特集ページ
HOME アディダス adidas

アディダス adidas TUBULAR DOOM "LIMITED EDITION" WHT/BLK

常にアスリートの意見に耳を傾ける事で様々なアイデアをインプットし、それを具現化する確かな技術力によって革新的なプロダクトを生み出し続ける「adidas(アディダス)」。

スポーツに尽力するアスリートをサポートするだけで無く、プロダクトを通し関わる全ての人とコミュニケーションを取る事で、スポーツそのものの発展に多大な影響を及ぼして来ました。

スポーツの根本とも言える"走る"事に対する情熱は現在も冷める事が無く「創造性」と「機能性」を兼備したパフォーマンスシューズを携え、プロダクトカンパニーとして常に市場を活性化させています。

「ADOLF DASSLER(アドルフダスラー)」が築き上げ、引き継がれた「adidas」の栄光と挫折の歴史は、ランニングシューズと共に歩んで来たと言っても過言ではありません。

土からコンクリート、更には短距離から長距離に至るまで、全てのランナーのニーズに応えられるランニングシューズを開発する事をコンセプトに掲げて誕生した「ZX(ゼットエックス)」シリーズ。

1984年に長距離を走行するトレイルランナー向けに「JACQUES CHASSAING(ジャックスチャサイング)」氏と「MARKUS THALER(マーカスターラー)」氏を中心としたデザインチームにより「ZX500(ゼットエックス500)」が開発された事が「ZX」シリーズの始まりとされ「日本」のモーターサイクルメーカー「Kawasaki(カワサキ)」が販売しているバイクの疾走感に共鳴した事からネーミングが付けられ、実は「日本」とも縁の深いシリーズとして知られています。

開発を重ねる毎に様々な革新的テクノロジーを注ぎ込み進化を遂げながら、適度なボリューム感に実用的な「機能性」や斬新なカラーリングを使用した数多くのバリエーションは「ヨーロッパ」を中心に海外だけで無く「日本」でも徐々に人気を獲得し、シリアスランナーからスニーカーヘッズまで幅広く愛される「adidas」のブランドフィロソフィを継承した名シリーズへと成長を遂げました。

2008年には「CONSORTIUM(コンソーシアム)」の企画として世界プロジェクト「aZX(エーゼットエックス)」が発表され、その後も「adidas Originals for mita sneakers(アディダスオリジナルスフォーミタスニーカーズ)」から「ZX8000 MITA(ゼットエックス8000ミタ)」「ZX500 OG MITA(ゼットエックス500オリジナルミタ)」のリリースや「adidas Originals for mita sneakers Selection(アディダスオリジナルスフォーミタスニーカーズセレクション)」では「ZX8000 BOOST(ゼットエックス8000ブースト)」「ZX FLUX SLIP ON(ゼットエックスフラックススリッポン)」「ZX FLUX(ゼットエックスフラックス)」がピックアップされる等、世界各国で再びフォーカスされています。

そんな名シリーズの「アッパー」デザインを継承しながら「ソールユニット」には"タイヤのインナーチューブ"からインスパイアされ、専用の「デジタルポンプ」を差し込んで空気を注入し、コンパウンド(硬度)を調整する事が出来るテクノロジー「TUBULAR SYSTEM(チューブラーシステム)」を搭載し、1990年に誕生した「RADICAL TUBULAR(ラディカルチューブラー)」から歴史をスタートさせた「TUBULAR(チューブラー)」シリーズ。

そんな革新的な発想を現代のテクノロジーを駆使してモダナイズし、2014年にリリースされた「TUBULAR RUNNER(チューブラーランナー)」の登場以降、様々なバリエーションが発表されると共に再び注目を集め、新たな柱として頭角を現しています。

数々のDNAを受け継いだ同シリーズの中で、新たな進化を果たした今作の「TUBULAR DOOM(チューブラードーム)」は「アッパー」には「伸縮性」に優れ「シーム(継ぎ目)」を極力排除する事で足当たりを改善するシームレス仕様の新素材「CIRCULAR KNIT(サーキュラーニット)」を採用した事で"ソックス(靴下)"を履いている様な「フィット性」と優れた「通気性」を提供すると共に、独創的な立体感と美しいシルエットを描きながら具現化。

また「フィッティング性」を追求する為に設置された「エラスティック」を使用した「ホールドバンド」や「アッパーサイド」と「ヒール(踵)」には「レザー」で「ガード(補強)」を備える事で、優れた「フィット性」と「サポート性」を発揮し、シューズと足の一体感を高めています。

更に「アッパー」のカラーリングに、ミニマムな「ブラック」と「ホワイト」を採用し、モダンな「デザイン性」とスポーツブランドとしての「機能性」を兼備させたプロダクトデザインの本来あるべき、機能美を体現。

スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり「adidas」を語る上で決して欠かす事の出来ない要素であるスポーツブランドの進化をフィードバックさせながら最新テクノロジーを融合し、ライフスタイルスニーカーへとブラッシュアップされた渾身のプロダクトを足元から体感して見て下さい。

TUBULAR DOOM

通常価格¥ 17000(税抜)

販売価格¥ 17,000(税抜)

品番BA7554

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands