特集ページ
HOME アディダス adidas

"LIMITED EDITION for CONSORTIUM"

アディダス adidas EQT SUPPORT MID MMW "MASTERMIND WORLD" BLU/WHT

常にアスリートの意見に耳を傾ける事で様々なアイデアをインプットし、それを具現化する確かな技術力によって革新的なプロダクトを生み出し続ける「adidas(アディダス)」。

スポーツに尽力するアスリートをサポートするだけで無く、プロダクトを通し関わる全ての人とコミュニケーションを取る事で、スポーツそのものの発展に多大な影響を及ぼして来ました。

スポーツの根本とも言える、走る事に対する情熱は現在も冷める事が無く「創造性」と「機能性」を兼備したパフォーマンスシューズを携え、プロダクトカンパニーとして常に市場を活性化させています。

「ADOLF DASSLER(アドルフダスラー)」が築き上げ、引き継がれた「adidas」の栄光と挫折の歴史は、ランニングシューズと共に歩んで来たと言っても過言ではありません。

そんな同ブランドに於いて、世界中に拡がるスニーカーショップを結び付けスニーカーを中心に相互関係を構築する事を目的とし"CONSORTIUM(共同体)"と言う名称と"SHAKE HANDS(握手)"のアイコンを採用した「adidas Originals(アディダスオリジナルス)」の最上級プロダクトを展開する「CONSORTIUM(コンソーシアム)」。

2016年には世界中の厳選されたパートナーのショップを巡るグローバルプロジェクト「Consortium Tour(コンソーシアムツアー)」、そして2017年に新たなプロジェクトとして親交の深いパートナー同士が独自のストーリーとデザインコンセプトを持ち寄り具現化させる「Sneaker Exchange(スニーカーエクスチェンジ)」が始動し、大きな話題を集めまています。

そんな「CONSORTIUM」より、1998年にデザイナーである「本間 正章(ホンママサアキ)」氏によりコレクションがスタートし"日本製のラグジュアリーなリアルクローズ"を提案し続け、他に類を見ない上質なクオリティーを誇ると共にブランドアイデンティティが色濃く落とし込まれたプロダクトで世界中のファンを魅了する「mastermind JAPAN(マスターマインドジャパン)」のアイデンティティを受け継ぎながら、グローバルへの発信を目的として新たに誕生した「MASTERMIND WORLD(マスターマインドワールド)」が提案するエクスクルーシブモデルがリリース決定。

栄光と挫折の歴史を繰り返し進化を遂げ「adidas」発祥の地「ドイツ」に於いて今も尚、スニーカーフリークからの圧倒的な支持を集め続け「ヨーロッパ」を中心に世界中に多くのファンを持つ定番シリーズとして君臨する「EQT(エキップメント)」シリーズ。

その当時、同シリーズは"BEST OF adidas(ベストオブアディダス)"として位置付けられ、最新テクノロジーを搭載した各カテゴリーに於ける最高機種にのみ採用された「EQUIPMENT LOGO(現パフォーマンスロゴ)」を使用し、ランニングシューズのみならずカテゴリーの枠を超えて数多くの名作と呼ばれるプロダクトを生み出しました。

1988年に開発がスタートした「TORSION SYSTEM(トルションシステム)」は"I WANT.I CAN.(アイウォントアイキャン)"のキャッチコピーを掲げて登場。

1990年代に入ると様々なランナーやランニングスタイルに対応すべく"SUPPORT(サポート)" "CUSHION(クッション)" "GUIDANCE(ガイダンス)"の3つのコンセプトに区分され、それぞれに特化した進化の過程を歩んで行く事となります。

その進化の過程に於いて「ZX(ゼットエックス)」シリーズのデザインコンセプトを継承した「EQT RUNNING SUPPORT(エキップメントランニングサポート)」「EQT RUNNING CUSHION(エキップメントランニングクッション)」「EQT RUNNING GUIDANCE(エキップメントランニングガイダンス)」の3モデルが、1990年代前半に「EQT」シリーズからリリース。

"RUNNERS. YEAH WE'RE DIFFERENT.(ランナーズイエーイウィアーディファレント)"をキャッチコピーにしてリリースされたこれらのパフォーマンスモデルは「adidas」が誇る最新テクノロジーを結集させた「機能性」は勿論の事「ZX」シリーズから受け継いだ「デザイン性」で「ヨーロッパ」を中心に拡がりを魅せ「日本」でも徐々に人気を獲得し、シリアスランナーからスニーカーヘッズまで幅広く愛される「adidas」のブランドフィロソフィを継承した名作として現在も語り継がれています。

2016年には1991年にスタートした「EQT」シリーズの生誕"25th ANNIVERSARY(25周年)"を記念したプロダクト「EQT SUPPORT ADV 910(エキップメントサポートアドバンス910)」が「CONSORTIUM」より全世界9店舗のみでゲリラリリースされ、2017年には現在進行形のニューモデルがラインナップされる等、注目度は増しています。

「ZX9000(ゼットエックス9000)」のコンセプトを踏襲し、1991年に「サポート性」に特化したランニングシューズとして開発された名作「EQT RUNNING SUPPORT」のDNAを継承しながら現代解釈で再構築を施した「EQT SUPPORT FUTURE(エキップメントサポートフューチャー)」のデザインをベースに、ミッドカットバージョンへと進化を遂げた「EQT SUPPORT MID(エキップメントサポートミッド)」を採用した今作は「アッパー」に「シーム(継ぎ目)」を極力排除する事で足当たりを改善するシームレス仕様の新素材「CIRCULAR KNIT(サーキュラーニット)」を採用し優れた「フィット性」を提供すると共に、独創的な立体感と美しいシルエットを描いています。

そして「ミッドソール」には「E-TPU(発泡熱可塑性ポリウレタンビーズ)」を1度発泡させてから成形すると言う新しい素材の成型方法に着目する事で誕生し、飛躍的な「軽量性」と優れた「クッション性」そして、強烈な「反発性」が弾む様な推進力を生み続け、更に過酷な環境下でも形状変化が見られない「耐久性」を誇る「BOOST FORM(ブーストフォーム)」を搭載しつつ「アウトソール」には「クッション性」が必要な箇所は粗く「安定性」が必要な箇所は細かい網目を施した「ストレッチウェブアウトソール」を採用しています。

「MASTERMIND WORLD」のアイデンティティを反映させた今作は"LOVE&PEACE"や"死ぬまで夢を諦めない"と言った様々な思いが込められたブランドアイコン"スカル(骸骨)"を組み合わせた「MASTERMIND WORLD」の「ロゴマーク」を「デュブレ(シューレースアクセサリー)」「サイドパネル(内側)」そして「インソール(中敷き)」に配置し「CONSORTIUM」プロジェクトならではのディテールワークを魅せています。

「adidas」を語る上で決して欠かす事の出来無い要素である「RUNNING」カテゴリーの歴史を紐解きながら、現カテゴリーの壁を排除し蘇った「EQT」シリーズ。

その歴史の重みを継承しながら現代のテクノロジーで紡ぎ上げた渾身のプロダクトに「MASTERMIND WORLD」のエッセンスを反映した今作を足元から体感して見て下さい。

EQT SUPPORT MID MMW

通常価格¥ 28000(税抜)

販売価格¥ 28,000(税抜)

品番CQ1825

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands