特集ページ
HOME ナイキ NIKE

ナイキ NIKE MX-720-818 JEYED STONE/TEAM ORANGE/BLACK

1978年「Nike(ナイキ)」が誇る革新的なクッショニングシステム「Air(エア)」を初搭載した「Tailwind(テイルウィンド)」からスタートした「Air」の系譜。

そのテクノロジーは他のスポーツカテゴリーでも活用され「Air Force 1(エアフォース1)」を始め、様々な名作を世に送り出しました。

1987年に「Air」のビジブル化に成功した初代「Air Max 1(エアマックス1)」がリリースされ、その後も「Air Max(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生み出した「Air Max 95(エアマックス95)」や「ミッドソール」を「360°Air(360度エア)」で包み込んだ「Air Max 360(エアマックス360)」その後も毎年ニューモデルが発表され「Nike」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

2015年には、初代「Air Max 1」のテレビコマーシャルが解禁され一般公開となった3月26日を祝うAir Max Day(エアマックスデー)がスタートし、同シリーズのプロトタイプとしてスケッチが残されていた「Air Max Zero QS(エアマックスゼロクイックストライク)」が登場し、2017年には長年に渡るチャレンジにより飛躍的な進化を遂げて遂に完成した「Air Vapormax Flyknit(エアヴェイパーマックスフライニット)」が満を持してローンチ。

そして、2018年にはライフスタイルシーンに向けて新規開発された「Air」ユニットを搭載した「Air Max 270(エアマックス270)」、2019年には更なる進化を遂げた「Air Max 720(エアマックス720)」が登場し、世界的に「Nike」のイノベーティブな姿勢を提示しました。

そんな「Air Max」シリーズの新たな時代を体現する最新モデル「Air Max 720」にアップデートを加えたニューモデル「MX-720-818(マックス720818)」のシーズナルカラーがリリース。

「Air Max 97(エアマックス97)」を継承した流線型のデザインを進化させながらアシンメトリーなデザインを採用し1998年にリリースされた「Air Max 98(エアマックス98)」。

「Full Length Air(フルレングスエア)」のビジブル化に成功した前作より受け継いだ「ソールユニット」は「前足部」に配置された「Air」の範囲を拡大しながら「後足部」には、柔らかな「Air」を設置する事でバランスを取り「衝撃吸収性」と「安定性」の両立を実現。

また流線型のデザインを活かしながら、夜間の「視認性」に配慮した機能素材「リフレクター(回帰反射板)」を使用する事でランニングシューズとしてのスピード感を表現。

その先鋭的な「デザイン性」が故に保守的なユーザーからは賛否両論な意見が出る中、圧倒的な存在感を放つデザインでスニーカーシーンに衝撃を与え、ファッションコンシャスなスニーカーヘッズからは絶大な人気を博しました。

そんな時代を彩った名作「Air Max 98」からインスピレーションを受けた今作は「耐久性」と「通気性」を兼備した「リップストップナイロン」をベースに「Air Max 98」の特徴でもある流線型のデザインを「ステッチ」で表現。

「シュータン」や「ソールユニット」には"MX-720-818"のフォントを配しながら、脱ぎ履きを容易にする「プルストラップ」を設置。

そして最大の特徴とも言える「ソールユニット」には、製造過程で発生する廃棄物を75%再利用しながら「耐久性」を向上し、歴代の中でも最大容量となる38ミリを誇るインパクト抜群の「720 Air(720エア)」を搭載する事で、比類なき「クッション性」を誇ります。

カラーリングにはシンプルな「オリーブ」をベースに「ブラック」「オレンジ」を細部に配色する事で、足元に軽快なインパクトを与えてくれます。

イノベーションカンパニーとしての「Nike」のフィロソフィを受け継ぎ、スポーツシーンやスニーカーカルチャーだけでは無く、様々なサブカルチャーに多大な影響を及ぼした「Air Max」シリーズ。

様々な歴史を継承しながらイノベーティブな進化を体現し、未来を現実としたエポックメイキングを足元から体感して見て下さい。

MX-720-818 JEYED STONE/TEAM ORANGE/BLACK

通常価格¥ 19000(税抜)

販売価格 ¥ 19,000 (税抜)

品番CI3871-300

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands