特集ページ
HOME ナイキ 完売

ナイキ NIKE AIR MAX 90 EM 「TOKYO」 「LIMITED EDITION for NONFUTURE」 GRN/GRY/BLK

イノベーションカンパニーとして、時代に順応しながら色褪せる事なく愛され続けるマスターピースを常に送り出す「NIKE(ナイキ)」。

"40周年"の節目に当たる2012年には数多くの名作が復刻リリースを遂げながら、最新鋭のテクノロジーを凝縮した新たなプロダクトを発表し、スニーカーシーンに衝撃を与え続けました。そして、2013年には各カテゴリーを代表するスタンダードモデルやエポックメイキングと共に最先端技術を駆使したNewモデルを携え、新たな歴史をスタートします。

1978年、「NIKE」が誇るクッショニングシステム「AIR(エア)」を初めて搭載したシューズとして誕生した「TAILWIND(テイルウィンド)」からスタートした「AIR」の系譜。そのテクノロジーは様々なスポーツカテゴリーでも活用され、「AIR FORCE I(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年に「AIR」のビジブル化に成功した初代「AIR MAX I(エアマックス1)」がリリースされ、その後も「AIR MAX(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生みだした「AIR MAX 95(エアマックス95)」、「ミッドソール」を「360°AIR」で包み込んだ「AIR MAX 360(エアマックス360)」、そして毎年イノベーティブなNewモデルがリリースされる等、「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

また2012年には「NIKE」を語る上で欠かす事の出来ないプロダクトである「AIR MAX」に再びフォーカスした「WHAT THE MAX PACK(ホワットザマックスパック)」を発表。最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーフューズ)」や「NO-SEW(ノーソー)」テクノロジーを「NIKE」のフィロソフィを継承する名作達に融合させたコレクションを始め、「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との共同企画で誕生した「NIKE AIR MAX 95+ BB NEO ESCAPE 2.0(ナイキエアマックス95プラスBBネオエスケープ2.0)」等、ブランド生誕40周年を彩るスペシャルプロジェクトとして大きな話題となりました。

そして、2013年にはランニングカテゴリーの歴史を語る上で決して欠かす事の出来ない「AIR MAX」シリーズの新たなプロジェクトが始動。

「AIR MAX」シリーズの過去から現在、更には未来までを網羅し、「AIR MAX」の進化と歴史を再検証するスニーカームック「AIR MAX Chronicle(エアマックスクロニクル)」が出版される等、スニーカーシーンにトピックを提供し続けています。

そんな新プロジェクトから「AIR MAX」シリーズの中でも圧倒的な人気を誇る「AIR MAX 90(エアマックス90)」に最新テクノロジー「エンジニアードメッシュ」を融合したNewモデル「AIR MAX 90 EM(エアマックス90エンジニアードメッシュ)」に「LIMITED EDITION for NONFUTURE(ノンフューチャーリミテッドエディション)」から早くもNewカラーがゲリラリリース決定。

1990年に「AIR MAX III(エアマックス3)」としてリリースされ拡大されたインパクトのある「ビジブルエア」を搭載。80年代後半から90年代を象徴する"プラパーツ"が「アイレット」や「ヒールパッチ」に至るまで随所に使用されたデコラティブな「アッパー」デザインがストリートファッションとの相性の良さから国内外のスニーカーヘッズからの支持を受ける事でファッションアイテムとして拡く認知され、多くの別注モデルや限定モデルを世に送り出して来ました。現在でも時代の流れと共に細やかな進化を加えながら、世界中のスニーカーフリークから絶大な支持を受けるマスターピースとして愛され続けています。

そんな歴史的名作の「アッパー」デザインを踏襲しながら、「アッパー」マテリアルに複雑な「テクスチャー」を1枚の「レイヤー(切り返し)」で表現する事を可能にした「エンジニアードメッシュ」を採用。

「ステッチ」の量を削減し、"環境問題"に配慮したエコライクな仕様が盛り込まれると共に、機能面においても「サポート性」の向上に加え、心地よい「フィット感」を提供。更に「シーム」を極力排除する事で美しい流曲線を描く「アッパー」デザインを生み出しコンテンポラリーな魅力を凝縮しています。

また、世界中のランニングイベントをテーマに国際的なマラソン大会が開催されている"都市"からインスピレーションを受けた今作は"TOKYO(東京)"をキーワードにしたカラーリングを採用。"イチョウの葉"から着想を得た「東京」の"シンボルマーク"にも使用されている「グリーン」をベースカラーに使用。"コンクリートジャングル"と称される「東京」の町並みから無機質な「グレー」を切り取りディテールに配色する事で、その世界観を見事に体現しています。

イノベーションカンパニーとしての「NIKE」のフィロソフィを受け継ぎ、スニーカーカルチャーだけではなくストリートに置いても多大な影響を及ぼし、様々なターニングポイントとなった「AIR MAX」シリーズ。その歴史の重みを継承しブランドフィロソフィを反映しながら最新テクノロジーを融合した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

AIR MAX 90 EM 「TOKYO」 「LIMITED EDITION for NONFUTURE」 GRN/GRY/BLK

通常価格¥ 13000(税抜)

販売価格¥ 13,000(税抜)

品番554719-330

完売

アルバイト募集

Update

Recommend

Brands