特集ページ
HOME ナイキ 完売

ナイキ NIKE AIR MAX 1 PREMIUM SP 「LIMITED EDITION for NONFUTURE」 L.GRN/BLK/WHT

1978年「NIKE(ナイキ)」が誇るクッショニングシステム「AIR(エア)」を初めて搭載したシューズとして誕生した「TAILWIND(テイルウィンド)」からスタートした「AIR」の系譜。そのテクノロジーは様々なスポーツカテゴリーでも活用され、「AIR FORCE I(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年に「AIR」のビジブル化に成功した初代「AIR MAX I(エアマックス1)」がリリースされ、その後も「AIR MAX(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生みだした「AIR MAX 95(エアマックス95)」、「ミッドソール」を「360°AIR」で包み込んだ「AIR MAX 360(エアマックス360)」、そして毎年イノベーティブなNewモデルがリリースされる等、「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

また2012年には「NIKE」を語る上で欠かす事の出来ないプロダクトである「AIR MAX」に再びフォーカスした「WHAT THE MAX PACK(ホワットザマックスパック)」を発表。最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」や「NO-SEW(ノーソー)」テクノロジーを「NIKE」のフィロソフィを継承する名作達に融合させたコレクションを始め、「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との共同企画で誕生した「AIR MAX 95+ BB NEO ESCAPE 2.0(エアマックス95プラスBBネオエスケープ2.0)」等、ブランド生誕40周年を彩るスペシャルプロジェクトとして大きな話題となりました。

そして、2013年にはランニングカテゴリーの歴史を語る上で決して欠かす事の出来ない「AIR MAX」シリーズの新たなプロジェクトが始動し、歴代モデルのオリジナルカラーや、新たな「ソールユニット」を搭載したNewモデル「AIR MAX+ 2013(エアマックスプラス2013)」、更には「mita sneakers」との共同企画である「AIR MAX 95 PROTOTYPE(エアマックス95プロトタイプ)」がゲリラリリース。

また、「AIR MAX」シリーズの過去から現在、更には未来までを網羅し、「AIR MAX」の進化と歴史を再検証するスニーカームック「AIR MAX Chronicle(エアマックスクロニクル)」が出版される等、スニーカーシーンにトピックを提供し続けています。

そんな「AIR MAX」シリーズの中でも圧倒的な人気を誇る「AIR MAX I」にNewカラーが「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」よりゲリラリリース決定。

1987年にシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」氏の手により「AIR」を内蔵するシューズデザインを探求し、「パリ」にある建築物「CENTRE POMPIDOU(ポンピドゥーセンター)」からインスパイアされ、「AIR」のビジブル化に成功した名作。現在でも時代の流れと共に細やかな進化を加えながら、世界中のスニーカーフリークから絶大な支持を受けるマスターピースとして愛され続けています。

今作は「アッパー」全体に、製造工程で出てしまう材料の切れ端など"廃材利用"のアイデアを元にそれまでのスポーツシューズとは一線を画したミニマルなデザインと絶妙なフィット感で人気を博した「AIR WOVEN(エアウーブン)」から着想を得た「WOVEN柄(編み込み)」を"幾何学模様"で表現。更に特徴的な「ミッドソール」のカラーブロッキングを採用する等、デザイン面においてコンテンポラリーなアップデートが施されています。

イノベーションカンパニーとしての「NIKE」のフィロソフィを受け継ぎ、スニーカーカルチャーだけではなくストリートに置いても多大な影響を及ぼし、様々なターニングポイントとなった「AIR MAX」シリーズ。その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映しながら最新テクノロジーを融合した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

AIR MAX 1 PREMIUM SP 「LIMITED EDITION for NONFUTURE」 L.GRN/BLK/WHT

通常価格¥ 13000(税抜)

販売価格¥ 13,000(税抜)

品番616169-300

完売

アルバイト募集

Update

Recommend

Brands