特集ページ
HOME サイズで探す レディースサイズ

SALE!

エアウォーク AIRWALK ENIGMA 1991 "JAPAN EXCLUSIVE" BLK/RED/L.GRY

1986年に「南カリフォルニア州」で活躍していたスケーターのトリック名がブランドネームの由来となり、「BILL MANN(ビルマン)」氏と「GEORGE YOHN(ジョージヨーン)」氏によって誕生した「AIRWALK(エアウォーク)」。

スケーター出身の「LEE SMITH(リースミス)」氏が、スケートシューズ「AIRWALK」を発表して以来、瞬く間にスケートシューズの代名詞にまで成長を遂げました。

80年代後半から90年代初頭には「JASON LEE(ジェイソンリー)」氏や「TONY HAWK(トニーホーク)」氏等、実力派スケーターのサポートを開始。

更にBMX・マウンテンバイク用シューズを加え、スケートシューズブランドから、新しい時代のアクションスポーツギアブランドを引率する旗手としての地位を確立。

その後、若年層にスケーターカルチャーを定着させる為、"カジュアルであると同時に、スポーツウェアとしても通用する快適さを持つ。

"と言うコンセプトを掲げ、アクティブカジュアルカテゴリーを発表して規模を拡大して行きます。

1999年夏に開催された「AIRWALK」がスポンサーを務める「X GAMES(エックスゲームズ)」では「BUCKY LASEK(バッキーラセック)」氏、「ANDY MACDONALD(アンディマクドナルド)」氏、「BRIAN FOSTER(ブライアンフォスター)」氏、「JAY MIRON(ジェイミロン)」氏、「DENIS DERAMMELAERE(デニスデラメラエレ)」氏と言った契約プロスケーター達が軒並み"金メダル"を3つ・"銀メダル"を4つ獲得。

スケートシューズブランドとしての力を余す事なく発揮し、スケート史に「AIRWALK」の名を刻みました。

そして2000年に入りオフィシャルホームページ「Channel A(チャンネルA)」がスタート、情報に敏感な世代へ向けてのインターネットを通じた情報発信・コミュニケーションを積極的に行い次世代へのアプローチを進め現在に至り、近年では「日本企画」である「AIRWALK CLASSICS(エアウォーククラシックス)」から「ENIGMA 1991(エニグマ1991)」や「JIM TENNIS 1994(ジムテニス1994)」がオリジナルモデルを可能な限り再現し復刻を果たし話題を集めました。

そんな「AIRWALK」のスケートシューズカテゴリーにおける名作として語り継がれる「ENIGMA 1991(エニグマ1991)」にNewカラーがリリース。

1991年にリリースされた「ENIGMA」は「PROTOTYPE(プロトタイプ)」等と並び当時の「AIRWALK」を代表する名作。

近年では「NIKE SB(ナイキスケートボード)」カテゴリーからリリースされたスケートブログ「CHROME BALL INCIDENT(クロムボールインシデント)」氏が提案する「DUNK HIGH PREMIUM SB(ダンクハイプレミアムSB)」において過去にリリースされたカラーリングがサンプリングされ、その影響力は現在でも衰える事を知りません。

今作は「AIRWALK CLASSICS」として、リ・スタートを切った「日本企画」で、オリジナルモデルのディテールを世襲した「アッパー」のカッティングや独特のシルエットを生み出す「ラスト(靴型)」を採用しながら「フットベット(中敷き)」等にリノベートを施して再設計し、実用的な「機能性」を向上させています。

更にオリジナルモデルには無いコンテンポラリーなカラーリングを落とし込む事で、当時を知るスニーカーマニアから現代のスニーカーヘッズまでも唸らせる1足に仕上がっています。

90年代ストリートスケートの全盛期において、その「デザイン性」と確かな「機能性」で「KING OF SKATE SHOES」と評され今も尚、コアなファンからの絶大な支持を集める「AIRWALK」の代表作「ENIGMA」。

そんなブランドフィロソフィを継承し現代に蘇った名作を是非、足元から体感して見て下さい。

ENIGMA 1991

通常価格¥ 13000(税抜)

販売価格¥ 9,100(税抜)

品番AWK-EGM-002

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands