特集ページ
HOME リーボック Reebok

リーボック Reebok SOCKRUN R "LIMITED EDITION" BLK/BLK

1982年にリリースされ、空前のエアロビクスブームと相俟って爆発的なヒット商品となった「FREE STYLE(フリースタイル)」を皮切りに「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を搭載した「INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)」や「AIR CHAMBER(エアチェンバー)」内の空気が体重の移動によって流動する事でスムーズな足運びをサポートすると共に、類い稀な「反発性」と「クッショニング性」を発揮する「DMX(ディーエムエックス)」等、各時代ごとに新たなコンセプトやテクノロジーを搭載したニューモデルを発表し、其々のフィールドに送り出して来た「Reebok(リーボック)」。

前衛的で画期的なプロダクトを数多く市場に投下すると共に、様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、スポーツとカルチャーの架け橋としても重用な役割を担って来ました。

そんな「Reebok」より、これまで同ブランドが培っていた独自のテクノロジーと現代的なデザインを融合し試作されたニューコンセプトモデル「SOCKRUN R(ソックランランナー)」からシーズナルカラーがリリース。

2013年から「LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)」でウィメンズのシニアデザイナーを務めた「DEMNA GVASALIA(デムナヴァザリア)」氏が2014年に立ち上げ、今や世界中から注目を集める「フランス」発のファッションブランド「Vetements(ヴェトモン)」とのコラボレートモデルがリリースされ話題となった「SOCKRUN R」。

そんなコラボレートモデルのベースとなった今作はミニマムな「ブラック」のカラーリングで纏めながら「アンクル(踝)」まで覆うハイカットデザインを採用し、足を包み込む様な「コンフォート性」を齎しつつ、高い「軽量性」と「通気性」を誇る独自開発のデジタルニッティングテクノロジー「ULTRAKNIT(ウルトラニット)」を「アッパー」に使用。

更に1996年に開発されながら販売に至らなかった幻のプロダクト「PUMP EVO(ポンプエボ)」に使用され、4つのパーツで構成し中央部にスペースを設ける事で高い「軽量性」と「安定性」を提供してくれる「SPLIT TOURING(スプリットツーリング)」を採用しています。

各時代に新たなテクノロジーを市場に投下して来た「Reebok」のアイデンティティを体現する「SOCKRUN R」。

進化の歴史を継承しながら現代のテクノロジーで紡ぎ上げた渾身のプロダクトの試行錯誤を今モデルを通じて足元から体感して見て下さい。

SOCKRUN R

通常価格¥ 25000(税抜)

販売価格¥ 25,000(税抜)

品番CN4409

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands