特集ページ
HOME ナイキ NIKE

ナイキ NIKE BLAZER ROYAL QS "LIMITED EDITION for NONFUTURE" WHT/WHT

イノベーションカンパニーとして新たな時代を築き上げながら画期的なプロダクトを生み出し、色褪せる事の無いマスターピースを常に送り出す「NIKE(ナイキ)」。

2018年も最新鋭のテクノロジーを紡ぎ上げたイノベーティブモデルを始め、其々の時代を彩った各カテゴリーを代表するエポックメイキングの復刻やモダンな付加価値を纏ったハイブリッドモデルを携えて新たな歴史を刻んでいます。

1972年に「Basketball(バスケットボール)」カテゴリーに参入。

当時リリースされた「BRUIN(ブルーイン)」や「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」に所属するポートランドのバスケットボールチーム「Trail Blazers(トレイルブレーザーズ)」から命名された「BLAZER(ブレーザー)」は名選手「George Gervin(ジョージガービン)」氏に着用され、1982年にリリースされた「AIR FORCE 1(エアフォース1)」が発表されるまでの約10年間「NIKE」の「Basketball」カテゴリーの布石となり、重要な役割を担っていました。

そして1970年代後半から1980年代に「VANS(バンズ)」や「HOBIE(ホビー)」がスケーターの足元を支えていた当時"スケート界のChuck Berry(チャックベリー)"と呼ばれた「Tony Alva(トニーアルバ)」氏が更なる「クッショニング性」を求めて愛用し、1979年のヨーロッパツアーで着用していた事も有名で70年代のスケートムーブメントを描いたドキュメンタリー映画であるLords of Dogtown(ロードオブドッグタウン)でも当時の映像が再現されています。

更にはThrasher Magazine(スラッシャーマガジン)の創刊号のイラストに使用された事で活躍の場をバスケットコートからストリートへと拡大。

その後も1990年代に入りアメカジブームやヴィンテージスニーカーの価値高騰から再度注目が集まり、待望の復刻を果たしました。

昨今では、そのバックボーンを軸に「NIKE SB(ナイキスケートボーディング)」カテゴリーへの抜擢や「HYBRID CONCEPT(ハイブリッドコンセプト)」のデザインソースに選出される事で更なる高みへと飛躍する等「NIKE」のフィロソフィーが色濃く反映されたモデルとして時代のニーズに合わせたアップデートを繰り返しスニーカーヘッズの足元を支えて来た名品です。

そんな「BLAZER」のシーズンスポットカラーが「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」よりゲリラリリース決定。

今作はシンプルな「ホワイト」でカラーリングを統一しながら、マテリアルには上質な「プレミアムレザー」「シュリンクレザー」そして「スネーク柄(蛇)」を模した「エンボスレザー(型押し)」や「パテント」を巧みに配置。

更に"2018"の「フォント」が記された「デュブレ(シューレースアクセサリー)」が付属する等、あらゆる世代のマスターピースとして愛され続けるクラシックなシルエットはそのままにシーズナルプロダクトならではのブラッシュアップを施しています。

バスケットボールシューズとしてリリースされながら、そのカラーリングやシンプルなフォルムでファッションアイテムとしても高い評価を得た名作「BLAZER」。

「NIKE」のブランドフィロソフィを継承しながら新たなるステージへと導く今作を足元から体感して見て下さい。

BLAZER ROYAL QS

通常価格¥ 12000(税抜)

販売価格 ¥ 12,000 (税抜)

品番AR8830-100

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands