特集ページ
HOME ニューバランス new balance

"TOKYO DESIGN STUDIO New Balance"

ニューバランス new balance R_C4 "3rd Capsule Collection" LD

1906年にアメリカ/ボストンにて「アーチサポートインソール」の開発や偏平足等を治療する矯正靴の製造メーカーとして、その長い歴史をスタートさせた「new balance(ニューバランス)」。

クラフトマンシップやヘリテージと言ったブランド本来の魅力を体現する「1000」「900」「500」シリーズは「new balance」のアイコニックな三本柱として多くのユーザーから愛され続けるだけでは無く、普遍的な価値と魅力を保ちながらスポーツブランドとして培ったテクノロジーを融合する事で新たな展開を魅せています。

そんな「new balance」が2016年に110th Anniversary(110周年)の節目を迎え、クラフトマンシップを体現しながら真摯な姿勢で作り上げたMade in U.S.A.(メイドインUSA)、Made in England(メイドインイングランド)のプロダクトを通して"Made.(メイド.)"と言うキーワードと共に世界中のユーザーにブランドフィロソフィを提唱しながら、スポーティンググッズの世界で培ったテクノロジーを実用的に反映したMade in Asia(メイドインアジア)のニュープロダクトを交えてフューチャークラシックを創造して行きます。

そんな同ブランドから日本とアメリカの精鋭から編成されたデザインチームが開発を手掛け、日本ならではの巧みな職人技術や感性そして質の追求、古き物から新しき物を見出す事を通して新たなデザインとイノベーションを推し進めたプロダクトを展開する「Tokyo Design Studio New Balance(東京デザインスタジオニューバランス)」から、テクノロジーを可視化してデザインするReveal Concept(リビールコンセプト)に基づいて誕生した「R_C4(リビールコンセプト4)」がゲリラリリース決定。

このニューコンセプトモデルは「new balance」の財産である機能やクオリティをビジュアル化して表現する事をコンセプトに「new balance」のアイコニックなディテールやシルエットを継承しつつ「シュータン」と「ライニング」を一体成形に進化させ「フィッティング性」を高めた「モノソック構造」や「サイドパネル」には「ホールド性」を向上させるテープ状の「Nマーク」を用いる事でネクストレベルの「コンフォート性」を体感出来る逸足へと昇華。

マテリアルには「軽量性」「通気性」「耐久性」を兼ね備えた最新の成型素材「Trace Fiber(トレースファイバー)」をベースに「ナイロン」の7倍もの「耐久性」を持つ「Invista(インビスタ)」社の「Cordura(コーデュラ)」を採用しつつ、細部には「ヌバック」「エラスティック」「TPU(熱可塑性ポリウレタン)」パーツを巧みに用いる事でシューズと足の一体感を高めながら、シューズコンセプトに沿ったトラクションを具現化しています。

また、テクノロジーを可視化してデザインするReveal Conceptに基いて具現化された新設計の「ソールユニット」には、機能素材「Abzorb(アブゾーブ)」を新たな形で封入する事で「衝撃吸収性」と「反発弾性」を進化させる「Encap Reveal(エンキャップリビール)」を搭載し、更なるポテンシャルを発揮する等、革新的な「機能性」に裏打ちされた機能デザインが存在感を発揮。

そして「Vibram(ビブラム)」社製の「アウトソール」は、抜群の「耐久性」と「グリップ性」を確保してくれます。

110th Anniversaryを通過点に「普遍性」と「革新性」の新たなバランスを体現し、更なる進化を魅せる「new balance」。

そんなブランドフィロソフィと最新テクノロジーが融合したフューチャークラシックなプロダクトを足元から体感して見て下さい。

R_C4

通常価格¥ 23000(税抜)

販売価格 ¥ 23,000 (税抜)

品番MSRC4-LD

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands