特集ページ
HOME サイズで探す ビッグサイズ 29cm以上

ルコックスポルティフ le coq sportif EUREKA 1.2 "Shigeyuki Kunii (mita sneakers) Color Direction" BLK

le coq sportif

1882年にファッションの国「フランス」の「ロミリー・ショエルセーヌ」にて同国初のスポーツブランドとして創業。

ブランド名にも用いられている「フランス」の国鳥"鶏"をアイコンとし、1951年より世界三大ツールの1つ「LE TOUR DE FRANCE(ツールドフランス)」でオフィシャルサプライヤーを務め、1960年代後半から1980年代後半の間と生誕"130周年"と言う節目を迎えた2012年にも「LE TOUR DE FRANCE」で使用される栄誉ある"4賞ジャージ"であるマイヨジョーヌ(個人総合優勝)・マイヨヴェール(ポイント賞)・マイヨアポワ(山岳賞)・マイヨブラン(新人賞)の製作も担当する等、長い歴史に裏打ちされた実績と伝統を誇る「le coq sportif(ルコックスポルティフ)」。

1970年代に不安定な世界情勢や産業開発による環境問題が起因となり登場したジョギングブームは世界中を巻き込みながら急成長。

70年代後半から80年代には各メーカーの技術躍進に伴い画期的なテクノロジーが発表され後に名作と語り継がれるモデルが次々と産声を上げました。

更に、世界中のランナーが信頼を寄せ掲載されたシューズランキングが売り上げを左右する評価基準となり、各ブランドの技術開発に多大な影響を及ぼした1966年創刊の「RUNNER'S WORLD(ランナーズワールド)」の登場が各メーカーの技術開発に多大な影響を及ぼした年代でもあります。

そして、1987年に土からアスファルト、更には短距離から長距離に至るまで、オールラウンドで使用可能な全てのランナーのニーズに応えられるトレーニング用ランニングシューズとして「EUREKA(エウレカ)」がリリース。

「シューレースホール」をジグザグに配置する事で紐締めを良くし「フィット性」を向上や「ソールユニット」には足の骨の構造を考慮し、捻れにあわせて適切に屈曲する「機能性」を持たせる事で「安定性」を保持する等、当時としては画期的な「機能性」を搭載。

また、ランニングシューズとしての「機能性」だけでは無く、そのシンプルな「デザイン性」でシリアスランナーだけではなくファッションシーンにおいても高い評価を受け好調なセールスを記録しました。

そんな「le coq sportif」が誇る名作「EUREKA」に、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで、その活躍は多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターである「国井 栄之(クニイシゲユキ)」が、カラーディレクションを手掛けたシーズナルカラー第2弾「EUREKA 1.2(エウレカ1.2)」がリリース決定。

「トーナルグレー」と「ブラック」の2カラー展開の今作は、前作同様に「EUREKA」の持つアイコニックな要素を残しながら再構築を施し、オリジナルカラーのアクセントカラーである「ミッドソール」の「エメラルドグリーン」「レッド」「ブラック」をキープしています。

更に、トーナルカラーで纏められた「アッパー」には「バンプ」や「トゥガード」そして「シュータン」に質感に優れた上質な「スウェード」を採用。

「EUREKA 1.2」と命名された通り、オリジナルモデルからマテリアルをタウンユース仕様にアップデートする事により独特な風合いを演出し、クリーン且つノーブルな印象を与えています。

「フランス」生まれならではの独創的な「デザイン性」で老若男女を問わず定評がある「le coq sportif」。

そんなブランドフィロソフィを継承した名作にコンテンポラリーなリヴィルドを施した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

EUREKA 1.2

通常価格¥ 12000(税抜)

販売価格¥ 12,000(税抜)

品番QMT-5101BK

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands