Panther PANTHER DERA "made in JAPAN" WHT/RED 1
Panther PANTHER DERA "made in JAPAN" WHT/RED 2
Panther PANTHER DERA "made in JAPAN" WHT/RED 3
Panther PANTHER DERA "made in JAPAN" WHT/RED 4
Panther PANTHER DERA "made in JAPAN" WHT/RED 5
Panther PANTHER DERA "made in JAPAN" WHT/RED 6
Panther PANTHER DERA "made in JAPAN" WHT/RED 7
Panther PANTHER DERA "made in JAPAN" WHT/RED 8

Panther PANTHER DERA "made in JAPAN" WHT/RED

ptj-0018
通常価格
¥13,000(税抜)
通常価格
(税抜)
セール価格
¥13,000(税抜)
単価
あたり 
公開状況
完売
必ずお読みください
NIKE商品は通常4営業日以内(離島は除く)にお届けいたしますが、商品の状況によりお時間を頂戴する場合もございます。

※ご予約商品に関しましては、発売日以降の配送希望日時でご対応可能となります。また、納期等の関係により発売日以降のご指定でも一部ご希望に添えない場合も御座いますので予めご了承下さい。

現在から50年以上前の1964年に開催された東京オリンピックと時を同じくして誕生したスポーツシューズ「Panther(パンサー)」。

世界規模の一大スポーツイベントの開催によってスポーツ競技人口が増加する事に逸早く着目し、トレーニングシューズの開発に着手。

試行錯誤を経ながら様々なアイデアを盛り込みつつ開発を進め、日本古来の履物である足袋の「機能性」をベースに"軽くて蒸れない"をコンセプトに誕生した「Panther S(パンサーエス)」等のプロダクト群を開発。

ブランド名の通り"Panther(黒豹)"をイメージした俊敏さに溢れる「デザイン性」と軽快なフォルムで、70年代にはトレーニングシューズの代名詞として多くのトップアスリートから愛用され一世を風靡。

その後も「機能性」や「耐久性」等の「実用性」の高さが評価され、70年代には全国の学校指定靴として採用された事で多くのメディアに取り上げられる等、類稀なシェアを誇りました。

そんな「Panther」が長い沈黙を破り、様々なスポーツシューズ開発で培ったブランドアイデンティティを継承しつつ、進化を遂げながらMade in Japan(メイドインジャパン)の繊細な工程の数々によって再生した珠玉のプロダクトが2016年に満を持して復活を果たし、往年のファンからファッションコンシャスな次世代まで様々な反響を獲得しました。

そんな「Panther」の長い歴史の中で名作としてユーザーの印象に色濃く焼き付いている「Panther Dera(パンサーデラ)」から、2020年秋にオープンを予定している「Panther Official Shop(パンサーオフィシャルショップ)」のオープンに先駆けて「Panther Official Online Shop(パンサーオフィシャルオンラインショップ)」と「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のみで展開される限定カラーがゲリラリリース。

「Panther Dera」は1977年にトレーニングシューズとしてリリースされ「サイドパネル」に採用された「補強パーツ」は「機能性」は勿論の事「デザイン性」に於いても「Panther」のアイコンとして抜群の存在感を放っています。

更に「ドッグイヤー」と呼ばれる「ヒールタブ」を設置する事で、スムーズな足入れをサポートしながら「アキレス腱」を保護。

そして「軽量性」や「耐摩耗性」に優れた「スポンジソール」を採用する事によって、トレーニングシューズとして抜群の機能を齎した名作です。

リイシューされた今作はオリジナルモデルの普遍的なディテールを可能な限り再現しながら「アッパー」マテリアルにクラシックな雰囲気を放つ「ナイロン」とクリーンな印象の「PU(ポリウレタン)レザー」や厳選された「スウェード」を使用。

更に「衝撃吸収性」や「耐久性」に特化した「オープンセルポリウレタン」を使用する事で常に履き心地の良いドライ感を保ちながら、無数のミクロの空気穴から湿気を逃がし「通気性」や「防臭性」に優れる「OrthoLite(オーソライト)」社製の「インソール」を搭載する事で、クラシックな佇まいを維持しながらライフスタイルスニーカーとして堅実なアップデートを加えています。

"日本"から着想を得た今作はカラーリングに凛とした「ホワイト」を貴重に「レッド」と「ブルー」を細部に配し、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルになっています。

また福島にある生産拠点でMade in Japanとして製造され、裁断や縫製そして成型までの60行程にも及ぶ作業を経て、ヘリテージモデルに対する日本特有の拘りを日本が誇る職人技術の繊細さで新たな価値を具現化しています。

名作の「普遍性」を継承し、コンテンポラリーなアイデアを注入しながら再構築を施した事で新たに生まれ変わった「Panther Dera」。

その歴史を継承しブランドフィロソフィを反映した名機に新定番としての懐古主義では無く、温故知新としてのアプローチを示した今作を足元から体感して見て下さい。

x

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods