特集ページ
HOME ナイキ NIKE

ナイキ NIKE AIR MAX WOVEN BOOT "LIMITED EDITION for NONFUTURE" BLK/BLK

1978年「NIKE(ナイキ)」が誇る革新的なクッショニングシステム「AIR(エア)」を初搭載し、開発された「TAILWIND(テイルウィンド)」を皮切りにスタートした「AIR」の系譜。

そのテクノロジーは様々なスポーツカテゴリーでも活用され「AIR FORCE I(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年に「AIR」のビジブル化に成功した初代「AIR MAX I(エアマックス1)」がリリースされ、その後も「AIR MAX(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生み出した「AIR MAX 95(エアマックス95)」や「ミッドソール」を「360°AIR」で包み込んだ「AIR MAX 360(エアマックス360)」そして、毎年イノベーティブなニューモデルがリリースされる等「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

また、2012年には「NIKE」を語る上で欠かす事の出来ないプロダクトである「AIR MAX」に再びフォーカスした「WHAT THE MAX PACK(ホワットザマックスパック)」を発表。

最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」や「NO SEW(ノーソー)」テクノロジーを「NIKE」のフィロソフィを継承する名作達に融合させたコレクションを始め「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との共同企画で誕生した「AIR MAX 95+ BB NEO ESCAPE 2.0(エアマックス95プラスBBネオエスケープ2.0)」等、ブランド生誕"40周年"を彩るスペシャルプロジェクトとして大きな話題となりました。

そして、2013年には「mita sneakers」との共同企画である「AIR MAX 95 PROTOTYPE(エアマックス95プロトタイプ)」2014年には「AIR MAX LIGHT PREMIUM QS 鮭児(エアマックスライトプレミアムクイックストライクケイジ)」がゲリラリリースされ即完売。

そして2015年には「AIR MAX I」のCMがスタートしたとされる"3月26日"を祝う"AIR MAX DAY(エアマックスデー)"に、同シリーズのプロトタイプとしてスケッチが残されていた「AIR MAX ZERO QS(エアマックスゼロクイックストライク)」が登場し話題となりました。

そんな「AIR MAX」シリーズより「NIKE」が誇るエポックメイキング「AIR WOVEN(エアウーブン)」のミッドカットバージョンとして2002年にリリースされた「AIR WOVEN BOOT(エアウーブンブーツ)」と「AIR MAX 2014(エアマックス2014)」をハイブリッドする事で誕生したニューモデル「AIR MAX WOVEN BOOT(エアマックスウーブンブーツ)」が「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」よりゲリラリリース決定。

「アテネオリンピック」が開催されたミレニアムイヤーの2000年に誕生し、製造工程で出る材料の切れ端など"残材利用"のアイデアをいち早く取り入れる事で、近年キーワードとして挙げられる地球の環境保護に配慮したエコライクな「WOVEN(ウーブン)」仕様を盛り込み、それまでのスポーツシューズとは一線を画したミニマムなデザインと快適な「フィッティング性」で人気を博した「AIR WOVEN(エアウーブン)」。

そして、その名作をベースにミッドカットバージョンへとブラッシュアップを施す事で誕生した「AIR WOVEN BOOT」は「東京」のトレンドを発信し続ける「藤原ヒロシ(フジワラヒロシ)」氏と数多くの名作を生み出して来た伝説的デザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」氏、そしてその先鋭的な発想で「NIKE」を牽引する同社のCEO(最高経営責任者)である「MARK PARKER(マークパーカー)」氏の頭文字から命名されたイノベーティブなデザインや機能を落とし込み革新的なプロダクトを生み出すプロジェクト「HTM(エイチティーエム)」の第1弾として2002年にリリースされ話題を集めました。

今作はそんな名作の「アッパー」に「AIR MAX 2014」の「ソールユニット」を融合する事で誕生。

薄型「フィルム」を採用する事で「軽量性」を実現させながら優れた「クッショニング性」を誇る「360°AIR(360度エア)」を搭載しながら「NIKE」の「RUNNING(ランニング)」カテゴリーに於いて原点とも言える「WAFFLE SOLE(ワッフルソール)」からインスピレーションを受けた「アウトソール」パターンを用いながら「フォアフット(前足部)」に「フレックスグルーブ(屈曲溝)」を使用する事で「屈曲性」を更に向上させ、その独創的な発想の数々を融合し具現化。

カラーリングにはシンプルな印象のワントーンカラーを落とし込む事で、プロダクト本来の機能美を引き出しながら「NIKE」らしいブラッシュアップを施しています。

イノベーションカンパニーとしての「NIKE」のフィロソフィを受け継ぎ、スニーカーカルチャーだけでは無くストリートに於いても多大な影響を及ぼし、様々なターニングポイントとなった「AIR MAX」シリーズ。

その歴史の重みを継承した名機を新たなるステージへと導く今作を足元から体感して見て下さい。

AIR MAX WOVEN BOOT

通常価格¥ 22000(税抜)

販売価格¥ 22,000(税抜)

品番921854-002

完売

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands