特集ページ
HOME ニューバランス new balance

先行予約(先着順) 9月9日(土)発売予定

ニューバランス new balance MLP574 "LOST PROTO" "LIMITED EDITION for JAPAN” CB

1906年に「アメリカ/ボストン」で「アーチサポートインソール」や偏平足等を治療する矯正靴の製造メーカーとして、その長い歴史をスタートさせた「new balance(ニューバランス)」。

クラフトマンシップやヘリテージと言ったブランド本来の魅力を体現する「1000」「900」「500」シリーズは「new balance」のアイコニックな3本柱として多くのユーザーから愛され続けるだけでは無く、普遍的な価値と魅力を保ちながらスポーツブランドとして培ったテクノロジーを融合し、モダンなエレベートを施す事で新たな展開を魅せています。

そんな「new balance」が2016年に"110th ANNIVERSARY(110周年)"の節目を迎え、クラフトマンシップを体現しながら真摯な姿勢で作り上げた「made in U.S.A.(メイドインUSA)」「made in ENGLAND(メイドインイングランド)」そして、スポーティンググッズの世界で培ったテクノロジーを実用的に反映した「made in ASIA(メイドインアジア)」のプロダクトを通し"made.(メイド.)"と言うキーワードと共に世界中のユーザーにブランドフィロソフィを伝承しながら、フューチャークラシックを創造して行きます。

1988年にリリースされ、2013年に"25th ANNIVERSARY(25周年)"と言う節目を迎えた「new balance」を代表するクラシックオフロードランニングモデル「576」。

「C-CAP(シーキャップ)」と「ENCAP(エンキャップ)」を組み合わせた「ソールユニット」を搭載し「グリップ性」に優れた「アウトソール」を装備したオフロードランニングシューズとして開発されながら、ファッションアイテムとして高い評価を得た事でタウンユースとしても圧倒的な人気を博した名作です。

そんな「new balance」のブランドフィロソフィを継承する大定番モデル「576」の廉価版モデルとして開発された「574」は「アメリカ」にて記録的なセールスを叩き出し、満を持して「日本」にも上陸。

これまでに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレーションモデルを始め、様々なブランドやショップとの別注でリリースされた「APAC(アジアパシフィック)」企画が話題を呼び「日本」のスニーカーシーンに於いて既存の人気モデルとは一線を画すリーズナブルなプライスと新たな価値観で不動の人気を築き上げました。

その後も「new balance」主催のカラーリングコンテストや2007年の「APAC(アジアパシフィック)」プロジェクトである「HUNGRY DRAGON(ハングリードラゴン)」そして、昨今では「made in U.S.A.(メイドインUSA)」の「574」をweb上でカスタマイズ出来る「Custom US574(カスタムUS574)」のサービスを「アメリカ」で開始。

更には「mita sneakers」と「OSHMAN'S(オッシュマンズ)」のコラボレーションモデル「ML574 MOJITO(ML574モヒート)」がリリース。

2015年には「574」の「アッパー」を最新の圧着技術で進化させながら、最新ソールユニット「FRESH FOAM(フレッシュフォーム)」を融合してリインベントされた「MFL574」が誕生し「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「MFL574 "History Gradation"(MFL574ヒストリーグラデーション)」もリリース。

そして2017年には"FUTURE ARCHAEOLOGY(未来の考古学)"をテーマに掲げ、よりスポーティーにブラッシュアップが施されたニューコンセプトモデル「MS574」が登場し話題を集める等、これまでのイメージを一新するプロジェクトやアイテムのローンチにより人気・実売ともに好調を維持しながら新定番モデルとしての地位を確立しています。

そんな名実共に「new balance」を代表するスタンダードモデルとなった「574」の開発初期段階で制作された幻のプロトタイプが"LOST PROTO(ロストプロト)"の名を冠し「MLP574」として「日本」限定プロダクトで蘇ります。

「new balance」が保管する無数のアーカイブの中から発見された今作は1988年に「576」がリリースされ90年代後半に「574」が誕生するまでの空白の期間に「574」の試作品として制作された「574」のプロトタイプ。

プロダクト名はテーマである"LOST PROTO"の頭文字から"L"と"P"、そして「M574」を組み合わせ「MLP574」と命名。

足入れがスムーズに運ぶ様に拡く設計された「ライニング(履き口)」は「576」のデザインを継承。

「シュータンラベル」にはプロトタイプに使用されていたデザインを採用し「サイドパネル」には90年代初期以降に多く見られる立体感が有り小ぶりなデザインの「Nマーク」を設置。

「アッパー」にはレトロな空気感の漂う「3層構造」の「ナイロンメッシュ」を採用。

また上質な「スウェード」と「ステッチ」のカラートーンに若干変化を加える事により、当時のコントラストと風合いを醸し出しています。

更にスリムなシルエットが特徴的な「SL-1ラスト(靴型)」の「アッパー」と「C-CAP(シーキャップ)」を搭載し「安定性」を重視した「SL-2ラスト(靴型)」を使用していた初期「576」の「ソールユニット」を組み合わせ、異なる「ラスト(靴型)」の「アッパー」と「ソールユニット」を融合すると言う斬新な発想にチャレンジする等、オフロードランニングシューズである「500」シリーズの系譜である「574」に辿り着くまでの試行錯誤が垣間見れる逸足です。

また、カラーリングには「576」のオリジナルカラーが採用され、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで、幅広くフィットするモデルになっています。

"110th ANNIVERSARY"を通過点に「普遍性」と「革新性」の新たなバランスを体現し、更なる進化を魅せる「new balance」。

そんなブランドフィロソフィを紐解く事で現在に蘇った今プロダクトを足元から体感して見て下さい。

MLP574

通常価格¥ 12000(税抜)

販売価格¥ 12,000(税抜)

品番MLP574-CB

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands