったボリュームのある特徴的なフォルムと抜群の「機能性」で、一部のファンから絶大な人気を博しました。

そして「日本」からスタートしたコラボレーションプロダクトのリリースにより「日本」を飛び越え「アジア」は勿論、世界のスニーカーヘッズから絶大なる支持を得るまでに成長を果たし「new balance」を代表するモデルのひとつに昇華。

また、2010年には"10周年"を迎え「MT580 10th ANNIVERSARY(MT580 10thアニバーサリー)」と題したアニバーサリー企画を世界規模で年間に渡って展開。

更に現在では、世界各国のキーアカウントショップからコラボレーションモデルが続々とリリースされ、大きな話題を呼んでいます。

そして、2013年には名作にコンテンポラリーなリノベートを施したNewモデル「MRT580」がリリース。

近年、その洗練されたデザインからタウンユースとしての注目度が増す同ブランドのプロダクトですが、今回は"原点回帰"をテーマに掲げパフォーマンスランニングシューズとして本来求められる「機能性」を追求し、アップデートが施されています。

従来使用されていた「ROLLBAR」から変更し"REVOLUTION(革命)"から命名された最新テクノロジー「REVLITE(レブライト)」を搭載した「ミッドソール」は、その名の通り革命的な「軽量性」を具現化しながら、高水準の「耐久性」や「クッショニング性」を誇ります。

更に昨今の様々なライフスタイルに対応すべく「ミッドソール」だけでは無く「アッパー」の形状まで見直しながら「580」の特徴である重厚感のあるシルエットを踏襲したデザインで実用的な「機能性」をカモフラージュしながら現在の最先端技術だからこそ成し得た、バランスの取れた最高のチューニングを実現しています。

また、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」を軸に、2013年にはデザイナー「下野 宏明(シタノヒロアキ)」氏が率いる「WHIZ LIMITED(ウィズリミテッド)」とのコラボレーションモデル「MRT580 "WHIZ LIMITED x mita sneakers"(MRT580ウィズリミテッドxミタスニーカーズ)」そして2014年には「シンガポール」発のスニーカーカスタマイズ集団「SBTG(サボタージュ)」とのコラボレーションモデル「MRT580 "SBTG x mita sneakers"(MRT580サボタージュxミタスニーカーズ)」がリリースされ瞬く間に市場から姿を消したのも記憶に新しい所。

そんな新定番「MRT580」に「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「MRT580 "The Battle of Surfaces"(MRT580バトルオブサーフェイス)」がゲリラリリース決定。

パフォーマンスモデルからタウンユースモデルまで再びフォーカスされている「TENNIS(テニス)」カテゴリー。

そんな注目のキーワードからインスパイアされた今作は「アッパー」に"TENNIS BALL(テニスボール)"から着想を得たマテリアルとカラーリングを採用。

今作の「インソール(中敷き)」には「コンフォート性」「通気性」「防臭性」の全てに優れる「ORTHOLITE(オーソライト)」社製の「フットベッド」を採用しながら「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」が「プリント」にて施されています。

デフォルトの「インソール(中敷き)」の表面は「合成樹脂」などでコーティングされ作られる"HARD COURT(ハードコート)"から着想を得た足当たりを表現し、裏面は"芝"を敷き詰めた"GRASS OURT(グラスコート)"を凹凸の「レーザーカット加工」にて具現化して2WAY仕様に。

更にオプションとして付属する「インソール」には"土質材料"を固めた地面に砂を撒いた"CLAY COURT(クレーコート)"の要素を落とし込み、其々の"コート"の材質によってボールの弾みやグリップなどの性質に差が生じる事でプレースタイルの変化を余儀なくされる"TENNIS"と言う競技の特性を異なる「インソール」で体現。

また「エクストラシューレース」として「ロープシューレース」が付属し「シューレース」を変更する事で、コンテンポラリーなスタイルに変化させ様々なスタイリングにフィットする仕上がりになっています。

「東京」のストリートシーンで誕生し「日本」のスニーカーシーンを語る上で決して欠かす事の出来ないターニングポイントとなった歴史的名作「580」が、変化ではなく進化を続ける事を選択し誕生した新たなスタンダードモデル「MRT580」に、世界屈指のスニーカータウン「上野」から世界へ発信するスニーカーショップ「mita sneakers」のフィロソフィを融合した「MRT580 "The Battle of Surfaces"」。

「new balance」の歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映させた今作「MRT580」からコラボレーション本来の意味や意義、そして「new balance」のイノベーティブな姿勢を足元から感じ取って見て下さい。

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods