特集ページ
HOME オニツカタイガー ONITSUKA TIGER

オニツカタイガー ONITSUKA TIGER MEXICO'66 WHT/ BLU/ RD

日本が世界に誇るスポーツブランドとなった「Asics(アシックス)」の前身である「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」の歴史は、1949年に創業者である「Kihachiro Onitsuka(鬼塚 喜八郎)」氏が「オニツカ株式会社」を立ち上げた事からスタートしました。

1950年に第一号モデルとしてバスケットボールシューズを製作した事でその長い歴史の幕を開け、1973年に完成したエポックメイキングとして語り継がれるバスケットボールシューズ「Fabre(ファブレ)」や1970年代に発表されたトレーニングシューズ「Tiger Corsair(タイガーコルセア)」等、数々の逸品を市場に送り出して来ました。

近年では世界中の一流アスリートにも愛された60年代から80年代の名品をリバイバルしたプロダクトをタウンユースとしてリリースし、ヨーロッパを皮切りにレトロクラシックスニーカーの一大ムーブメントを牽引。

更にブランド黎明期にトップアスリートに自社製品をアピールする為に様々なスポーツ大会に同氏自らが先頭に立って地道なプロモーション活動を行いながら競技者のニーズを収集する事で製品開発に反映した当時のコードネームである"錐揉み(キリモミ)"から着想を得て、2008年にはスポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版の「Onitsuka Tiger Kirimomi Project(オニツカタイガーキリモミプロジェクト)」や、日本のモノ作りの良さを伝えたいと言う"本物の日本"をコンセプトに掲げた「Nippon Made(ニッポンメイド)」コレクションを展開。

更には「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレートモデルをリリースする等、過去の名作のフィロソフィを継承しながらも新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを日本から世界に向けて発信し続け、アイコニックな定番モデルに留まらずモダンな再構築を施したニューモデルを生み出してその勢いを加速させています。

1962年に開発されたトレーニングシューズの特徴を活かしながら、1968年に開催されたメキシコオリンピックの入場行進の際に日本選手団が着用するデレゲーションシューズとして採用され、補強効果を計算してデザインされた「Onitsuka Tiger Stripe(オニツカタイガーストライプ)」を初採用した「Limber(リンバー)」を掛け合わせて誕生した「Mexico 66(メキシコ66)」。

そんな2001年からロングセラーを続ける同モデルの定番カラーがリストック。

今作の「アッパー」には、クリーンな印象の「スムースレザー」と「耐久性」に優れた「スウェード」を組み合わせながら、カラーリングに「Onitsuka Tiger」に於ける普遍的でアイコニックな「ホワイト/ブルー/レッド」のトリコロールカラーを採用し、老若男女を問わず多くのユーザーから愛され続けるスタンダードモデルにモダンなアクセントを齎しています。

「Onitsuka Tiger」の歴史を継承し、ブランドフィロソフィを反映した今作を足元から体感して見て下さい。

MEXICO'66 WHT/ BLU/ RD

通常価格¥ 12000(税抜)

販売価格 ¥ 12,000 (税抜)

品番THL202-0146

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands