特集ページ
HOME アシックスタイガー ASICS Tiger

SALE!

アシックスタイガー ASICS Tiger GT-II "LIMITED EDITION for L1" WHT/BGE

創業者である「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て「日本」が世界に誇るナショナルスポーツブランドとなった「asics(アシックス)」。

2008年には「鬼塚 喜八郎」氏が世界の一流オリンピック選手に商品を履いて貰う為、プロモーション活動をしていた当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"からインスパイアされ、スポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版「asics KIRIMOMI PROJECT(アシックスキリモミプロジェクト)」がスタートし「オランダ」の「Patta(パッタ)」を皮切りに「日本」からは「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」そして「アメリカ」では「ALIFE(エーライフ)」や「David Z(デヴィットジー)」更に「ドイツ」の「solebox(ソールボックス)」と「KOI CLUB(コイクラブ)」や「フランス」からも「colette(コレット)」がエントリーし、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながら新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを共に発信。

その後も海外では各国のキーアカウントから「SMU(スペシャルメイクアップ)」としてリリースは続き、大きなムーブメントを生み出しました。

2014年FALL/WINTERシーズンより「asics」が誇るアーカイブの1つである「GEL-LYTE(ゲルライト)」シリーズが、遂に「日本」でも待望のリスタートを切り、翌年の2015年SPLING/SUMMERシーズンから「ASICS Tiger(アシックスタイガー)」の名を冠し、ヘリテージモデルの復刻から最新テクノロジーを融合したエボリュ―ションモデルまで、幅広いラインナップを従えてブランドリローンチを開始。

更に同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る「GEL-LYTE III(ゲルライト3)」が、2015年に"25th ANNIVERSARY(25周年)"を迎え「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「GEL-LYTE III "TRICO"(ゲルライト3トリコ)」を皮切りに世界連動の「Monthly Collaboration Project(マンスリーコラボレーションプロジェクト)」がスタートし、世界を席巻しました。

1982年に欧米市場に向けた「RUNNING(ランニング)」カテゴリーの最上位機種として"ランナーが自分の能力を最大限に発揮して走れる事"を提唱し、登場した「X-CALIBER GT(エクスカリバーグランツーリスモ)」のアップグレードモデルとして、1986年にリリースされた「GT-II(ジーティー2)」。

当時、シリアスランナーから圧倒的な支持を得ていた「X-CALIBER GT」ですが、その後継機種として期待されリリースされた多くのモデルは、大胆なモデルチェンジが敬遠され市場で受け入れられませんでした。

そんな中、誕生した「GT-II」は「X-CALIBER GT」のデザインを継承しつつ「機能性」をアップデートしシェアを拡大。

「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れている為、長期に渡り「安定性」を維持出来る「GEL(ゲル)」ユニットを搭載した「成型ミッドソール」を採用し、ライトユーザーにも対応するパフォーマンスモデルとして人気を博しました。

2016年には"30th ANNIVERSARY(30周年)"を迎えた、現在進行形クッショニングテクノロジー「GEL(ゲル)」のアニバーサリーイヤーを祝うべく、時を同じく1986年に「GEL」を初搭載したエポックメイキング「GT-II」にフィーチャーし「mita sneakers」とのアニバーサリーコラボレートモデル「GT-II "Squirrel"(ジーティー2スクイレル)」がリリースされ注目を集めたのも記憶に新しい所。

今作のシーズナルカラーは「アッパー」マテリアルに上質な「レザー」を用いながら、シンプルなワントーンカラーを採用する事でコンテンポラリーな価値観を付加しています。

その歴史の重みを継承し、ブランドフィロソフィを反映した名機に新定番としての懐古主義では無く、温故知新としてのアプローチを示した今作を足元から体感して見て下さい。

GT-II

通常価格¥ 12000(税抜)

販売価格¥ 8,400(税抜)

品番TQ7L2L-0101

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands