CONVERSE ONE STAR J "made in JAPAN" RED/WHT 1
CONVERSE ONE STAR J "made in JAPAN" RED/WHT 2
CONVERSE ONE STAR J "made in JAPAN" RED/WHT 3
CONVERSE ONE STAR J "made in JAPAN" RED/WHT 4
CONVERSE ONE STAR J "made in JAPAN" RED/WHT 5
CONVERSE ONE STAR J "made in JAPAN" RED/WHT 6

CONVERSE ONE STAR J "made in JAPAN" RED/WHT

35200140
通常価格
¥22,000(税抜)
通常価格
(税抜)
セール価格
¥22,000(税抜)
単価
あたり 
公開状況
完売
必ずお読みください
NIKE商品は通常4営業日以内(離島は除く)にお届けいたしますが、商品の状況によりお時間を頂戴する場合もございます。

※ご予約商品に関しましては、発売日以降の配送希望日時でご対応可能となります。また、納期等の関係により発売日以降のご指定でも一部ご希望に添えない場合も御座いますので予めご了承下さい。

1908年に創立者「Markus M Converse(マーキスMコンバース)」氏が、生活拠点としていたアメリカ/マサチューセッツ州モールデンの特徴的な「地域性」に着目し、降雪量の多い深い森や湿地帯が続く劣悪な環境下でも作業を行う事が出来るラバーシューズを製造した事から歴史をスタートさせた「Converse(コンバース)」。

創立110周年を超えた現在もストリートシーンやサブカルチャーを牽引するインフルエンサーからリアルユーザーに至るまでカテゴライズされた枠の中に収まる事無く、多種多様な足元のマスターピースをクリエイトし続けています。

現在でも「All Star(オールスター)」や「One Star(ワンスター)」と言った名作がアップデートを繰り返しながら継続され、2012年には「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」が提案する「All Star TYO Custom Made HI(オールスタートウキョウカスタムメイドハイ)」や、2014年には「mita sneakers」のクリエイティブディレクター「Shigeyuki Kunii(国井 栄之)」がスタートアップに参画した「TimeLine(タイムライン)」が始動する等、様々な進化を遂げながらそのフィロソフィは現在も継承されています。

1968年にリリースされ、当時のプロバスケットボールプレイヤーの8割以上が着用した永久定番「All Star」に続き、NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)の発展と共に当時の最上位競技用バスケットシューズとして誕生した「One Star」。

70年代中盤以降には多くのブランドが「アッパー」と「ソールユニット」を「接着剤」で結合する「セメント製法」を模索する中で「耐久性」に優れた「バルカナイズドソール(加硫テープ巻き)」に拘り続けると共に「アッパー」に使用された「スウェード」や「スムースレザー」により、激しい動きにも対応する「耐久性」は多くのプロバスケットボールプレイヤーからの支持を集めました。

しかし使用されていた上質な「スウェード」や「スムースレザー」の調達が困難となり、目指すその質の高さ故の製造上の問題と品質維持を理由に1974年から1975年の計2年のみの短期間で生産が終了し、幻の名作として語り継がれる事に。

そしてオリジナルモデルのリリースから10年が経過した1984年に明治6年に足袋の生産からスタートし、現在では140年以上の歴史を持つ履物工場であるムーンスター久留米工場で制作されたMade in Japan(メイドインジャパン)にて完全復活。

品質及びデザインは当時の高品質を保ちつつ、煌びやかな艶を放つ「ガラスコーティング加工」が施された姫路の皮革メーカーのマテリアルを生産開始当時から変わらずに採用する事でこの至極の逸足を具現化。

21世紀に入った現在も生産の背景とクオリティ維持の為に年間の生産数は限られているものの、毎シーズン様々なバリエーションをリリースする事で多くのファンを獲得し、現在ではタウンユースとして高い評価を受ける同ブランドの要として君臨しています。

そんな歴史的名作のMade in Japanモデルである「One Star J(ワンスタージャパン)」からシーズナルカラーがリリース。

今作は「ガラスコーティング加工」が施されたインパクトある「レッド」の「レザー」を採用しながら「ホワイト」をポイントとして配する事でヘリテージモデルに対するMade in Japanならではの拘りを凝縮。

また「アウトソール」には「耐磨耗性」を強化したリニューアルスペックとなっており「屈曲性」や「グリップ性」を高める事で履き心地を向上させつつ「スリット(切れ込み)」のエッジを際立たせる等、タウンユースには必要の無いオーバースペックでは無く、実用的な「機能性」を実感する事が出来ます。

更に「インソール」には日本製である事の証明にMade in Japanの刻印が鎮座。

現在に至るまで多くのカラーリングやマテリアル仕様を世に送り出し、シンプルなデザインながらもその圧倒的な存在感で世界中のファンを魅了し続けている不朽の名作「One Star」。

その歴史を継承しながら日本の職人技術がクロスオーバーしたアップデートモデルをこの機会に堪能して見ては如何でしょうか。

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods