特集ページ
HOME オニツカタイガー ONITSUKA TIGER

オニツカタイガー ONITSUKA TIGER TIGER ALLY "LIMITED EDITION" BGE/O.WHT

「日本」が世界に誇るナショナルブランド「asics(アシックス)」。

その前身ブランドである「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)」の歴史は、1949年に「asics」創業者「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が創業した「オニツカ株式会社」からスタートします。

「日本」の選手だけでは無く、海外の一流選手にも愛された60年代から80年代の名品を忠実にリバイバルしたそのフォルムは「ヨーロッパ」に於いて、レトロクラシックスニーカーの一大ムーブメントを巻き起こしました。

更に近年では創業者「鬼塚 喜八郎」氏が世界の一流オリンピック選手に商品を履いて貰う為、プロモーション活動をしていた当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"から着想を得て、スポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版「Onitsuka Tiger KIRIMOMI PROJECT(オニツカタイガーキリモミプロジェクト)」や「日本」のモノ作りの良さを伝えたいと言う"本物の日本"をコンセプトに掲げた「NIPPON MADE(日本メイド)」コレクションを展開。

更には、数多くのブランドとのコラボレートモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレートモデルをリリースする等、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながらも、新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを「日本」から世界に向けて発信し続け、アイコニックな定番モデルに留まらずモダンな再構築を施したニューモデルのリリースにより、その勢いを加速させています。

そんな「Onitsuka Tiger」から、1980年代に開発されたランニングシューズ「ALLIANCE(アライアンス)」のデザインを踏襲しながら、名機「X CALIBER GT(エクスカリバーグランツーリスモ)」の後継機種として1980年代後半に発表された「GT-II(グランツーリスモ2)」の「ソールユニット」を融合して誕生した「TIGER ALLIANCE(タイガーアライアンス)」を更にアップデートさせた「TIGER ALLY(タイガーアリー)」のシーズナルカラーがリリース。

今作は「ミッドソール」に「asics(アシックス)」が独自に開発した軽量衝撃緩衝材「fuzeGEL(フューズゲル)」を搭載する事で、優れた「反発性」と「クッション性」を発揮しながら「ミッドソール」と一体型の「スタビライザー」仕様にアップデートする事で「ヒール(踵)」の「安定性」を確保。

更に「衝撃吸収性」や「耐久性」に特化した「オープンセルポリウレタン」を使用し、常に履き心地の良いドライ感を保ちながら無数のミクロの空気穴から湿気を逃がし「通気性」や「防臭性」に優れる「OrthoLite(オーソライト)」の「インソール(中敷き)」を採用。

また、走行中に痛め易い親指部分の怪我を防止する為に改良された「トゥガード(爪先補強)」や「クアドラレーシング」と命名される「シューホールガード」のデザインには「ホールド性」や「フィッティング性」を最大限に引き出せる様に考慮される等、クラシックなシルエットはそのままに都市生活者に実用的な「機能性」を向上させた事でバランスの取れたリノベートが施されています。

今作はクラシックな印象のワントーンカラーを採用しながら、マテリアルには風合いに優れた「スウェード」を採用する事により、新たなスタンダードモデルとしての存在感をモダンに体現しています。

「Onitsuka Tiger」のブランドフィロソフィを継承しながら、現在進行形のテクノロジーを融合させた今作を足元から体感して見て下さい。

TIGER ALLY

通常価格¥ 13000(税抜)

販売価格¥ 13,000(税抜)

品番TH701L-0707

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands