特集ページ
HOME ナイキ NIKE

ナイキ NIKE AIR MAX DELUXE "LIMITED EDITION for NSW" WHT/BLU/BLK/YEL/GRY

1978年「NIKE(ナイキ)」が誇る革新的なクッショニングシステム「AIR(エア)」を初搭載した「TAILWIND(テイルウィンド)」を皮切りにスタートした「AIR」の系譜。

そのテクノロジーは様々なスポーツカテゴリーでも活用され「AIR FORCE 1(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年に「AIR」のビジブル化に成功した初代「AIR MAX 1(エアマックス1)」がリリースされ、その後も「AIR MAX(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生み出した「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「ミッドソール」を「360°AIR(360度エア)」で包み込んだ「AIR MAX 360(エアマックス360)」そして、毎年イノベーティブなニューモデルがリリースされる等「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

また、2012年には最新テクノロジーを「AIR MAX」シリーズの名作達に融合させた「WHAT THE MAX PACK(ホワットザマックスパック)」を始め「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との共同企画で誕生した「AIR MAX 95+ BB "NEO ESCAPE 2.0"(エアマックス95プラスBBネオエスケープ2.0)」等、ブランド生誕"40th ANNIVERSARY(40周年)"を彩るスペシャルプロジェクトの数々が大きな話題に。

そして、2013年には「mita sneakers」との共同企画である「AIR MAX 95 "PROTOTYPE"(エアマックス95プロトタイプ)」2014年には「AIR MAX LIGHT PREMIUM QS "鮭児"(エアマックスライトプレミアムクイックストライクケイジ)」がゲリラリリースされ即完売。

2015年には「AIR MAX 1」のCMがスタートしたとされる3月26日を祝う「AIR MAX DAY(エアマックスデー)」に、同シリーズのプロトタイプとしてスケッチが残されていた「AIR MAX ZERO QS(エアマックスゼロクイックストライク)」が登場し、2017年には長年に渡るチャレンジにより飛躍的な進化を遂げて遂に完成した「AIR VAPORMAX FLYKNIT(エアヴェイパーマックスフライニット)」が満を持してローンチ。

そして、2018年にはライフスタイルシーンに向けて新規開発された「AIR」ユニットを搭載した「AIR MAX 270(エアマックス270)」が登場し、世界的に「NIKE」のイノベーティブな姿勢を提示しました。

そんな「AIR MAX」シリーズから、1999年に誕生した「AIR MAX DELUXE(エアマックスデラックス)」のオリジナルカラーが待望の復刻リリース決定。

1997年にシリーズ初となる「FULL LENGTH AIR(フルレングスエア)」のビジブル化に成功した傑作「AIR MAX 97(エアマックス97)」を継承した流線型のデザインを魅せる「AIR MAX DELUXE」は、90年代後半に世界を席巻した大規模な音楽イベント"Rave(レイブ)"での"畝る様に流れる音や圧倒的なエネルギー"から着想を得て具現化。

その先鋭的な「デザイン性」が故に保守的なユーザーからは賛否両論な意見が出る中、イノベーションに触れたい玄人好みなスニーカーヘッズに支持を得ました。

今作は1999年にリリースされたインパクトあるファーストカラーを踏襲しながら「アッパー」マテリアルには「通気性」に優れる「ナイロン」と「TPU(熱可塑性ポリウレタン)」パーツ、そして夜間の「視認性」に配慮した機能素材「リフレクター(反射材)」を巧みに配する事で、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで、幅広くフィットするモデルになっています。

イノベーションカンパニーとしての「NIKE」のフィロソフィを受け継ぎ、スニーカーカルチャーだけでは無くストリートに於いても多大な影響を及ぼし、様々なターニングポイントとなった「AIR MAX」シリーズ。

その歴史の重みを継承しながら「NIKE」のヒストリーを体現する今作を足元から体感して見て下さい。

AIR MAX DELUXE

通常価格¥ 18000(税抜)

販売価格¥ 18,000(税抜)

品番AJ7831-401

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands