特集ページ
HOME ニューバランス new balance

先行予約(先着順) 2016年2月上旬発売予定

ニューバランス new balance MVL530 "LIMITED EDITION" AC

1906年に「アメリカ/ボストン」で「アーチサポートインソール」や偏平足等を治療する"矯正靴"の製造メーカーとして、その長い歴史をスタートさせた「new balance(ニューバランス)」。

クラフトマンシップやヘリテージと言ったブランド本来の魅力を体現する「1000」「900」「500」シリーズは「new balance」のアイコニックな三本柱として多くのユーザーから愛され続けるだけでは無く、普遍的な価値と魅力を保ちながらスポーツブランドとして培ったテクノロジーを融合しコンテンポラリーなアップデートを施す事で新たな展開を魅せています。

そんな「new balance」が2016年に"110th ANNIVERSARY(110周年)"を迎えるにあたり"REINVENT(リインベント)=再開発"をメインテーマに掲げ、これまでの歴史と共に積み上げて来たオーセンティックなデザインと最新テクノロジーを融合させた様々なプロダクトを世に送り出して行きます。

1970年代に不安定な世界情勢や産業開発による環境問題が起因となり登場したジョギングブームは世界中を巻き込みながら急成長。

70年代後半から80年代には各メーカーの技術躍進に伴い画期的なテクノロジーが発表され後に名作と語り継がれるモデルが次々と産声を上げました。

また1980年代後半に入ると"シティランニング"と共に注目を集めた"トレイルランニング"が市民権を得て、急速に競技人口が拡大。

そんな大きな時代の流れと共に「new balance」も最新テクノロジーを搭載したトレイルランニングモデルの開発に着手して行きます。

そして90年代には、ショップ主導コラボレーションモデルの先駆けとなった「MT580 "HECTIC x mita sneakers"(MT580ヘクティクxミタスニーカーズ)」のベースモデルとして採用された「580」や、1998年に「ALL TERRAIN(オールテレイン)」シリーズとしてリリースされ爆発的な人気を誇った「M801AT」等、同ブランドを代表するトレイルランニングモデルがリリースされ、現在でも名作として語り継がれています。

そんな数々の名作を誇る「new balance」の中でも、隠れた90年代の名作として多くのファンを持つ「530」。

1993年にリリースされ、当時としては最新技術であった「PU(ポリウレタン)コア」に「クッション性」と「軽量性」を満たす「C-CAP(シーキャップ)」で包み込んだ「ENCAP(エンキャップ)」構造を組み合わた「一体成型ミッドソール」を採用する事により、タウンユースでも実用的な機能として作用し高水準の「安定性」を実現し、当時の考えられる最高のテクノロジーを組み合わせた珠玉の逸足はシリアスランナーからも高い評価を獲得しました。

そんな「530」の「アッパー」をベースに、2015年にリリースされた新たなランニングシューズ「VAZEE RUSH(バジーラッシュ)」に採用されている「VAZEE SOLE(バジーソール)」を融合してリインベントされたニューコンセプトモデル「MVL530」のシーズナルカラーがリリース。

「アッパー」はオーセンティックな「530」のデザインを継承しながら「ソールユニット」には「フランス語」で"Go for it(走り抜けろ)"を意味する"VAZEE(バジー)"から命名されたハイパフォーマンスモデル「VAZEE RUSH」に使用されている「VAZEE SOLE」を搭載し「反発弾性」と「軽量性」にフォーカスする事でランニングにもトレーニングにも対応してくれる「ユーティリティー性」を具現化。

リインベントされた「MVL530」はタウンユースでも、そのポテンシャルを体感する事が出来る様にブランドのアイデンティティを随所に残しながら、クラシックな印象の「ベージュ」「ブラウン」をベースに用いアクセントカラーを細部に散りばめた事で、尖鋭的な「機能性」を様々なファッションスタイルで体感する事が可能となっています。

そんなブランドフィロソフィと最新テクノロジーが融合した意欲作を是非、足元から体感して見て下さい。

MVL530

通常価格¥ 12800(税抜)

販売価格¥ 12,800(税抜)

品番MVL530AC

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands