特集ページ
HOME ナイキ NIKE

ナイキ NIKE AIR MAX TRIAX 96 SP SAFARI/THERMAL GREEN-LT CHOCOLATE-BLACK-AMARILLO-WOLF GREY

1978年「Nike(ナイキ)」が誇る革新的なクッショニングシステム「Air(エア)」を初搭載した「Tailwind(テイルウィンド)」からスタートした「Air」の系譜。

そのテクノロジーは他のスポーツカテゴリーでも活用され「Air Force 1(エアフォース1)」を始め、様々な名作を世に送り出しました。

1987年に「Air」のビジブル化に成功した初代「Air Max 1(エアマックス1)」がリリースされ、その後も「Air Max(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生み出した「Air Max 95(エアマックス95)」や「ミッドソール」を「360°Air(360度エア)」で包み込んだ「Air Max 360(エアマックス360)」その後も毎年ニューモデルが発表され「Nike」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

2015年には、初代「Air Max 1」のテレビコマーシャルが解禁され一般公開となった3月26日を祝うAir Max Day(エアマックスデー)がスタートし、同シリーズのプロトタイプとしてスケッチが残されていた「Air Max Zero QS(エアマックスゼロクイックストライク)」が登場し、2017年には長年に渡るチャレンジにより飛躍的な進化を遂げて遂に完成した「Air Vapormax Flyknit(エアヴェイパーマックスフライニット)」が満を持してローンチ。

そして、2018年にはライフスタイルシーンに向けて新規開発された「Air」ユニットを搭載した「Air Max 270(エアマックス270)」、2019年には更なる進化を遂げた「Air Max 720(エアマックス720)」が登場し、世界的に「Nike」のイノベーティブな姿勢を提示しました。

そんなシリーズから派生した「Air Max Triax(エアマックストライアックス)」の三代目として1996年にリリースされ、2019年に復刻を果たした「Air Max Triax」のニューカラーがリリース決定。

1994年にスタートした「Air Max Triax」シリーズは「衝撃吸収性」「安定性」「軽量性」のバランスを最適化したランニングシューズとして発表され、その"Triple Axis(三つの軸)"を由来にして造語である"Triax(トライアックス)"の名が冠されました。

流線型のデザインやレイヤードを駆使する事でスピード感を表現しながら「ソールユニット」には「Air」の範囲を拡大し「クッション性」と「スタビリティ性」をチューニングした「Visible Air(ビジブルエア)」を搭載。

またアトランタオリンピックに向けてリリースされた通称"USA(ユーエスエー)"カラーが登場する等、様々なカラーウェイで当時のスニーカーファンを惹き付けました。

今作のリイシューモデルは1996年にリリースされたオリジナルディテールを可能な限り再現しつつ、カラーリングには日本の陸上自衛隊が使用する「Camouflage Pattern(迷彩柄)」を全体に配しながら、マテリアルには「リップストップナイロン」を使用。

更に「シュータンラベル」のデザインにアレンジを加える等、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルになっています。

イノベーションカンパニーとしての「Nike」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、復刻を遂げた「Air Max Triax」。

ヒストリーを紐解きながら進化の歴史を再生する今作を足元から体感して見て下さい。

AIR MAX TRIAX 96 SP SAFARI/THERMAL GREEN-LT CHOCOLATE-BLACK-AMARILLO-WOLF GREY

通常価格¥ 14000(税抜)

販売価格 ¥ 14,000 (税抜)

品番CT5543-300

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands