特集ページ
HOME サイズで探す ビッグサイズ 29cm以上

ミズノ MIZUNO CITY WIND "LIMITED EDITION" WHT/RED/GRY

1906年に創業者「Norihachi Mizuno(水野 利八)」氏がスポーツ用具店「水野兄弟商会(ミズノキョウダイショウカイ)」を開業した事でその歴史をスタート。

洋品雑貨や野球ボール等を販売しながら運動服装オーダーメイドを開始し、1913年に野球グラブや野球ボールの製造を自社で開始した事により、様々なスポーツギアの製造販売に注力。

1942年には社名を現在の「Mizuno(美津濃)」へと変更し現在に至ります。

創業から112年が経過した現在も技術革新とクラフトマンシップを融合し、伝統の中で生まれて来たプロダクトに現代的な解釈を込めて作り上げる事を創業理念として守り続け、開発されたプロダクトは多くのアスリートから信頼を得るだけでは無く一般のライトユーザーにまで拡がり、今や日本が世界に誇るスポーツブランドの一つとして確固たる地位を築き上げています。

また、2016年には革新の伝統の中で誕生したプロダクトに現代的な解釈を込めて作り上げたSports Style(スポーツスタイル)カテゴリー「Mizuno 1906(ミズノ1906)」そして、2018年には未来に向けて統一されたビジョンを展開し、様々なプロジェクトを通して新しい価値を創造をして行ける世界中のキーアカウントとパートナーシップを構築して行きたいと言う想いを元に日本語の"家族"から命名されたグローバルプロジェクト「Kazoku(カゾク)」が始動。

世界連動プロジェクトのトップバッターとして「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との初コラボレートモデル「Wave Rider 1 "No Border"(ウエーブライダー1ノーボーダー)」が瞬く間に完売になる等、スニーカーシーンに新風を巻き起こしています。

そんな世界連動プロジェクトから復刻を遂げた1989年リリースのテニスシューズ「City Wind OG(シティウィンドオリジナル)」をベースにしたインラインモデル「City Wind(シティウィンド)」のシーズナルカラーがリリース決定。

1970年代、まだテニスは敷居が高く堅苦しいイメージが定着していた為、同カテゴリーに於ける市場は停滞。

しかし、気軽に競技を取り組める公営施設の充実や初心者でも楽しむ事が出来るラケットの開発によって環境が急速に変化し、競技人口も拡大した事で瞬く間に人気スポーツへと発展。

市場動向の変化によってRunning(ランニング)カテゴリーに向けて開発されたテクノロジーや、他のスポーツ分野で培ったノウハウをTennis(テニス)カテゴリーに流用する動きが活性化され、テニスに於けるスポーツブランドの競争は更に激化して行く事になります。

そんな人工芝・ハードコート・グレーアンツーカ等、プレイするコート別に「ソールユニット」の機能を追求していた時代に於いて、画期的なオールコート用テニスシューズとして登場した「City Wind」。

オリジナル当時の「アッパー」には、足馴染みが良い「レザー」を使用しながら「ミッドソール」には「軽量性」と「クッショニング性」に優れた「EVAミッドソール(エチレンビニルアセテート)」を搭載しつつ「安定性」と「耐久性」を両立させる「ハーフシェル構造」や屈曲による「前足部」のソール剥がれをカバーする「オパンケ製法」を採用。

様々なコート上でのプレイを想定して作り上げられた逸足はパフォーマンスシューズとしてトップアスリートからジュニア世代に至るまで多くのテニスプレイヤーから支持を集めました。

今作は「アッパー」に「耐久性」と「軽量性」を兼備した「シンセティックレザー」を使用し「Runbird Line(ランバードライン)」や「ヒールパッド」に光沢感のある「シンセティックレザー」を用いながら、カラーリングにはクリーンな「ホワイト」ベースに鮮やかな「レッド」を差し色として配し、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで、幅広くフィットするモデルになっています。

スポーツの分野に於いて100年以上に亘って革新的な取り組みを進め、スポーツスタイルに於いても次の時代をリードする存在として注目を集める「Mizuno」。

そんな日本が誇るスポーツブランドのエポックメイキングを足元から体感して見て下さい。

CITY WIND

通常価格¥ 12000(税抜)

販売価格¥ 12,000(税抜)

品番D1GA191762

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands