特集ページ
HOME アシックスタイガー ASICSTIGER

アシックスタイガー ASICSTIGER GEL−MAI "ANGLE PACK" "SLAM JAM" BLK/BLU/NVY/PINK/SAX

創業者である「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て「日本」が世界に誇るナショナルスポーツブランドとなった「asics(アシックス)」。

2008年には「鬼塚 喜八郎」氏が世界の一流オリンピック選手に商品を履いて貰う為、プロモーション活動をしていた当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"からインスパイアされ、スポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版「asics KIRIMOMI PROJECT(アシックスキリモミプロジェクト)」がスタートし「オランダ」の「Patta(パッタ)」を皮切りに「日本」からは「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」そして「アメリカ」では「ALIFE(エーライフ)」や「David Z(デヴィットジー)」更に「ドイツ」の「solebox(ソールボックス)」と「KOI CLUB(コイクラブ)」や「フランス」からも「colette(コレット)」がエントリーし、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながら新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを共に発信。

その後も海外では各国のキーアカウントから「SMU(スペシャルメイクアップ)」としてリリースは続き、大きなムーブメントを生み出しました。

2014年FALL/WINTERシーズンより「asics」が誇るアーカイブの1つである「GEL-LYTE(ゲルライト)」シリーズが、遂に「日本」でも待望のリスタートを切り、翌年の2015年SPLING/SUMMERシーズンから「ASICS Tiger(アシックスタイガー)」の名を冠し、ヘリテージモデルの復刻から最新テクノロジーを融合したエボリュ―ションモデルまで、幅広いラインナップを従えてブランドリローンチを開始。

更に同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る「GEL-LYTE III(ゲルライト3)」が、2015年に"25th ANNIVERSARY(25周年)"を迎え「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「GEL-LYTE III "TRICO"(ゲルライト3トリコ)」を皮切りに世界連動の「Monthly Collaboration Project(マンスリーコラボレーションプロジェクト)」がスタートし、世界を席巻しました。

「ASICS Tiger」の中でもコアな人気を誇る「GEL-MAI(ゲル舞)」の初復刻にフックし、各リージョンのキーアカウントとのコラボレートプロジェクト第2弾として「イタリア」のストリートカルチャーを牽引する最重要ショップである「SLAM JAM(スラムジャム)」が提案するエクスクルーシブモデルがゲリラリリース決定。

1999年にリリースされた名作「GEL-MAI」は「前足部」から「後足部」に掛けてアシンメトリーな「アイレットステー」を採用し、血管が集中する足の甲に掛かる無駄な負荷を軽減させる為に「シューレース」を「アッパーサイド」に配置。

更に「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れ、長期に亘っての「安定性」を維持出来る「GEL(ゲル)」ユニットを搭載した「成型ミッドソール」を採用する事で「クッショニング性」を飛躍的に向上させる等、当時の考えられる最新テクノロジーを高次元で融合し具現化。

しかし、その先鋭的な「デザイン性」が故に保守的なユーザーからは賛否両論な意見が出る中、ファッションコンシャスなスニーカーヘッズからは絶大な人気を博し「asics」の名品として語り継がれる事となります。

そんな逸話を持つエポックメイキングをベースに通称"ANGLE PACK(アングルパック)"と呼ばれる今作のコラボレートモデルは"ANGLE(角度)"をテーマに掲げ、カラーリングやマテリアルをピックアップ。

「アッパー」には「耐久性」に優れた「リップストップナイロン」をベースに使用し、ミニマムな「ブラック」をベースに「ブルー」と「ピンク」の差し色を効果的に組み合わせながら、夜間の「視認性」に特化する「リフレクター(反射材)」を細部に配置する等、その独創的な世界観を表現。

また「ミッドソール」にはパフォーマンスシューズ「fuzeX(フューズエックス)」にも採用され「GEL」の機能を進化させた「軽量衝撃緩衝材」である「fuzeGEL(フューズゲル)」を搭載する事で実用的なアップデートを加えています。

更に「アッパー」や「インソール(中敷き)」には「asics」と「SLAM JAM」の「ロゴマーク」を配置し「エクストラシューレース」として「ドローコード」が付属する等、エクスクルーシブモデルならではのディテールを細かな部分まで反映。

タウンユースモデルとして、モダンなエレベートを施しながら「ASICS Tiger」の新たなスタンダードモデルとして期待を集める逸足に「SLAM JAM」ならではのアプローチを示した今作を足元から体感して見て下さい。

GEL−MAI

通常価格¥ 18000(税抜)

販売価格¥ 18,000(税抜)

品番H74NQ-9090

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands