Reebok INSTAPUMP FURY TRAIL BLACK/CLASSIC WHITE/VIVID ORANGE 1
Reebok INSTAPUMP FURY TRAIL BLACK/CLASSIC WHITE/VIVID ORANGE 2
Reebok INSTAPUMP FURY TRAIL BLACK/CLASSIC WHITE/VIVID ORANGE 3
Reebok INSTAPUMP FURY TRAIL BLACK/CLASSIC WHITE/VIVID ORANGE 4
Reebok INSTAPUMP FURY TRAIL BLACK/CLASSIC WHITE/VIVID ORANGE 5
Reebok INSTAPUMP FURY TRAIL BLACK/CLASSIC WHITE/VIVID ORANGE 6

Reebok INSTAPUMP FURY TRAIL BLACK/CLASSIC WHITE/VIVID ORANGE

fw6017
通常価格
¥12,000(税抜)
通常価格
¥19,000(税抜)
セール価格
¥12,000(税抜)
単価
あたり 
公開状況
完売
必ずお読みください
NIKE商品は通常4営業日以内(離島は除く)にお届けいたしますが、商品の状況によりお時間を頂戴する場合もございます。

※ご予約商品に関しましては、発売日以降の配送希望日時でご対応可能となります。また、納期等の関係により発売日以降のご指定でも一部ご希望に添えない場合も御座いますので予めご了承下さい。

1989年にリリースされた「The Pump(ザポンプ)」は、足を空気で包み込む「Air Chamber System(エアチェンバーシステム)」によって個人の足形に合わせたセルフカスタマイズを可能とした「The Pump Technology(ポンプテクノロジー)」を初搭載したモデルとして話題を集め、ドイツ/ミュンヘンで開催されたISPO(インターナショナルソサエティーフォープロスセティックスアンドオーソティックス)にて初披露となり、その優れた「機能性」がシューズ業界のみならず、Time(タイム)やUSA Today(ユーエスエートゥデイ)等、様々なメディアで紹介され大きな反響を呼びました。

その後も他カテゴリーに拡大しながら進化を続け、1994年にリリースされた「Instapump Fury(インスタポンプフューリー)」の躍進により「Reebok(リーボック)」の代名詞へと成長。

1994年の「Instapump Fury(前期型)」発売以降、約1年間の沈黙を破り1995年にアップデートを施して再リリースされた「Instapump Fury(後期型)」は様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了。

また2008年以降も「Instapump Fury」をベースに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレーションモデルを始め、様々なブランドとの別注モデルや有力ショップを中心とした限定ラインがリリース。

2014年には20周年を迎え、オリジナルカラーである通称"Citron(シトロン)"が1994年の「Instapump Fury(前期型)」を可能な限り忠実に再現し「Instapump Fury OG(インスタポンプフューリーオリジナル)」として完全復刻され、2019年に迎えた25周年では幻とされていた「Instapump Fury Proto 94(インスタポンプフューリープロト94)」や「adidas(アディダス)」の「Boost Foam(ブーストフォーム)」をハイブリッドさせた「Instapump Fury Boost(インスタポンプフューリーブースト)」がリリースされ話題となりました。

そんな四半世紀の節目を迎えた「Instapump Fury」をベースに、悪路を走る"Trail Running(トレイルランニング)"から着想を得たディテールを融合した「Instapump Fury Trail(インスタポンプフューリートレイル)」がリリース。

1980年代後半に革新的な商品を開発する為に「Reebok」で立ち上げられた「ATG(アドバンスドテクノロジーグループ)」は1991年に中核を担う事になるフットウェアデザイナー「Steven Smith(スティーブンスミス)」氏を招聘し、名称を「RAC(リーボックアドバンスドコンセプツ)」と改めて"世の中に存在しないデザインを生み出す"と言う野心的なコンセプトを掲げながら数々のエポックメイキングを輩出。

当時のスニーカーシーンに衝撃を与えた「Instapump Fury」のファーストカラー"Citron"は"スピード感"から着想を得て炎に包まれている姿を表現し、当初「Reebok」内でカラーリングが奇抜過ぎると言う理由から販売が見送られる予定でしたが「Steven Smith」氏が当時のCEO(最高経営責任者)に直談判した事で販売に至ったと言う逸話が残されています。

その後も「Bjork(ビョーク)」氏が自身の楽曲であるArmy Of Me(アーミーオブミー)のプロモーションビデオで着用し、カルチャー誌のCut(カット)で表紙を飾った際にも同モデルを中心に計算されたコーディネートを魅せ、 2001年には「CHANEL(シャネル)」のランウェイで使用される等、90年代を象徴するアイコンモデルとして世界中のスニーカーヘッズやファッションフリークから絶大な支持を受けています。

今作はカラーリングにシンプルな「ブラック」を基調に「グレー」と「オレンジ」を細部に配し、マテリアルには「バリスティックナイロン」「スムースレザー」「リフレクター(回帰反射板)」を採用。

更に「プルストラップ」には「リフレクター」の「ステッチ」を使用し「ソールユニット」には悪路での「グリップ性」を高める「アウトソールパターン」を採用する等、実用的なアップデートを付加しています。

「The Pump Technology」等、各時代に新たなテクノロジーを市場に投下して来た「Reebok」のアイデンティティを継承する傑作「Instapump Fury」。

四半世紀に渡るヒストリーを体現しながらアイデンティティを体現しながら、新たな付加価値を放つ今作を足元から体感して見て下さい。

x

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods