特集ページ
HOME ナイキ NIKE

"RED CEMENT" "MICHAEL JORDAN"

ナイキ NIKE JORDAN 3 RETRO SE TD VARSITY RED/VARSITY RED/CEMENT GREY/BLACK

ある人は"彼はマイケルジョーダンの姿をした神"だと表現し、並外れた身体能力が生み出す彼の滞空時間の長さから"Air(エア)"の異名を持つ等、世界最高峰のアメリカプロバスケットボールリーグであるNBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)史上、最も愛されているリビングレジェンド「Michael Jordan(マイケルジョーダン)」氏。

「Air Jordan(エアジョーダン)」シリーズの初代である「Air Jordan 1(エアジョーダン1)」のリリースから2020年で生誕35周年を迎え、シグネチャーモデルとしてだけでは無く「Jordan Brand(ジョーダンブランド)」として不動の地位を確立しています。

そんな益々の盛り上がりを魅せる歴代「Air Jordan」シリーズの中でも世代を問わずスニーカーヘッズからのプロップスを集める「Air Jordan 3(エアジョーダン3)」のテイクダウンモデル「Jordan 3 Retro SE TD(ジョーダン3レトロシーズンエディショントドラー)」からシーズナルカラーがリリース。

1988年にシューズデザイナー「Tinker Hatfield(ティンカーハットフィールド)」氏によりデザインされ「Air Jordan」シリーズでは初となる「Visible Air(ビジブルエア)」を搭載しながら"夕日をバックにマイケルジョーダンがダンクをする姿"を象った「Jumpman Logo(ジャンプマンロゴ)」を初めて使用した歴史的名作。

1988年に開催されたNBAオールスターゲームにて、スラムダンクコンテスト受賞やMVP獲得など、数々の偉業を成し遂げたシーズンに着用し、世界規模のムーブメントを巻き起こした事でも有名です。

また1989年に公開されブルックリンを舞台に人種間の凄絶な戦いを通して、人種差別を描いたDo The Right Thing(ドゥーザライトシング)など、ブラックカルチャーの旗手として注目を集めた映画監督「Spike Lee(スパイクリー)」氏をPRキャラクターに採用した事でその人気は更に飛躍。

近年リリースされて来た復刻モデルの「ヒール(踵)」には「Jumpman Logo」を採用していましたが、オリジナルスペックである「Nike Air Logo(ナイキエアロゴ)」を再現したモデルがリリースされる等、その人気は衰える事を知りません。

通称"Red Cement(レッドセメント)"と呼ばれる今作は2020年にNBAオールスターゲームが開催されるシカゴを本拠地とするChicago Bulls(シカゴブルズ)のチームカラーから着想を得ながら「ヒール(踵)」にはオリジナルモデル同様のスペックである「Nike Air Logo(ナイキエアロゴ)」を再現する等、大事なお子様に快適な時間を提供する為のご自宅用は勿論、贈答用としても幅広くフィットするモデルとなっています。

誕生から記念すべき35周年を迎えた今も常に歩みを止めず常に新たな進化を魅せる「Jordan Brand」。

そんなシグネチャーモデルアイコンのフィロソフィを受け継ぎ、名作の存在意義を次世代にエデュケーションする今作をチェックして見て下さい。

JORDAN 3 RETRO SE TD VARSITY RED/VARSITY RED/CEMENT GREY/BLACK

通常価格¥ 6000(税抜)

販売価格 ¥ 6,000 (税抜)

品番CQ0489-600

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands