特集ページ
HOME リーボック 完売

リーボック Reebok INSTA PUMP FURY 「EXPANSION x mita sneakers」 CAMO/BLK/GRY/RED

1989年にリリースされた「THE PUMP(ザポンプ)」は「AIR CHAMBER SYSTEM(エアチェンバーシステム)」を使用し、足を空気で包み込む事で個人の足の形に合わせた「フィット性」及び「サポート性」をセルフカスタマイズ化させる画期的な"アッパーフィッティングテクノロジー"の代名詞とも言える「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を初めて搭載したモデルとして話題を集め、初めて披露された「ドイツ/ミュンヘン」で開催された「ISPO(INTERNATIONAL SOCIETY FOR PROSTHETICS AND ORTHOTICS)」では、その優れた「機能性」がシューズ業界のみならず「TIME(タイム)」「USA TODAY(ユーエスエートゥデイ)」などの各メディアにも紹介され大きな反響呼びました。

その後、同テクノロジーを採用したカテゴリーを徐々に拡大しながら進化を続け「NIKE/HUARACHE FIT SISTEM(ナイキハラチフィットシステム)(当時の名称=ダイナミックフィット)」「Puma/DISC SYSTEM(プーマディスクシステム)」等と共にハイテクスニーカーの礎を築き、1994年にリリースされた「INSTA PUMP FURY(インスタポンプフューリー)」の躍進により「Reebok(リーボック)」の代名詞へと成長。

1994年のプロトタイプ「INSTA PUMP FURY(前期型)」発売以降、約1年間の沈黙を破り1995年にアップデートを施した現行モデルにて再リリースされた「INSTA PUMP FURY(後期型)」は、「CHANEL(シャネル)」や「KEENAN DUFFTY(キーナンダフティー)」そして「KENZO MINAMI(ケンゾーミナミ)」など、様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了。90年代のスニーカーブーム時には「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「DISC BLAZE(ディスクブレイズ)」等と共に"ハイテクスニーカーブーム"と呼ばれた社会現象を引き起こし、世界のマーケットを巻き込みながらスニーカー史上屈指の争奪戦が繰り広げられました。

また2008年以降も「INSTA PUMP FURY」をベースに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのオフィシャルコラボレーションモデルを始め、様々なブランドとの別注モデルや有力ショップを中心とした限定ラインがリリース。

2011年には"ライトウェイト"をテーマにリヴィジョンを施した次世代機として大きな話題を呼んだ「PUMP FURY SUPER LITE(ポンプフューリースーパーライト)」、2012年には最新テクノロジーである「3D ULTRALITE SOLE(3Dウルトラライトソール)」を搭載し、更なるアップデートを加えたNewモデル「PUMP FURY HLS(ポンプフューリーHLS)」がリリースされる等、バリエーションの拡大と共に注目度は更に増しています。

2001年から"普通の服作りより玄人のツボを突く拘りを反映したクロージングライン"をコンセプトとして始動し、「東京」ではコレクションの開催と同時に「ニューヨーク」発のアート展を共催する等、ファッションとアートを始め様々なカルチャーとのリンクを具現化する動きにも、いち早く取り組んでいる「ニューヨーク」のアパレルブランド「EXPANSION(エクスパンション)」。

「EXPANSION」とは"拡大" "膨張" "発展" "展開"という意味を含んだ言葉で"このブランドを通して様々な人々に自分のビジョンの拡大を"というデザイナー「KIRK(カーク)」氏のメッセージが込められています。

また、ブラジリアン柔術を中心に「MMA(総合格闘技)」への造詣も深く、2002年には「GRACIE(グレイシー)」一族の暴れん坊「RENZO GRACIE(ヘンゾグレイシー)」氏や「修斗」のレジェンド「佐藤ルミナ」氏にデザイン提供。2003年にはヒップホップ界の重要人物である「LARGE PROFESSOR(ラージプロフェッサー)」氏のアルバムリリース記念「T-SHIRTS」のグラフィックをディレクション。

そして、2005年にはグラフィティアーティストのゴッドファーザー「P.H.A.S.E.2(フェイズ2)」氏とのコラボを実現。更に「POST OVERALLS(ポストオーバーオールズ)」をパートナーに迎える等、今までクロスオーバーしてきた人物やブランドには数々のカルチャーの牽引者が名を連ねます。そして現在ではカルチャーやアートをプロダクトに落とし込むブランドの主謀であり、デザイナー「KIRK」氏の「EXPANSION」は「日本」はもとより本場「NYC」でも大きな脚光を浴びています。

そんな「EXPANSION」と数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers」とのコラボレーションモデルがゲリラリリース決定。

「ニューヨーク」における"AEROSOL ART(エアロゾールアート)"や"SUBWAY ART(サブウェイアート)"の創始者の1人として名を馳せ、近年では美術界の目利きからも注目を集め"SPRAY ART(スプレーアート)"の世界からはコンタクトを取る事さえ困難と言われる「P.H.A.S.E.2」氏。

1970年代から最前線で活躍し"BUBBLE LETTER(バブルレター)"や"ARROW LETTER(アローレター)"等、多くのスタイルを生み出しながら、グラフィックデザイナーとして「KOOL HERC(クールハーク)」氏や「GRANDMASTER FLASH(グランドマスターフラッシュ)」氏などのポスターやフライヤーを作成する事でヒップホップカルチャーをビジュアルサイドから体現し、この文化を語る上で欠かす事の出来ないオリジネイターのひとりです。

今作は、数々のオリジナルグラフィックを生み出して来た「EXPANSION」の代名詞とも言える「カモフラージュ柄」に、「P.H.A.S.E.2」氏の独創的なイマジネーションを加える事で生み出された「オリジナルカモフラージュパターン」を大胆に落とし込みながら、クラシカルな配色で纏めた巧みなカラーブロッキングや「トゥガード(補強)」の「エッジ」に施された「パイピング加工」、「ヒール(踵)」に施された「キルティング風ステッチ」、「シュータン」に「刺繍」で施された「mita sneakers」の「ロゴマーク」など、「mita sneakers」のアイデンティティが随所に散りばめられています。

更に「インソール(中敷き)」には「mita sneakers」のアイコンである「CHAIN LINK(金網)」と「TYO NYC TRADING」のフォントが「オリジナルカモフラージュパターン」で落とし込む事で今作のコンセプトとメッセージを封じ込めています。

90年代の様々なカルチャーに再び注目が集まる昨今、「ニューヨーク」で誕生し、独自の視点でストイックな物作りを続ける「EXPANSION」のアイデンティティと世界屈指のスニーカー街「上野」から世界へ発信するスニーカーショップ「mita sneakers」のフィロソフィを融合した今作の「INSTA PUMP FURY」。「Reebok」の歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機にSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化し、コラボレーション本来の意味と意義を再構築した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

INSTA PUMP FURY 「EXPANSION x mita sneakers」 CAMO/BLK/GRY/RED

通常価格¥ 16800(税抜)

販売価格¥ 16,800(税抜)

品番J91522

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands