特集ページ
HOME ニューバランス new balance

ニューバランス new balance CT288 "LIMITED EDITION" BL

1906年に「アメリカ/ボストン」で「アーチサポートインソール」や偏平足等を治療する"矯正靴"の製造メーカーとして、その長い歴史をスタートさせた「new balance(ニューバランス)」。

クラフトマンシップやヘリテージと言ったブランド本来の魅力を体現する「1000」「900」「500」シリーズは「new balance」のアイコニックな3本柱として多くのユーザーから愛され続けるだけでは無く、普遍的な価値と魅力を保ちながらスポーツブランドとして培ったテクノロジーを融合し、コンテンポラリーなエレベートを施す事で新たな展開を魅せています。

そんな「new balance」が2016年に"110th ANNIVERSARY(110周年)"の節目を迎え、クラフトマンシップを体現しながら真摯な姿勢で作り上げた「made in U.S.A.(メイドインUSA)」「made in ENGLAND(メイドインイングランド)」そして、スポーティンググッズの世界で培ったテクノロジーを実用的に反映した「made in ASIA(メイドインアジア)」のプロダクトを通し"made.(メイド.)"と言うキーワードと共に世界中のユーザーにブランドフィロソフィとフューチャークラシックを伝えて行きます。

1970年代のテニスを取り巻く環境は敷居が高く、堅苦しいイメージが定着していた為にスポーツブランドに於ける「TENNIS(テニス)」カテゴリー市場は停滞。

しかし、気軽にプレーが出来る公営施設の充実や初心者でも楽しむ事が出来るラケットの開発と進化によって市場動向が急速に変化し、競技人口も拡大した事で瞬く間に人気スポーツへと発展。

そんな市場拡大に伴って、ランニングシューズに採用する為に開発されたテクノロジーや培ったノウハウを「TENNIS」カテゴリーに流用する動きも見られ、同カテゴリーに於けるスポーツブランドの競争は更に激化して行く事になります。

そんな大きな時代の流れと共に「new balance」も最新のテクノロジーを搭載したテニスシューズの開発に着手。

そして、1979年にランニングシューズの開発に於けるテーマとして掲げて来た「フィッティング性」と「コンフォート性」や「安定性」そして「耐久性」を新たな試みとしてテニスシューズに用いて誕生した「CT300」は、複雑な動きを必要とするテニスプレーヤーを納得させる革新的なプロダクトとして高い人気を誇りました。

そんな「TENNIS」カテゴリーを代表する名作の後継モデルとして1992年にリリースされていた「CT288」をベースに「アッパー」をフットボールスパイクのデザインへ変更しながら、タウンユース仕様へとブラッシュアップが施されたニューモデルがリリース決定。

今回リリースされるシーズナルカラーはシンプルなワントーンカラーを用いた「アッパー」に、高級感の漂う上質な「ピッグスキンスウェード」を使用しながら「ソールユニット」には「グリップ性」に優れた「ガムソール」を採用。

オリジナルモデルのスポーティーなイメージはそのままに、シーズナルプロダクトならではのブラッシュアップを施しています。

伝統と歴史を紐解きながら「ヘリテージ性」を尊重しつつ「new balance」のブランドフィロソフィを継承した「CT288」。

その歴史の重みを継承した名作にコンテンポラリーなアップデートを施した今作を是非、この機会に堪能して見ては如何でしょうか。

CT288

通常価格¥ 12000(税抜)

販売価格¥ 12,000(税抜)

品番CT288-BL

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands