特集ページ
HOME リーボック Reebok

リーボック Reebok CLUB C 85 WOS "WALK OF SHAME" O.WHT/SAX

1982年にリリースされ、空前のエアロビクスブームと相俟って爆発的なヒット商品となった「FREE STYLE(フリースタイル)」を皮切りに「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を搭載した「INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)」や「AIR CHAMBER(エアチェンバー)」内の空気が体重の移動によって流動する事でスムーズな足運びをサポートすると共に、類い稀な「反発性」と「クッショニング性」を発揮する「DMX(ディーエムエックス)」等、各時代ごとに新たなコンセプトやテクノロジーを搭載したニューモデルを発表し、其々のフィールドに送り出して来た「Reebok(リーボック)」。

前衛的で画期的なプロダクトを数多く市場に投下すると共に、様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、スポーツとファッションの架け橋としても重用な役割を担って来ました。

そんな「Reebok」から「TENNIS(テニス)」カテゴリーに於ける名作「CLUB C(クラブシー)」をベースに、2011年に「ANDREY ARTYOMOV(アンドレイアルティモフ)」氏により設立され「ロシア/モスクワ」を拠点に活動する新進気鋭ブランド「WALK OF SHAME(ウォークオブシェイム)」が提案するエクスクルーシブモデルがゲリラリリース決定。

1970年代、まだテニスは敷居が高く堅苦しいイメージが定着していた為、同カテゴリーに於ける市場は停滞。

しかし、気軽に競技を取り組める公営施設の充実や初心者でも楽しむ事が出来るラケットの開発によって環境が急速に変化し、競技人口も拡大した事で瞬く間に人気スポーツへと発展。

市場動向の変化によって「RUNNING(ランニング)」カテゴリーに向けて開発されたテクノロジーや、他のスポーツ分野で培ったノウハウを「TENNIS」カテゴリーに流用する動きが活性化され、テニスに於けるスポーツブランドの競争は更に激化して行く事になります。

そして「Reebok」は、1985年にテニス専用コートシューズ「CLUB C」をリリース。

リリース当初は「CLUB CHAMPION(クラブチャンピオン)」と呼ばれ「ガーメントレザー」を使用する事によって高い「フィッティング性」を確保しながら、高水準の「グリップ性」に加え「クッショニング性」を向上させる「EVA(エチレンビニルアセテート)フォーム」を組み込む事で、複雑な動きを必要とするテニスプレイヤーを納得させる革新的なプロダクトとして高い評価を獲得。

またテニスシーンだけでは無く、そのミニマムなシルエットからタウンユースでも多くのファンを魅了し、その後に誕生する名作達への礎を築きました。

時を経た2016年には「Reebok」が独自の視点で厳選した世界中のキーアカウントで構成する「CERTIFIED NETWORK(サーティファイドネットワーク)」から"YEAR OF COURT(イヤーオブコート)"と題した世界連動プロジェクトが始動し、大々的にフィーチャー。

そんな名品をベースにした今作のコラボレートモデルは「アメリカ」を代表する映画監督「DAVID LYNCH(デヴィッドリンチ)」氏と「MARK FROST(マークフロスト)」氏により手掛けられ作品としてテレビドラマや映画で人気を博した「Twin Peaks(ツインピークス)」からインスパイアされ具現化。

カラーリングを「オフホワイト」で統一しながら「アッパー」マテリアルには質感に拘った「スムースレザー」と「ヌバック」そして「通気性」に富んだ「ナイロンメッシュ」を巧みに配置。

また、細部に「ダメージ加工」を模した「プリント」を施しつつ「シュータンネーム」や「ヒールパッチ(踵)」そして「インソール(中敷き)」には、ロシア語の発音を表記する為に使用される「キリル文字」で表現した「Reebok」や「WALK OF SHAME」の「ロゴマーク」を配置する等、スペシャルメイクアップならではのディテールが細かな部分まで反映されています。

各時代に新たなテクノロジーを市場に投下して来た「Reebok」のフィロソフィを継承した不朽の名作「CLUB C」。

その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映した名機に「WALK OF SHAME」のエッセンスを融合した一足を足元から体感して見て下さい。

CLUB C 85 WOS

通常価格¥ 14000(税抜)

販売価格¥ 14,000(税抜)

品番CN6982

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands