特集ページ
HOME ナイキ NIKE

ナイキ NIKE AIR MAX PLUS III BLACK/UNIVERSITY RED/WHITE

1978年「Nike(ナイキ)」が誇る革新的なクッショニングシステム「Air(エア)」を初搭載した「Tailwind(テイルウィンド)」からスタートした「Air」の系譜。

そのテクノロジーは他のスポーツカテゴリーでも活用され「Air Force 1(エアフォース1)」を始め、様々な名作を世に送り出しました。

1987年に「Air」のビジブル化に成功した初代「Air Max 1(エアマックス1)」がリリースされ、その後も「Air Max(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生み出した「Air Max 95(エアマックス95)」や「ミッドソール」を「360°Air(360度エア)」で包み込んだ「Air Max 360(エアマックス360)」その後も毎年ニューモデルが発表され「Nike」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

2015年には、初代「Air Max 1」のテレビコマーシャルが解禁され一般公開となった3月26日を祝うAir Max Day(エアマックスデー)がスタートし、同シリーズのプロトタイプとしてスケッチが残されていた「Air Max Zero QS(エアマックスゼロクイックストライク)」が登場し、2017年には長年に渡るチャレンジにより飛躍的な進化を遂げて遂に完成した「Air Vapormax Flyknit(エアヴェイパーマックスフライニット)」が満を持してローンチ。

そして、2018年にはライフスタイルシーンに向けて新規開発された「Air」ユニットを搭載した「Air Max 270(エアマックス270)」、2019年には更なる進化を遂げた「Air Max 720(エアマックス720)」が登場し、世界的に「Nike」のイノベーティブな姿勢を提示しました。

そんな「Air Max」シリーズの中でも、同シリーズの進化の過程に於いて大きなターニングポイントとなった「Air Max Plus III(エアマックスプラス3)」のシーズナルカラーがリリース。

アメリカを中心に世界規模で店舗展開するスポーツチェーンストア「Foot Locker(フットロッカー)」の販路限定モデルとして1995年にリリースされ人気を博した「Air Burst(エアバースト)」に続き、1998年に「樹脂製半球状クッション材」を「Air」内部に配置した「Tuned Air(チューンドエア)」を初搭載したプロダクト「Air Max Plus」。

そんな「Air Max Plus」シリーズの三代目として誕生した「Air Max Plus III」は、Aerodynamics(空気力学)を応用した流線型のデザインで疾走感やスピード感を表現しながら「Air」の容量を増大した「Tuned Air」を「ソールユニット」に採用する事で「衝撃吸収性」を向上し、シリアスランナーからファンランナーまで幅広く対応するランニングシューズとして支持を集めました。

リイシューモデルをベースにした今作のシーズナルカラーは「ホワイト」と「ブラック」をベースに「レッド」を細部に配し、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで幅広くフィットするモデルになっています。

イノベーションカンパニーとしての「Nike」のフィロソフィを受け継ぎ、スポーツシーンやスニーカーカルチャーだけでは無く、様々なサブカルチャーに多大な影響を及ぼした「Air Max」シリーズ。

ヒストリーを紐解きながら進化の歴史を再生する今作を足元から体感して見て下さい。

AIR MAX PLUS III BLACK/UNIVERSITY RED/WHITE

通常価格¥ 19000(税抜)

販売価格 ¥ 19,000 (税抜)

品番CD7005-004

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands