特集ページ
HOME ナイキ NIKE

"HALLOWEEN PURGE PACK" "LIMITED EDITION for NSW"

ナイキ NIKE AIR FORCE 1 '07 PRM 2 BLACK/BLACK/TEAM ORANGE

1982年にリリースされて以来、色褪せる事が無くスニーカーシーンを牽引し続ける「Nike(ナイキ)」不朽の名作「Air Force 1(エアフォース1)」。

バスケットボールのバックボーンを踏まえながら様々なストリートカルチャーと共に時代を歩みつつ吸収する事で、常に新たな魅力を構築し続けながらアーティスト・アパレルブランド・スニーカーショップとのスペシャルメイクアップモデルやサブカルチャーをフィーチャーしたパッケージをリリースする事で着実に進化を遂げ、スニーカーの代名詞へと昇華。

2007年の25th Anniversary(25周年)には、アップデートを施しながら「Nike Icons(ナイキアイコン)」としてリスタートを図り、その後の30th Anniversary(30周年)を迎えた2012年には「Air Force 1」を体現するキーパーソンとして欠かす事の出来ない人物「Bobbito Garcia(ボビートガルシア)」氏が来日。

ストリートカルチャーと常に密接な関係を築きながらファッションシーンに於いても多大な影響を与えて来たその歴史を集約するムービー作品、Anatomy of an Urban Legend(アナトミーオブアンアーバンレジェンド)や「Bobbito Garcia」氏が制作に携わりニューヨークのストリートバスケットカルチャーの歴史を切り取ったドキュメンタリーであるDoin' It In The Park(ドゥーインイットインザパーク)を発表。

2017年に35th Anniversary(35周年)の節目を迎え、王道のスタンダードモデル・上質のプレミアムモデル・進化のエレベートモデル・実用のユーティリティモデルを携えつつ、アニバーサリーモデルや世界各国のキーパーソンとのコラボレートモデルが発表される等、常に歩みを止める事無くBasketball(バスケットボール)カテゴリーのエポックメイキングとして確固たる地位を築いています。

そんな「Air Force 1」から日本限定のシーズナルモデルがゲリラリリース決定。

毎年10月31日にお化けや魔女等に仮装した子供達がカボチャの中身を刳り抜き、その中に蝋燭を灯したジャックオーランタン(カボチャお化け)を持ってトリックオアトリート(お菓子をくれなきゃ悪戯するぞ)と唱えながら、近所を訪ね歩くと言った民間行事として定着したHalloween(ハロウィン)。

近年ではHalloweenの仮装と日本のコスプレ文化がマッチした事で独自の進化を果たし、其々が仮装をして集まる一大イベントとして毎年賑わいを見せています。

そんなイベントが終了した後に有志で集まった人達がコミュニティを形成し、街に溢れるゴミを清掃すると言う渋谷独自の文化が注目を集めています。

通称"Halloween Purge Pack(ハロウィンパージパック)"と呼ばれる今作は、そんな独自のスタイルを形成する"Shibuya Halloween(シブヤハロウィン)"をテーマに掲げ、カラーリングには「オレンジ」と「ブラック」を配しながら「アッパー」マテリアルには透明な「トランスルーセントTPU(熱可塑性ポリウレタン)」「シュリンクレザー」「パテントレザー」「リフレクター(反射材)」を使用し、清掃の際に汚れが付着し辛い素材をチョイスする事で"The Protection Gear(足を守る為のギア)"と言うメッセージが込められています。

また「ヒール」には"Shibuya"を意味する"SBY"のフォントと"渋谷の街並み"を組み合わせた「グラフィック」が「刺繍」で配され、あらゆる世代のマスターピースとして愛され続ける独創的なシルエットはそのままにシーズナルプロダクトならではのブラッシュアップを施しています。

アニバーサリーイヤーを経過する毎に、更なる飛躍と進化を魅せる「Air Force 1」。

「地域性」を反映しながら、新たなストーリーを体現する今作を足元から体感して見て下さい。

AIR FORCE 1 '07 PRM 2 BLACK/BLACK/TEAM ORANGE

通常価格¥ 14000(税抜)

販売価格 ¥ 14,000 (税抜)

品番CT1251-006

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands