特集ページ
HOME サイズで探す ビッグサイズ 29cm以上

パンサー PANTHER PANTHER DERA "made in JAPAN" BLU/WHT

現在から50年以上前の1964年に「東京」で開催された世界的スポーツの祭典と時を同じくして誕生したスポーツシューズ「panther(パンサー)」。

世界規模の一大スポーツイベントの開催によりスポーツ競技人口が増加する事にいち早く着目し、トレーニングシューズの開発に着手。

試行錯誤を経て、様々なアイデアを落とし込みながら開発され"足袋"の「機能性」を元に"軽くて蒸れない"をコンセプトに誕生した「PANTHER S(パンサーエス)」等のプロダクト群を市場に送り出しました。

その名の通り"panther(黒豹)"をイメージした俊敏さに溢れる「デザイン性」と軽快なフォルムで、70年代にはトレーニングシューズの代名詞として多くのトップアスリートから愛用され一世を風靡。

その後、履き心地や「機能性」の高さが評価され、70年代には全国の"学校指定靴"として採用された事で多くのメディアに取り上げられる等、人気を博しました。

そんな「panther」が長い沈黙を破り、様々なスポーツシューズ開発で培ったブランドアイデンティティを継承しつつ進化を遂げながら「made in JAPAN(メイドインジャパン)」の繊細な工程によって再生したプロダクトが2016年に満を持して復活を遂げます。

そんな「panther」の長い歴史の中で名作として語られる「PANTHER DERA(パンサーデラ)」が待望の復刻。

1977年にトレーニングシューズとしてリリースされ「サイドパネル」に採用された「補強パーツ」は「機能性」は勿論の事「デザイン性」に於いても「panther」のアイコンとして抜群の存在感を放ち「ドッグイヤー」と呼ばれる「ヒールタブ」を設置する事で、スムーズな足入れをサポートしながら「アキレス腱」を保護。

更に「軽量性」や「耐摩耗性」に優れた「スポンジソール」を採用する事によって、トレーニングシューズとして抜群の機能を齎した名作です。

今作はオリジナルモデルの普遍的なディテールを可能な限り忠実に再現しながら、実用的な「クッショニング性」を融合。

「アッパー」マテリアルには、クラシックな雰囲気を放つ「ナイロン」と現在の基準ではクオリティーコントロールが難しく、通常では採用を見送る事の多い「染色加工」を施し、深みのある色合いを表現しながらも"芯通し"をしていない「スウェード」を使用。

「インソール(中敷き)」には「コンフォート性」「通気性」「防臭性」の全てに優れる「ORTHOLITE(オーソライト)」社製の「フットベッド」を使用する事で、クラシックなシルエットはそのままに、都市生活者に実用的な「機能性」を向上させた事でバランスの取れたリノベートが施されています。

また「福島」にある生産拠点で「made in JAPAN」として製造され、裁断や縫製そして成型までの60行程にも及ぶ作業を経て、ヘリテージモデルに対する「日本」特有の拘りを「日本」が誇る職人技術の繊細さで新たな価値を創造しています。

名作の「普遍性」を継承し、コンテンポラリーなアイデアを注入しながら再構築を施した事で新たに生まれ変わった「PANTHER DERA」。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に新定番としての懐古主義では無く、温故知新としてのアプローチを示した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

PANTHER DERA

通常価格¥ 13000(税抜)

販売価格¥ 13,000(税抜)

品番S241000356

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands