特集ページ
HOME アディダス adidas

アディダス adidas YUNG-1 DB "DRAGON BALL Z / FRIEZA" O.WHT/PPL/PNK

常にアスリートの意見に耳を傾ける事で様々なアイデアをインプットし、それを具現化する確かな技術力によって革新的なプロダクトを生み出し続ける「adidas(アディダス)」。

スポーツに尽力するアスリートをサポートするだけで無く、プロダクトを通し関わる全ての人とコミュニケーションを取る事で、スポーツそのものの発展に多大な影響を及ぼして来ました。

スポーツの根本とも言える、走る事に対する情熱は現在も冷める事が無く「創造性」と「機能性」を兼備したパフォーマンスシューズを携え、プロダクトカンパニーとして常に市場を活性化させています。

「ADOLF DASSLER(アドルフダスラー)」が築き上げ、引き継がれた「adidas」の栄光と挫折の歴史は、ランニングシューズと共に歩んで来たと言っても過言ではありません。

「ドイツ」を拠点する「adidas」が「日本」のシリアスランナーに向けて開発し、2005年に発表した「ADIZERO(アディゼロ)」シリーズを始め、六年もの開発期間を経て過酷な環境下でも形状変化が見られない「ハイテクポリマー」素材の「BLADE(ブレード)」を搭載した「SPRINGBLADE(スプリングブレード)」そして、2013年に新しい素材の成型方法に着目する事で誕生し、相反する「クッション性」と「反発性」の兼備によって弾む様な推進力を生み続ける「BOOST(ブースト)」シリーズがリリースされる等、近年だけでも革新的なランニングシューズを数多く発表し続けています。

そんな同ブランドから、1997年にパフォーマンスシューズとしてリリースされた「FALCON DORF(ファルコンドーフ)」からインスピレーションを受けて現代に再生したニューモデル「YUNG-1(ヤング1)」からシーズンスポットカラーがリリース。

1997年に革新的な長距離用のランニングシューズとして開発され「軽量性」と「耐久性」を兼ね備えた「シンセティックスウェード」や「シンセティックレザー」そして「通気性」に優れた「ナイロン」のコンビネーションを採用しながら「軽量性」と「クッショニング性」を兼備した「EVA(エチレンビニルアセテート)」や「モーションコントロール性」を提供してくれる「TORSION SYSTEM(トルションシステム)」を「ミッドソール」に搭載し、多くのシリアスランナーからの高い評価を獲得した「FALCON DORF」。

そんな名作をベースに2018年スニーカーシーンのキーワードとされるチャンキーなシルエットを「adidas」独自のデザインでモダンに再構築させた今作は「ソールユニット」に、精度を高めた「EVA」と「TORSION SYSTEM」を搭載しています。

そんなエレベートモデルに、1984年に「鳥山 明(トリヤマアキラ)」氏によって「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートし、単行本は全世界累計で2億5000万部が発行され「日本」以外でも80カ国以上でアニメ漫画が放映される等、世界中に多くのファンを持つ「DRAGON BALL(ドラゴンボール)」シリーズの主人公「孫 悟空(ソンゴクウ)」と幾度と無く死闘を繰り広げ、高い人気を誇るキャラクター「FRIEZA(フリーザ)」から着想を得て具現化。

「アッパー」マテリアルには「ピッグスキンスウェード」「シンセティックスウェード」「リフレクター(反射材)」「コーデュロイ」「ナイロン」を巧みに散りばめながら、デザインソースを表現した「オフホワイト」に「パープル」や「ピンク」を配し、キャラクターの雰囲気を体現。

「インソール」には「DRAGON BALL Z(ドラゴンボールゼット)」の「ロゴマーク」と「DRAGON BALL」シリーズ特有の「フォント」で表現された「adidas Originals (アディダスオリジナルス)」が配される等、スペシャルモデルならではのディテールを魅せています。

「adidas」が持つアーカイブをこれまでとは異なる視点から着目し、その歴史を紐解きながら最新テクノロジーを融合してライフスタイルスニーカーへとブラッシュアップした「YUNG-1」。

現代を象徴するプロダクトに「DRAGON BALL」シリーズならではの世界観を投影させた今作をチェックして見て下さい。

YUNG-1 DB

通常価格¥ 22000(税抜)

販売価格¥ 22,000(税抜)

品番D97048

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands