特集ページ
HOME ニューバランス new balance

ニューバランス new balance ML801 "GORE-TEX" "LIMITED EDITION" GWB

1906年にアメリカ/ボストンにて「アーチサポートインソール」の開発や偏平足等を治療する矯正靴の製造メーカーとして、その長い歴史をスタートさせた「new balance(ニューバランス)」。

クラフトマンシップやヘリテージと言ったブランド本来の魅力を体現する「1000」「900」「500」シリーズは「new balance」のアイコニックな三本柱として多くのユーザーから愛され続けるだけでは無く、普遍的な価値と魅力を保ちながらスポーツブランドとして培ったテクノロジーを融合する事で新たな展開を魅せています。

そんな「new balance」が2016年に110th Anniversary(110周年)の節目を迎え、クラフトマンシップを体現しながら真摯な姿勢で作り上げたMade in U.S.A.(メイドインUSA)、Made in England(メイドインイングランド)のプロダクトを通して"Made.(メイド.)"と言うキーワードと共に世界中のユーザーにブランドフィロソフィを提唱しながら、スポーティンググッズの世界で培ったテクノロジーを実用的に反映したMade in Asia(メイドインアジア)のニュープロダクトを交えてフューチャークラシックを創造して行きます。

1970年代後半から1980年代前半に掛けて、アメリカを中心にした世界規模のジョギング健康法ブームはスポーツブランドを巻き込みながら急成長。

70年代後半から80年代には各メーカーの技術躍進に伴い画期的なテクノロジーが発表され、後に名作と語り継がれるプロダクトが次々と産声を上げました。

また、80年代後半に入るとシティランニングと共に注目を集めたクロスカントリーが市民権を得て、急速に競技人口が拡大。

そんな大きな時代の流れと共に「new balance」も最新テクノロジーを搭載したオフロードランニングモデルの開発に着手して行きます。

そして90年代には、ショップ主導コラボレーションモデルの先駆けとなった「MT580 "Hectic x mita sneakers"(MT580ヘクティクxミタスニーカーズ)」のベースモデルとして採用された「580」シリーズや「Trail Buster(トレイルバスター)」等、同ブランドを代表するトレイルランニングモデルがリリースされ、現在でも名作として語り継がれています。

そんな同ブランドの中でも不整地を走破する性能を備えた「ALL TERRAIN(オールテレイン)」シリーズとして1998年にリリースされ、20th Anniversary(20周年)を経て待望の復刻を果たし、注目を集める玄人好みの名作「801」のシーズナルカラーがリリース決定。

トレイルランニングシューズ「800」シリーズの後継モデルとして、1998年に様々な場所でランニングするランナーへ向けた「汎用性」で全路面に対応する「801」は、独創的な「アッパー」デザインに加え、機能素材「Abzorb(アブゾーブ)」を「ソールユニット」に搭載し「機能性」を飛躍的に進化させた事で、スポーツシーンに留まる事無く都会的に履きこなすトレイルランニングシューズのムーブメントを牽引するプロダクトとしてストリートカルチャーでも高い評価を獲得しました。

今作はシンプルなモノトーンカラーを採用し「アッパー」マテリアルに「シンセティックレザー」「デュラバック」「バリスティックナイロン」「ダブルラッセルメッシュ」そして「透湿性」「防風性」「防水耐久性」に優れた「Gore-Tex(ゴアテックス)」を採用しつつ「ソールユニット」には「衝撃吸収性」と「反発弾性」に特化した機能素材「Abzorb」に「グリップ性」の高い「アウトソールパターン」を組み合わせ、様々なライフスタイルにフィットする「実用性」を付加する事で、タウンユースに於いてもそのポテンシャルをフルに体感する事が出来ます。

伝統と歴史を紐解き「ヘリテージ性」を尊重しながら「new balance」のブランドフィロソフィを継承し復活を遂げた「801」。

スポーツブランドとしてのテクノロジーを内に秘めながら、タウンユースとしてもそのポテンシャルを発揮する今作を是非、足元から体感して見て下さい。

ML801

通常価格¥ 18000(税抜)

販売価格 ¥ 18,000 (税抜)

品番ML801-GWB

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands