特集ページ
HOME ナイキ NIKE

ナイキ NIKE AIR MAX 1 "LIMITED EDITION for NSW" WHT/GRY/BLK

1978年「NIKE(ナイキ)」が誇る革新的なクッショニングシステム「AIR(エア)」を初搭載した「TAILWIND(テイルウィンド)」を皮切りにスタートした「AIR」の系譜。

そのテクノロジーは様々なスポーツカテゴリーでも活用され「AIR FORCE 1(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年に「AIR」のビジブル化に成功した初代「AIR MAX 1(エアマックス1)」がリリースされ、その後も「AIR MAX(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生み出した「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「ミッドソール」を「360°AIR(360度エア)」で包み込んだ「AIR MAX 360(エアマックス360)」そして、毎年イノベーティブなニューモデルがリリースされる等「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

また、2012年には最新テクノロジーを「AIR MAX」シリーズの名作達に融合させた「WHAT THE MAX PACK(ホワットザマックスパック)」を始め「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との共同企画で誕生した「AIR MAX 95+ BB "NEO ESCAPE 2.0"(エアマックス95プラスBBネオエスケープ2.0)」等、ブランド生誕"40th ANNIVERSARY(40周年)"を彩るスペシャルプロジェクトの数々が大きな話題に。

そして、2013年には「mita sneakers」との共同企画である「AIR MAX 95 "PROTOTYPE"(エアマックス95プロトタイプ)」2014年には「AIR MAX LIGHT PREMIUM QS "鮭児"(エアマックスライトプレミアムクイックストライクケイジ)」がゲリラリリースされ即完売。

2015年には「AIR MAX 1」のCMがスタートしたとされる3月26日を祝う「AIR MAX DAY(エアマックスデー)」に、同シリーズのプロトタイプとしてスケッチが残されていた「AIR MAX ZERO QS(エアマックスゼロクイックストライク)」が登場し、2017年には長年に渡るチャレンジにより飛躍的な進化を遂げて遂に完成した「AIR VAPORMAX FLYKNIT(エアヴェイパーマックスフライニット)」が満を持してローンチ。

そして、2018年にはライフスタイルシーンに向けて新規開発された「AIR」ユニットを搭載した「AIR MAX 270(エアマックス270)」が登場し、世界的に「NIKE」のイノベーティブな姿勢を提示しました。

そんな「AIR MAX」シリーズの中でも圧倒的な人気を誇る「AIR MAX 1(エアマックス1)」のシーズナルカラーがリリース決定。

1987年にシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」氏の手により「AIR」を内蔵するシューズデザインを探求し「パリ」にある建築物「CENTRE POMPIDOU(ポンピドゥーセンター)」からインスパイアされ「AIR」のビジブル化に成功したエポックメイキングであり、現在でも時代の流れと共に細やかな進化を加えながら、世界中のスニーカーフリークから絶大な支持を受けるマスターピースとして愛され続けています。

今作の「アッパー」マテリアルには「耐久性」と「軽量性」を兼備した「シンセティックスウェード」と「通気性」に優れた「ナイロンメッシュ」を採用しながら、カラーリングには「ホワイト」と「グレー」そして「ブラック」を巧みに配色する事で、あらゆる世代のマスターピースとして愛され続けるクラシックなシルエットはそのままにシーズナルプロダクトならではのブラッシュアップを施しています。

イノベーションカンパニーとしての「NIKE」のフィロソフィを受け継ぎ、スニーカーカルチャーだけでは無くストリートに於いても多大な影響を及ぼし、様々なターニングポイントとなった「AIR MAX」シリーズ。

その歴史の重みを継承しながら「NIKE」のヒストリーを体現する今作を足元から体感して見て下さい。

AIR MAX 1

通常価格¥ 12000(税抜)

販売価格¥ 12,000(税抜)

品番AH8145-003

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands