特集ページ
HOME ニューバランス new balance

ニューバランス new balance M1300CL "made in U.S.A." "LIMITED EDITION" S

ニューバランス

1906年にアメリカ/ボストンにて「アーチサポートインソール」の開発や偏平足等を治療する矯正靴の製造メーカーとして、その長い歴史をスタートさせた「new balance(ニューバランス)」。

クラフトマンシップやヘリテージと言ったブランド本来の魅力を体現する「1000」「900」「500」シリーズは「new balance」のアイコニックな三本柱として多くのユーザーから愛され続けるだけでは無く、普遍的な価値と魅力を保ちながらスポーツブランドとして培ったテクノロジーを融合する事で新たな展開を魅せています。

そんな「new balance」が2016年に110th Anniversary(110周年)の節目を迎え、クラフトマンシップを体現しながら真摯な姿勢で作り上げたMade in U.S.A.(メイドインUSA)、Made in England(メイドインイングランド)のプロダクトを通して"Made.(メイド.)"と言うキーワードと共に世界中のユーザーにブランドフィロソフィを提唱しながら、スポーティンググッズの世界で培ったテクノロジーを実用的に反映したMade in Asia(メイドインアジア)のニュープロダクトを交えてフューチャークラシックを創造して行きます。

1985年のオリジナル当時に"39000円(アメリカでは$130)"と言う驚愕の価格設定と最高級の履き心地で"スニーカー界のロールスロイス"と称されたフラッグシップモデル「1300」。

卓越した「機能性」と洗礼されたルックスは「Ralph Lauren(ラルフローレン)」氏が"雲の上を歩いている様だ。

"とその履き心地を絶賛する程、各界の著名人から広く愛された逸品として現在まで語り継がれ、そのオーセンティックなデザインとカラーリングはトレンドに左右される事なくタイムレスで絶対的な価値を保ち続けています。

更に「機能性」に於いても独創的で比類なき「衝撃吸収性」と「安定性」を兼備した「Encap(エンキャップ)構造」を「ミッドソール」に初搭載し、その完成された機能美と履き心地は現在のタウンユースに於いても実用的に発揮。

2007年以降にはMade in U.S.A.やMade in Englandのカラーバリエーション拡大を図り、2010年と2015年にリリースされた日本企画の「1300J」では、忠実に再現された「Vibram(ビブラム)」社製の「アウトソール」を搭載するだけでは無く「NBロゴ」や「Nマーク」等、可能な限りの再現を施し、大きな話題を集めました。

現在の地位に胡座を掛く事の無いディテールへの拘りや、継続が故の様々な進化は往年のファンから現在のスニーカーヘッズに至るまで高い評価を得る結果となり、その地位は揺るがず確固たる物としています。

そんな「new balance」真のフラッグシップモデルと言える不朽の名作「1300」から派生した「M1300CL(M1300クラシック)」より、通称"SB(スティールブルー)"と呼ばれたベーシックカラーがリストック。

120年以上の歴史を持つアメリカ/メイン州のSkowhegan Factory(スコへーゲン工場)にて生産され、ブランドの伝統と品質を守りつつ「new balance」のクラフトマンシップを次世代に継承する今作は「アッパー」マテリアルには質感に優れた「ヌバック」と「通気性」と「軽量性」を兼備する「ナイロンメッシュ」のコンビネーションを採用し、タイムレスな魅力を再提案しています。

尚、今作の「M1300CL」は日本国内の販売販路として「new balance」直営店と「Oshman's(オッシュマンズ)」そして「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」の3アカウント限定でのリリースとなっております。

一世紀以上の歴史を誇る「new balance」のブランドフィロソフィが詰め込まれたフラッグシップモデル「1300」。

その伝統と歴史を紐解きながら「ヘリテージ性」を尊重しつつ、時代に左右されない「普遍性」を保ち続ける名機を是非、足元から体感して見て下さい。

M1300CL

通常価格¥ 23000(税抜)

販売価格 ¥ 23,000 (税抜)

品番M1300CL-S

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands