特集ページ
HOME アディダス adidas

アディダス adidas SAMBA CLASSIC OG "LIMITED EDITION" O.WHT/RED/GRY/GLD/GUM

常にアスリートの意見に耳を傾ける事で様々なアイデアをインプットし、それを具現化する確かな技術力によって革新的なプロダクトを生み出し続ける「adidas(アディダス)」。

スポーツに尽力するアスリートをサポートするだけで無く、プロダクトを通し関わる全ての人とコミュニケーションを取る事で、スポーツそのものの発展に多大な影響を及ぼして来ました。

スポーツの根本とも言える、走る事に対する情熱は現在も冷める事が無く「創造性」と「機能性」を兼備したパフォーマンスシューズを携え、プロダクトカンパニーとして常に市場を活性化させています。

「ADOLF DASSLER(アドルフダスラー)」が築き上げ、引き継がれた「adidas」の栄光と挫折の歴史は、ランニングシューズと共に歩んで来たと言っても過言ではありません。

「ドイツ」を拠点に数多くの名作ランニングシューズを生み出して来た「adidas」が「日本」のシリアスランナーに向けて開発し、2005年に発表された「ADIZERO(アディゼロ)」シリーズや、6年もの開発期間を経て、マイナス20度から灼熱な40度の環境下でも形状変化が見られない「耐久性」に優れた「ハイテクポリマー」素材の「BLADE(ブレード)」を搭載した「SPRINGBLADE(スプリングブレード)」そして、2013年に新しい素材の成型方法に着目する事で誕生し、高次元の「クッション性」と「反発性」によって弾む様な推進力を生み続け、過酷な環境下でも形状変化が見られない「耐久性」を誇る「BOOST(ブースト)」シリーズがリリースされる等、近年だけでも革新的なランニングシューズを数多く発表し続ける事で話題を集めています。

そんな同ブランドから1962年にリリースされ「FOOTBALL(フットボール)」のトレーニングシューズとしてシェアを獲得した「SAMBA(サンバ)」のシーズナルモデルがリリース。

トレーニング中に起こり得る様々な問題を考慮してデザインされた特徴的な「シュータン」デザインを用いながら「グリップ性」と「軽量性」を兼備した「ソールユニット」を採用し「ヒールパッチ」には「スリーストライプス(3本線)」を表現した「エンボス加工」と「ステッチワーク」など「adidas」らしいディテールが詰め込まれた一足。

更にスポーツの分野以外にも「アメリカ」に端を発したヒップホップやスケートボードと言ったサブカルチャーとも密接にリンクした「SUPER STAR(スーパースター)」や「CAMPUS(キャンパス)」に対して「イギリス」から「ヨーロッパ」各都市に拡がり独創的な進化を遂げたサブカルチャーの住人達からの根強い支持を誇り、その歴史は現在進行形で刻まれています。

2018年に開催される世界的な「FOOTBALL」の祭典「RUSSIA WORLD CUP(ロシアワールドカップ)」にて決勝戦の舞台となる「ロシア/モスクワ」の「LUZHNIKI STADIUM(ルジニキスタジアム)」から着想を得た今作は、シンプルな「オフホワイト」に鮮やかな「レッド」を配色。

「ヒール(踵)」や「インソール(中敷き)」には「モスクワ」を象徴し、クレムリンの尖塔を飾る「五芒星(五角星)」からインスパイアされた「グラフィック」を配しています。

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり「adidas」を語る上で決して欠かす事の出来ない要素である「FOOTBALL(フットボール)」カテゴリーの歴史を物語るプロダクト「SAMBA」。

そのアイデンティティを継承しながら、地域にフォーカスするストーリーテリングを用いた今作を足元から体感して見て下さい。

SAMBA CLASSIC OG

通常価格¥ 15000(税抜)

販売価格¥ 15,000(税抜)

品番CQ2216

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands