特集ページ
HOME オニツカタイガー ONITSUKA TIGER

"HAMILTON YOKOTA"

オニツカタイガー ONITSUKA TIGER LAWNSHIP "The Art of Mixing" BLK/MULTI

「日本」が世界に誇るナショナルブランド「asics(アシックス)」。

その前身ブランドである「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)」の歴史は、1949年に「asics」創業者「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が創業した「オニツカ株式会社」からスタートします。

「日本」の選手だけではなく、海外の一流選手にも愛された60年代から80年代の名品を忠実にリバイバルしたそのフォルムは「ヨーロッパ」に於いて、レトロクラシックスニーカーの一大ムーブメントを巻き起こしました。

更に近年では創業者「鬼塚 喜八郎」氏が世界の一流オリンピック選手に商品を履いて貰う為、プロモーション活動をしていた当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"から着想を得て、スポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版「Onitsuka Tiger KIRIMOMI PROJECT(オニツカタイガーキリモミプロジェクト)」や「日本」のモノ作りの良さを伝えたいと言う"本物の日本"をコンセプトに掲げた「NIPPON MADE(日本メイド)」コレクションを展開する等、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながら新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを「日本」から世界に向けて発信し続け、現在もブランドフォロソフィを継承するアイコンモデルやコンテンポラリーな再構築を施したニューモデルのリリースにより、その勢いを加速させています。

そんな「Onitsuka Tiger」の歴史を紐解く上で欠かす事の出来ない名作「LAWNSHIP 80(ローンシップ80)」をベースに誕生した「LAWNSHIP(ローンシップ)」から、世界的なスポーツの祭典「リオデジャネイロオリンピック」が2016年8月5日に開幕する「ブラジル」に縁のあるアーティストによって制作されたアートワークを落とし込んだ通称"The Art of Mixing(ジアートオブミキシング)"がリリース決定。

1970年代、まだテニスは敷居が高く堅苦しいイメージが定着していた為「TENNIS(テニス)」カテゴリーに於ける市場は停滞。

しかし、気軽にプレー出来る公営施設の充実や初心者でも楽しむ事が出来るラケットの開発等によって環境が急速に変化し、競技人口も拡大した事で瞬く間に人気スポーツへと発展に伴って、ランニングシューズに採用する為に開発されたテクノロジーや培ったノウハウを「TENNIS」カテゴリーに流用する動きも見られ、同カテゴリーに於けるスポーツブランドの競争は更に激化して行く事になります。

そんな時代背景の中で誕生した「LAWNSHIP 80」は規定に則った「ホワイト」をベースにしたカラーリングを採用しながらミニマムなシルエットの中に「デザイン性」を加え、多くのユーザーから愛された名作です。

今作はブラジルで活躍する新進気鋭のアーティスト「HAMILTON YOKOTA(ハミルトンヨコタ)」氏が描く「ブラジル」を照らすプリミティブな"太陽(タイヨウ)"から着想を得た独創的なアートワークを大胆に落とし込む事で、普遍的でアイコニックなシルエットをベースに現代的なブラッシュアップを施し、新たなスタンダードモデルとしての存在感を体現しています。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを融合した名作から「Onitsuka Tiger」の新たなアイデンティティを足元から体感して見て下さい。

LAWNSHIP

通常価格¥ 13000(税抜)

販売価格¥ 13,000(税抜)

品番TH6P1L-9090

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands