特集ページ
HOME ニューバランス new balance

"Naotake Magara(A-1 CLOTHING) x Yoshifumi Egawa(Hombre Ni_o) x Shigeyuki Kunii(mita sneakers)"

ニューバランス new balance MRT580 "580 20th ANNIVERSARY" TM

ニューバランス

1906年に「アメリカ/ボストン」で「アーチサポートインソール」や偏平足等を治療する"矯正靴"の製造メーカーとして、その長い歴史をスタートさせた「new balance(ニューバランス)」。

クラフトマンシップやヘリテージと言ったブランド本来の魅力を体現する「1000」「900」「500」シリーズは「new balance」のアイコニックな三本柱として多くのユーザーから愛され続けるだけでは無く、普遍的な価値と魅力を保ちながらスポーツブランドとして培ったテクノロジーを融合しコンテンポラリーなアップデートを施す事で新たな展開を魅せています。

そんな「new balance」が2016年に"110th ANNIVERSARY(110周年)"を迎えるにあたり"REINVENT(リインベント)=再開発"をメインテーマに掲げ、これまでの歴史と共に積み上げて来たアイコニックなデザインと最新テクノロジーを融合させた様々なプロダクトを世に送り出して行きます。

1999年より構想がスタートし2000年にリリースされ、発売当時では画期的であったショップ主導コラボレーションモデルの先駆けとなった「MT580 "HECTIC x mita sneakers"(MT580"ヘクティクxミタスニーカーズ")」。

そのベースモデルとして採用されている「580」は「アメリカ」で発売されていた「585 "made in U.S.A."(585メイドインUSA)」の"日本改良品番"として1996年に誕生しました。

「576」同様にオフロードランニングモデルである「580」は、着地面積の広いフラットな「ソール」形状が特徴的で卓越した「安定性」を齎す軽量で堅固な「グラファイト」素材「ROLLBAR(ライトウェイトグラファイトロールバー)」を採用する事により、足の沈み込みを防ぎながら快適な履き心地を提供。

その他にも優れた「クッション性」と「軽量性」を満たす「C-CAP(シーキャップ)」や「安定性」に優れた素材の中に衝撃吸収材を封入した「ENCAP(エンキャップ)」構造を組み合わせる事で、タウンユースでも実用的な「機能性」を搭載。

リリースされた当初の「日本」のスニーカーシーンに於いては「576」や「996」そして「1300」等のクラシックモデルに注目が集まっていた事も有り、そのポテンシャルの高さや魅力を不特定多数のコンシューマーに示す事が出来ず、日の目を見る事が出来なかった悲運の名作。

しかし、90年代後半に入ると「東京」や「ニューヨーク」のストリートシーンでは都会的にアップデートされた"アウトドアスタイル"が徐々に浸透し、秘かなムーブメントの足元を牽引するモデルとして徐々に活躍の場を拡げ、それまでの「new balance」には見られなかったボリュームのある特徴的なフォルムと抜群の「機能性」で、一部のファンから絶大な人気を博しました。

そして「日本」からスタートしたコラボレーションプロダクト「MT580 "HECTIC x mita sneakers"」の継続リリースにより「日本」を飛び越え「アジア」は勿論、世界のスニーカーヘッズから絶大なる支持を得るまでに成長を果たし「new balance」を代表するモデルの1つに昇華。

また2010年には"10周年"を迎え、アニバーサリー企画を世界プロジェクトとして年間に渡って展開され、その後も世界各国のキーアカウントからコラボレーションモデルが続々とリリースされ大きな話題を呼びました。

そして2013年には"原点回帰"をテーマに掲げスポーツブランドとしての使命である「機能性」を追求し"REVOLUTION(革命)"から命名された最新テクノロジー「REVLITE(レブライト)」を搭載しコンテンポラリーなリインベントを施した「MRT580」がリリース。

同モデルからは数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」を軸に、2013年には「WHIZ LIMITED(ウィズリミテッド)」2014年には「SBTG(サボタージュ)」とのトリプルコラボレーションモデルを発表し、2014年後半にはパフォーマンスモデルからタウンユースモデルまで再びフォーカスされている「TENNIS(テニス)」カテゴリーからインスパイアされた「MRT580 "The Battle of Surfaces"(MRT580バトルオブサーフェイス)」がリリースされ話題を集めました。

「日本」で誕生した「new balance」の「580」が2016年に生誕"20th ANNIVERSARY(20周年)"を迎え、同社が独自の視点で厳選したパートナーとタッグを組み構成される世界プロジェクトが始動し、更なる進化を続ける名作の系譜に新たな歴史が刻まれます。

そんな同プロジェクトから「580」を世に広めたオリジネイター3人が再集結し企画されたスペシャルモデルがゲリラリリース決定。

名作「580」の「アッパー」デザインを継承しながら「シーム(継ぎ目)」を減らす「ウェルディング」構造を採用したミニマムな「アッパー」は足当たりの飛躍的な改善が盛り込まれると共に、独創的な立体感と美しい曲線を描きながら、脱ぎ履きを容易にする「ヒールタブ」を設置する等、徹底的に追求された「実用性」を備え、都市生活に於いてもそのポテンシャルを体感する事が出来ます。

従来使用されていた「ROLLBAR」を「REVLITE」搭載の「ミッドソール」に進化させ、その名の通り革命的な「軽量性」を確立しながら、高水準の「耐久性」や「クッショニング性」を誇り、昨今の様々なライフスタイルに対応すべく「ソールユニット」だけでは無く「アッパー」形状まで見直しを図り「機能性」と共に様々なスタイリングに溶け込む洗練されたシャープなシルエットを具現化。

「580」の特徴である重厚感のあるシルエットを踏襲しながら、現在の最先端技術だからこそ成し得たバランスの取れた最高のチューニングを施し、タウンユースに於いても実用的なリインベントを実践しています。

「585」の改良版として誕生した「580」は、リリース当初は思う様に売上げを伸ばす事が出来ず苦戦し、スニーカーショップでもワゴンセールとして販売されていました。

そんな日の目を浴びる事の無かった「580」を、当時「HECTIC(ヘクティク)」を運営していた現「A-1 CLOTHING(A-1クロージング)」「M.V.P.(エ ムブイピー)」の代表である「真柄 尚武(マガラナオタケ)」氏、現「Hombre Ni_o(オンブレニーニョ)」と「PLUS L by XLARGE(プラスエルバイエクストララージ)」のディレクターを務める「江川 芳文(エガワヨシフミ)」氏、そして「mita sneakers」の「国井 栄之」やその周りのクルーで履き始めた事が切っ掛けでグラスルーツ的に拡がり、10年以上継続された他に類を見ないコラボレーションプロジェクト「MT580 "HECTIC x mita sneakers"」のベースモデルとして飛躍する事に。

今作は"20th ANNIVERSARY"を機に「580」の歴史に深く関わりのある"3人"が再び同プロジェクトの為に集結し、ケミストリーを起こした事を「ネイビー」「レッド」「ホワイト」 を使用した「トリコロール」カラーで表現。

また「インソール(中敷き)」には「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK FENCE(金網)」と"20th ANNIVERSARY"を意味する「オリジナルグラフィック」が融合され、エクスクルーシブモデルならではの新たな価値を付加させています。

また2011年にデザイナー「今野 直隆(コンノナオタカ)」氏がスタートしたハイクオリティーデイリーウェアを展開する「MAGIC STICK(マジックスティック)」よりリリースされ、業界屈指のスニーカーフリークとしても知られるデザイナー自身のライフスタイルを反映させた「#TODAYSKICKS TAG MAT(トゥデイズキックスタグマット)」から今コラボレーションモデルのカラーリングにフックした「#TODAYSKICKS TAG MAT "mita sneakers"(トゥデイズキックスタグマットミタスニーカーズ)」が同時リリース。

「東京」のストリートシーンで発展し「日本」のスニーカーシーンを語る上でターニングポイントとなった歴史的名作「580」がアニバーサリーイヤーを迎え、変化では無く更なる進化を続ける事を選択した「MRT580」。

そんなブランドフィロソフィと最新テクノロジーが融合した意欲作にコラボレートの意味と意義を反映した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

MRT580

通常価格¥ 14800(税抜)

販売価格¥ 14,800(税抜)

品番MRT580TM

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands