特集ページ
HOME リーボック Reebok

リーボック Reebok DAYTONA DMX OG "LIMITED EDITION" GRY/NVY/WHT/SLV/YEL

1982年にリリースされ、空前のエアロビクスブームと相俟って爆発的なヒット商品となった「FREE STYLE(フリースタイル)」を皮切りに「THE PUMP TECHNOLOGY(ポンプテクノロジー)」を搭載した「INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)」や「AIR CHAMBER(エアチェンバー)」内の空気が体重の移動によって流動する事でスムーズな足運びをサポートすると共に、類い稀な「反発性」と「クッショニング性」を発揮する「DMX(ディーエムエックス)」等、各時代ごとに新たなコンセプトやテクノロジーを搭載したニューモデルを発表し、其々のフィールドに送り出して来た「Reebok(リーボック)」。

前衛的で画期的なプロダクトを数多く市場に投下すると共に、様々なブランドやアーティストとのコラボレートモデルを発表し、スポーツとカルチャーの架け橋としても重用な役割を担って来ました。

「ENERGAIRE(エナジェア)」と呼ばれる最新テクノロジーとして、ウォーキングシューズ「COMFORT 1(コンフォート1)」等に搭載され、その後の1997年にリリースされた「DMX RUN 10(ディーエムエックスラン10)」の登場と共に「DMX MOVING AIR TECHNOLOGY(ディーエムエックスムービングエアテクノロジー)」へと名称を変更し、カテゴリーの枠を越えて様々なスポーツカテゴリーに採用。

「DMX RUN 10」は、ハイテクスニーカーブームを牽引するエポックメイキング達とも肩を並べ、世界的ファッションブランド「ALEXANDER McQUEEN(アレキサンダーマックイーン)」の創始者である同氏がキャットウォーク時に着用し話題を集める等、その近未来的なデザインは、シリアスランナーだけでは無くファッションシーンに於いても高い評価を受けて好調なセールスを記録。

2018年にはオリジナルカラーの復刻と共に、アップデートが施されたニューモデル「DMX FUSION(ディーエムエックスフュージョン)」がリリースされる等、再び注目を集めています。

そんな「DMX(ディーエムエックス)」シリーズより、2000年にリリースされた「DAYTONA DMX(デイトナディーエムエックス)」のオリジナルカラーが「DAYTONA DMX OG(デイトナディーエムエックスオリジナル)」として待望の復刻。

1992年に航空宇宙業界用に開発された特殊素材を使用し、ヘキサゴン(六角形)の組み合わせで形成された「HEXALITE(ヘキサライト)」を搭載してリリースされた名機「AZTREK(アズトレック)」を始め、その後に「NIKE(ナイキ)」の名作「AIR MAX 97(エアマックス97)」や「AIR ZOOM SPIRIDON(エアズームスピリドン)」を手掛けた「CHRISTIAN TRESSER(クリスチャントレッサー)」氏がデザインを担当。

「トゥ(爪先)」から「ヒール(踵)」に掛けて、滑らかな流線型で仕上げられ「アッパー」には「耐久性」と「軽量性」を兼ね備えた「シンセティックレザー」や「通気性」に優れる「ナイロンメッシュ」そして、夜間の「視認性」に配慮した機能素材「リフレクター(反射材)」を採用。

「ソールユニット」には最大の特徴とも言える足が地面に接する度に「AIR POD(エアポッド)」内の空気が圧縮され、異なるゾーンの間に押し込まれる事で「安定性」と優れた「クッショニング性」を生み出すテクノロジー「DMX MOVING AIR TECHNOLOGY」や「カーボン」素材の「シャンクプレート」を内蔵する事で抜群のトラクションを高次元で具現化。

今作は2000年にリリースされたオリジナルカラーを採用し、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで、幅広くフィットするモデルになっています。

各時代に新たなテクノロジーを市場に投下して来た「Reebok」のフィロソフィを継承した不朽の名作「DAYTONA DMX」。

歴史を継承しブランドフィロソフィを体現するエポックメイキングを足元から体感して見て下さい。

DAYTONA DMX OG

通常価格¥ 15000(税抜)

販売価格¥ 15,000(税抜)

品番CN3809

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands