特集ページ
HOME ナイキ NIKE

ナイキ NIKE VANDAL HIGH SUPREME QS "LIMITED EDITION for NONFUTURE" BLK/GLD/WHT

イノベーションカンパニーとして新たな時代を築き上げながら画期的なプロダクトを生み出し、色褪せる事の無いマスターピースを常に送り出す「NIKE(ナイキ)」。

2018年も最新鋭のテクノロジーを紡ぎ上げたイノベーティブモデルを始め、其々の時代を彩った各カテゴリーを代表するエポックメイキングの復刻や、モダンな付加価値を纏ったハイブリッドモデルを携えて新たな歴史を刻んでいます。

「AIR FORCE 1(エアフォース1)」の後継機種として誕生した「VANDAL(バンダル)」は、1984年にリリースされてからバスケットボールシューズとしての活躍だけでは無く、ストリートカルチャーと結び付いた事で更なる脚光を浴びた名作。

「アッパー」には、パラシュート等に使われ「耐久性」と「軽量性」を兼備した特殊な「ナイロン」素材を使用しながら「ホールド性」を高める「アンクルストラップ(足首)」を採用する等、当時考え得る「機能性」を詰め込んで具現化。

その卓越した機能美で様々なシーンの足元を彩る機会も多い中、まだまだアンダーグラウンドなカルチャーだったヒップホップ要素の一つであるBREAK DANCE(ブレイクダンス)を世界中に知らしめた「ROCK STEADY CREW(ロックステディクルー)」の楽曲「UPROCK(アップロック)」のビデオクリップにて、メンバーが「ブルー/イエロー」のセットアップに「VANDAL」を着用した事で瞬く間にストリートへと浸透し、人気モデルへと駆け上がって行きました。

2003年に復刻を果たして以降、ファッションやカルチャーとリンクする「JIM MORRISON(ジムモリソン)」氏や「GEOFF MCFETRIDGE(ジェフマクフェリッジ)」氏、そして2017年には「JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)」氏等とのコラボレートを実現し、スポーツとファッションの架け橋としても重用な役割を担いながら「NIKE」のフィロソフィが反映された名作として確固たる地位を築いています。

そんな「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぐ「VANDAL」のオリジナルディテールを再現した「VANDAL HIGH SUPREME QS(バンダルハイサプリームクイックストライク)」のシーズンスポットカラーが「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」よりゲリラリリース決定。

今作は幾度かの復刻の際には実現しなかったオリジナルモデルの細やかなディテールやシルエット、そしてマテリアルに採用されていた「ナイロン」の質感を可能な限り忠実に再現しながら、カラーリングにはシンプルな「ブラック」と「ゴールド」を採用し、当時を懐かしむスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで、幅広くフィットするモデルになっています。

現在も「NIKE」の「BASKETBALL(バスケットボール)」カテゴリーに於いて礎を築いた名作として語られる「VANDAL」。

その歴史を継承しながら現代へと蘇った名機を足元から体感して見て下さい。

VANDAL HIGH SUPREME QS

通常価格¥ 10000(税抜)

販売価格¥ 10,000(税抜)

品番AH8652-002

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands