特集ページ
HOME ニューバランス new balance

ニューバランス new balance M585 "made in U.S.A." "LIMITED EDITION" BG

1906年に「アメリカ/ボストン」で「アーチサポートインソール」や偏平足等を治療する"矯正靴"の製造メーカーとして、その長い歴史をスタートさせた「new balance(ニューバランス)」。

クラフトマンシップやヘリテージと言ったブランド本来の魅力を体現する「1000」「900」「500」シリーズは「new balance」のアイコニックな三本柱として多くのユーザーから愛され続けるだけでは無く、普遍的な価値と魅力を保ちながらスポーツブランドとして培ったテクノロジーを融合しコンテンポラリーなアップデートを施す事で新たな展開を魅せています。

そんな「new balance」が2016年に"110th ANNIVERSARY(110周年)"を迎えるにあたり"REINVENT(リインベント)=再開発"をメインテーマに掲げ、これまでの歴史と共に積み上げて来たオーセンティックなデザインと最新テクノロジーを融合させた様々なプロダクトを世に送り出して行きます。

1999年より構想がスタートし2000年にリリースされ、発売当時では画期的であったショップ主導コラボレーションモデルの先駆けとなった「MT580 "HECTIC x mita sneakers"(MT580"ヘクティクxミタスニーカーズ")」。

そのベースモデルとして採用されている「580」は「アメリカ」で発売されていた「585 "made in U.S.A."(585メイドインUSA)」の"日本改良品番"として1996年に誕生しました。

「576」同様にオフロードランニングモデルである「585」は、着地面積の広いフラットな「ソール」形状が特徴的で卓越した「安定性」を齎す軽量で堅固な「グラファイト」素材「ROLLBAR(ライトウェイトグラファイトロールバー)」を採用する事により、足の沈み込みを防ぎながら快適な履き心地を提供。

その他にも優れた「クッション性」と「軽量性」を満たす「C-CAP(シーキャップ)」や「安定性」に優れた素材の中に衝撃吸収材を封入した「ENCAP(エンキャップ)構造」を組み合わせる事で、タウンユースでも実用的な「機能性」を搭載。

その後リリースされた「580」は当時「日本」のスニーカーシーンに於いては「576」や「996」そして「1300」等のクラシックモデルに注目が集まっていた事も有り、そのポテンシャルの高さや魅力を不特定多数のコンシューマーに示す事が出来ず、日の目を見る事が出来なかった悲運の名作。

しかし、90年代後半に入ると「東京」や「ニューヨーク」のストリートシーンでは都会的にアップデートされた"アウトドアスタイル"が徐々に浸透し、秘かなムーブメントの足元を牽引するモデルとして徐々に活躍の場を拡げ、それまでの「new balance」には見られなかったボリュームのある特徴的なフォルムと抜群の「機能性」で、一部のファンから絶大な人気を博しました。

そして「日本」からスタートしたコラボレーションプロダクト「MT580 "HECTIC x mita sneakers"」の継続リリースにより「日本」を飛び越え「アジア」は勿論、世界のスニーカーヘッズから絶大なる支持を得るまでに成長を果たし「new balance」を代表するモデルの1つに昇華。

また2010年には"10周年"を迎え、アニバーサリー企画を世界プロジェクトとして年間に渡って展開され、その後も世界各国のキーアカウントからコラボレーションモデルが続々とリリースされ大きな話題を呼びました。

そして2013年には"原点回帰"をテーマに掲げスポーツブランドとしての使命である「機能性」を追求し"REVOLUTION(革命)"から命名された最新テクノロジー「REVLITE(レブライト)」を搭載しコンテンポラリーなリインベントを施した「MRT580」がリリース。

同モデルからは数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけでは無く、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」を軸に、2013年には「WHIZ LIMITED(ウィズリミテッド)」2014年には「SBTG(サボタージュ)」とのトリプルコラボレーションモデルを発表し、2014年後半にはパフォーマンスモデルからタウンユースモデルまで再びフォーカスされている「TENNIS(テニス)」カテゴリーからインスパイアされた「MRT580 "The Battle of Surfaces"(MRT580バトルオブサーフェイス)」がリリースされ話題を集めました。

2016年には「日本」で誕生した「new balance」の「580」が生誕"20th ANNIVERSARY(20周年)"を迎え、同社が独自の視点で厳選したパートナーとタッグを組み構成される世界プロジェクトが始動し「580」を世に広めたオリジネイター3人が再集結し企画されたスペシャルモデル「MRT580 "Naotake Magara(A-1 CLOTHING) x Yoshifumi Egawa(Hombre Ni_o) x Shigeyuki Kunii(mita sneakers)"(MRT580真柄尚武/A-1クロージングx江川芳文/オンブレニーニョx国井栄之/ミタスニーカーズ)」がリリースされ即完売に。

そんな「日本」のみならず、世界のスニーカーシーンに於いて大きなターニングポイントとなった「580」のベースとなった品番「585」のオリジナルカラーが待望の初復刻を果たします。

「new balance」の代名詞とも言えるオーセンティックな「ネイビー/グレー」をベースに「アッパー」マテリアルにはブーツなどで有名な「アメリカ」の「WOLVERINE(ウルヴァリン)」社製の上質な「ピッグスキンスウェード」と「通気性」に優れた「ナイロンメッシュ」を落とし込みながら「made in U.S.A.(メイドインUSA)」として生産され伝統と品質のクラフトマンシップを継承する事で、オリジナルモデルの風格を見事に再現しています。

「東京」のストリートシーンで発展し「日本」そして世界のスニーカーシーンを語る上でターニングポイントとなった歴史的名作「580」のベースとなった「585」。

その歴史の原点である名機を是非、足元から体感して見ては如何でしょうか。

M585

通常価格¥ 28000(税抜)

販売価格¥ 28,000(税抜)

品番M585-BG

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands