特集ページ
HOME ニューバランス new balance

ニューバランス new balance MRL996 "LIMITED EDITION" KS

1906年に「アメリカ/ボストン」で「アーチサポートインソール」や偏平足等を治療する矯正靴の製造メーカーとして、その長い歴史をスタートさせた「new balance(ニューバランス)」。

クラフトマンシップやヘリテージと言ったブランド本来の魅力を体現する「1000」「900」「500」シリーズは「new balance」のアイコニックな3本柱として多くのユーザーから愛され続けるだけでは無く、普遍的な価値と魅力を保ちながらスポーツブランドとして培ったテクノロジーを融合し、モダンなエレベートを施す事で新たな展開を魅せています。

そんな「new balance」が2016年に"110th ANNIVERSARY(110周年)"の節目を迎え、クラフトマンシップを体現しながら真摯な姿勢で作り上げた「made in U.S.A.(メイドインUSA)」「made in ENGLAND(メイドインイングランド)」そして、スポーティンググッズの世界で培ったテクノロジーを実用的に反映した「made in ASIA(メイドインアジア)」のプロダクトを通し"made.(メイド.)"と言うキーワードと共に世界中のユーザーにブランドフィロソフィを伝承しながら、フューチャークラシックを創造して行きます。

1982年に"100ドル(当時1ドル=280)"と言う当時のスニーカーとしては高価な価格設定や"On a scale of 1000 this shoe is a 990.(1000点満点で990点に到達した)"と言う性能の高さをアピールした広告で大きな話題となり「M.C.D(踵部安定板)」を搭載する事で価格に見合う確かな「フィッティング性」や「普遍性」でタウンユースモデルとしても絶大な人気を獲得した初代「990」。

それ以降「new balance」が長年に渡り築き上げて来た普遍的な魅力と高次元のテクノロジーを注ぎ込み具現化した「99X」シリーズは「new balance」の歴史を語る上で外す事の出来ない財産と言えます。

そんなブランドフィロソフィを反映した「99X」シリーズから1989年にリリースされた当時「アメリカ」国内で自国の産業拠点の空洞化が叫ばれる中、国内生産を貫き通す事で注目され、シリーズの評価を不動の地位へと押し上げた傑作「996」。

同モデルのリリースで「1300」を起点とするプレステージモデルや世界的定番モデル「576」等と肩を並べるシリーズへと飛躍。

更にスポーツシーンで培った"REVOLUTION(革命)"から命名され高水準の「耐久性」や「クッショニング性」を誇る最新テクノロジー「REVLITE(レブライト)」を採用した「ミッドソール」を搭載する「MRL996」がリリースされる等、更なる注目を集めています。

そんな新たなスタンダードモデルとしての期待が高まる「MRL996」にシーズナルカラーがリリース。

「996」の「アッパー」デザインを継承しながら「REVLITE」を搭載した今作は昨今の様々なライフスタイルに対応すべく「ミッドソール」だけでは無く「アッパー」の形状まで見直し「機能性」と共に様々なスタイリングに溶け込む洗練されたシャープなシルエットを具現化。

スポーティンググッズの世界で培った実用的な「機能性」を搭載しながらも「996」の特徴であるクラシックなシルエットを踏襲したデザインで包み込む事によって、現在の最先端技術だからこそ成し得たバランスの取れた最高のチューニングを実現しています。

今回リリースされるシーズナルカラーはノーブルな「ホワイト」をベースに「ヒール(踵)」にアクセントカラーを配する事で、完成されたスタンダードモデルにモダンなブラッシュアップを施して再提案しています。

1982年より培って来た「99X」シリーズの「普遍性」とランニングモデル特有の「機能性」を兼備し、究極にまで昇華させた歴史的名品「996」が、変化では無く進化を続ける事を選択し誕生した新たなスタンダードモデル「MRL996」。

そのブランドフィロソフィを継承しながら新たな展開を魅せる「996」と「new balance」のイノベーティブな姿勢を足元から感じ取って見て下さい。

MRL996

通常価格¥ 14800(税抜)

販売価格¥ 14,800(税抜)

品番MRL996-KS

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands