特集ページ
HOME ヒュンメル hummel

ヒュンメル hummel MARATHONA GBW "LIMITED EDITION for HUMMEL HIVE" BLK/GRY/WHT

1923年「ドイツ/ハンブルグ」にて靴職人であった「ALBERTO MESSMER(アルベルトメスマー)」氏が、雨天時のフットボール用にスタッド付きのスパイクを開発した事からその歴史をスタートさせた「hummel(ヒュンメル)」。

ブランドネームの由来は理論上では飛ぶ事が不可能とされている"マルハナバチ"が努力を重ね飛べる様になったと言う逸話を元に、ドイツ語で"マルハナバチ"を表す"hummel"をブランドネームとロゴマークとして採用。

1980年にはブランドの拠点を「デンマーク」に移し、その後フットボール「デンマーク」代表や「スペイン」の強豪「REAL MADRID(レアルマドリード)」を始めとした多くのクラブチームと契約を交わし「ヨーロッパ」のフットボールシーンで確固たる地位を築き上げました。

近年ではスポーツカテゴリーの枠に留まらず「ヨーロッパ」全土のファッショニスタへと人気は拡がりを魅せ、更なる愛用者を増加させています。

そんな同ブランドから"過去"と"現在"そして"スポーツ"と"スタイル"の融合を目的とし「hummel」に於ける最上級プロジェクト「HUMMEL HIVE(ヒュンメルハイブ)」が2016年よりスタート。

同年には「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレートモデル「MARATHONA OG MITA "Sm_rrebr_d"(マラソナオリジナルミタスモーブロー)」がリリースされ、2017年には「mita sneakers」のクリエイティブディレクターを務める「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がディレクションを手掛けたリミテッドモデル「MARATHONA OG "Bicolor" "Shigeyuki Kunii (mita sneakers) Direction"(マラソナオリジナルバイカラー国井栄之ミタスニーカーズディレクション)」が登場する等、新たな注目を集めています。

そんな同プロジェクトから「hummel」が誇るランニングシューズの名作「MARATHONA(マラソナ)」のオリジナルディテールを可能な限り忠実に再現した「MARATHONA OG(マラソナオリジナル)」のシーズナルカラーがリリース決定。

1970年代後半から1980年代前半に掛けて全米を中心にした世界規模のジョギング健康法ブームはスポーツブランドを巻き込みながら急成長。

70年代後半から80年代には各メーカーの技術躍進に伴い画期的なテクノロジーが発表され、後に名作と語り継がれるプロダクトが次々と産声を上げました。

更に世界中のランナーが信頼を寄せ、掲載されたシューズランキングが売り上げを左右させる程の評価基準となった1966年創刊の「RUNNER'S WORLD(ランナーズワールド)」の登場が、各スポーツブランドの技術開発に多大な影響を及ぼした年代でもあります。

名作が集う80年代にリリースされ、好調なセールスを記録した「hummel」を代表するランニングシューズ「MARATHONA」は「通気性」と「軽量性」に優れた「ナイロンメッシュ」や個々の足に馴染む「スムースレザー」を「アッパー」に採用しつつ、シューズ内の「快適性」を促す為の「ベンチレーションホール(通気穴)」を「サイドパネル」に配置。

更に「軽量性」と「クッショニング性」を兼備した「EVA(エチレンビニルアセテート)」の「ソールユニット」や「TPU(熱可塑性ポリウレタン)スタビライザー)」を搭載し、多くのシリアスランナーからの高い評価を獲得。

近年では世界各国のキーアカウントとタッグを組んだコラボレートモデルや、完全復刻を果たした「MARATHONA OG」がリリースされる等「hummel」のアイコンモデルとして注目を集めています。

今作のシーズナルカラーは、クラシックな印象のカラーリングを採用しながら「アッパー」には質感に優れた「スウェード」と「耐久性」に優れ「通気性」に富んだ「バリスティックナイロン」、そして細部に夜間の「視認性」に配慮した機能素材「リフレクター(反射材)」を巧みに配し具現化。

「デンマーク」の伝統や文化を継承しながら、スポーツブランドとしての独自のフィロソフィを詰め込んだ数々の名作を世に送り出して来た「hummel」。

そんなブランドフィロソフィを反映した名機をこの機会に堪能して見ては如何でしょうか。

MARATHONA GBW

通常価格¥ 14000(税抜)

販売価格¥ 14,000(税抜)

品番HM65074-9001

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands