特集ページ
HOME アディダス adidas

"Sneaker Exchange" "LIMITED EDITION for CONSORTIUM"

アディダス adidas GAZELLE SE UA&SONS "UNITED ARROWS & SONS x SLAM JAM" O.WHT/O.WHT

常にアスリートの意見に耳を傾ける事で様々なアイデアをインプットし、それを具現化する確かな技術力によって革新的なプロダクトを生み出し続ける「adidas(アディダス)」。

スポーツに尽力するアスリートをサポートするだけで無く、プロダクトを通し関わる全ての人とコミュニケーションを取る事で、スポーツそのものの発展に多大な影響を及ぼして来ました。

スポーツの根本とも言える、走る事に対する情熱は現在も冷める事が無く「創造性」と「機能性」を兼備したパフォーマンスシューズを携え、プロダクトカンパニーとして常に市場を活性化させています。

「ADOLF DASSLER(アドルフダスラー)」が築き上げ、引き継がれた「adidas」の栄光と挫折の歴史は、ランニングシューズと共に歩んで来たと言っても過言ではありません。

そんな同ブランドに於いて、世界中に拡がるスニーカーショップを結び付けスニーカーを中心に相互関係を構築する事を目的とし"CONSORTIUM(共同体)"と言う名称と"SHAKE HANDS(握手)"のアイコンを採用した「adidas Originals(アディダスオリジナルス)」の最上級プロダクトを展開する「CONSORTIUM(コンソーシアム)」。

2016年には世界中の厳選されたパートナーのショップを巡るグローバルプロジェクト「Consortium Tour(コンソーシアムツアー)」、そして2017年に新たなプロジェクトとして親交の深いパートナー同士が独自のストーリーとデザインコンセプトを持ち寄り具現化させる「Sneaker Exchange(スニーカーエクスチェンジ)」が始動し、大きな話題を集めまています。

そんな「Sneaker Exchange」より「日本」のセレクトショップ「UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)」に於けるフロントマンとして活躍する「小木 "POGGY" 基史(コギモトフミ)」氏がプロデューサーを務める「UNITED ARROWS & SONS(ユナイテッドアローズアンドサンズ)」と「イタリア」のストリートカルチャーを牽引する最重要ショップである「SLAM JAM(スラムジャム)」がタッグを組み提案するエクスクルーシブモデルがゲリラリリース決定。

何度もウェアリングテストを重ねた末に、トップアスリート向けのトレーニングシューズとして1968年にリリースされた「GAZELLE(ガゼル)」。

プロダクトネームは当時「ガゼル」の「レザー」を「アッパー」に使用していた事から命名され、様々なスポーツで使用可能なトレーニングシューズとしてシェアを拡大して行きました。

更にスポーツカテゴリー以外にも「イギリス」が生んだ世界的有名なアシッドジャズバンド「JAMIROQUAI(ジャミロクワイ)」のボーカルである「JAY KAY(ジェイケイ)」氏等のアーティストが好んで着用し「アメリカ」に端を発したヒップホップやスケートと言ったサブカルチャーとも密接にリンクした「SUPER STAR(スーパースター)」や「CAMPUS(キャンパス)」に対して「イギリス」から「ヨーロッパ」各都市に拡がり独創的な進化を遂げたサブカルチャーの住人達からの根強い支持を誇り、その歴史は現在進行形で刻まれています。

そんな名作をベースにフットボールのトレーニングシューズとしてシェアを拡大した「SAMBA(サンバ)」の「シュータン」を融合した今作のコラボレートモデルは"エレガンス"をテーマに掲げ、双方の国で生産されるマテリアルを採用しています。

1972年に「日本」と「イタリア」のジョイントベンチャー「Alcantara(アルカンターラ社)」にて開発され「耐久性」に優れた機能素材として様々な分野で活用される「Alcantara(アルカンターラ)」を「アッパー」に採用しながら、1953年創業と言う長い歴史を持つ「日本」を代表するタオルメーカー「IKEUCHI ORGANIC(イケウチオーガニック)」が展開し、風力発電の風で織る事から"風で織るタオル"と呼ばれる「今治タオル」を「ライニング(履き口)」や「インソール(中敷き)」に採用。

更に「サイドパネル」の「アウトサイド(外側)」には「ガゼル」そして「インサイド(内側)」には「ガッツレー」の「フォント(文字)」を配置。

「ヒール(踵)」や「インソール」には「UNITED ARROWS & SONS」と「SLAM JAM」の「ロゴマーク」を使用する等「CONSORTIUM」プロジェクトならではのディテールワークを魅せています。

また、同コンセプトを採用した「CAMPUS SE SLAMJAM(キャンパススニーカーエクスチェンジスラムジャム)」も同時リリース。

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり「adidas」を語る上で決して欠かす事の出来無い要素であるトレーニングシューズの歴史を物語るプロダクト「GAZELLE」。

その歴史の重みを継承した名作に「UNITED ARROWS & SONS」と「SLAM JAM」のアイデアを反映した今作を足元から体感して見て下さい。

GAZELLE SE UA&SONS

通常価格¥ 20000(税抜)

販売価格¥ 20,000(税抜)

品番BB6448

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands