特集ページ
HOME ナイキ 完売

ノンフューチャーリミテッドエディション

ナイキ NIKE AIR MAX+ 2012 QS 「WHAT THE MAX PACK」 MULTI/WHT

革新的なテクノロジーやアイディアを数多く生み出すイノベーションカンパニー「NIKE(ナイキ)」。

そんな「NIKE」より生誕40周年を迎える2012年、ブランドフィロソフィを継承した名作ランニングシューズやNewモデルがリリースされアニバーサリーイヤーを華々しく彩ります。

1978年、「NIKE」が誇るクッショニングシステム「AIR(エア)」を初めて搭載したシューズとして誕生した「TAILWIND(テイルウィンド)」からスタートした「AIR」の系譜。そのテクノロジーは様々なスポーツカテゴリーでも活用され、「AIR FORCE I(エアフォース1)」を始め、数々の名作を世に送り出しました。

1987年にシューズデザイナー「TINKER HATFIELD(ティンカーハットフィールド)」の手により「AIR」を内蔵するシューズデザインを探求し、「パリ」にある建築物「CENTRE POMPIDOU(ポンピドゥーセンター)」からインスパイアを受け、「AIR」のビジブル化に成功した初代「AIR MAX I(エアマックス1)」。

その後も「AIR MAX(エアマックス)」シリーズはスニーカーバブルを生みだした「AIR MAX 95(エアマックス95)」、「ミッドソール」を「360°AIR」で包み込んだ「AIR MAX 360(エアマックス360)」、そして毎年イノベーティブなNewモデルがリリースされる等、「NIKE」のブランドフィロソフィを受け継ぎ、中核を担うプロダクトとして進化を続けています。

そんな「NIKE」を語る上で欠かす事の出来ないプロダクトである「AIR MAX」に再びフォーカスした「WHAT THE MAX PACK(ホワットザマックスパック)」がゲリラリリース開始。

最新テクノロジー「HYPERFUSE(ハイパーヒューズ)」や「NO-SEW(ノーソー)」テクノロジーを「NIKE」のフィロソフィを継承する名作達に融合させたコレクションを始め、数多くのブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛けるだけではなく、世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで多岐に渡りスニーカープロジェクトに携わり具現化し続ける「国井 栄之(クニイシゲユキ)」がクリエイティブディレクターを務める「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」との共同企画で誕生した「NIKE AIR MAX 95+ BB NEO ESCAPE 2.0(ナイキエアマックス95プラスBBネオエスケープ2.0)」のリリース等、ブランド生誕40周年を彩るスペシャルプロジェクトとしてローンチを迎えます。

そんなプロジェクト「WHAT THE MAX PACK」から「AIR MAX」シリーズの最新作「AIR MAX+ 2012 QS(エアマックスプラス2012クイックストライク)」がゲリラリリース決定。

今作は「アッパー」マテリアルに「メッシュ」に「シンセティックレザー」を貼り付ける「特殊加工」を施し、「軽量性」と「通気性」を高次元で融合する事で史上最軽量と謳われる抜群の軽さと「ホールド性」を見事に体現した最新テクノロジー「HYPERFUSE」を2層構造で採用。「サポート性」の向上に加え、心地よい「フィット感」を提供してくれるだけではなく「レイヤー(切り返し)」を極力排除する事で美しい流曲線を描く「アッパー」デザインを生み出しコンテンポラリーな魅力を凝縮しています。

更に「ゲージ」を取り払い新設計となった「360°AIRソールユニット」を採用する事で「クッショニング性」を向上させるだけではなく、ヴィジュアル面でも「360°AIR」をより感じ取れるデザインに仕上がっています。

「インソール(中敷き)」には「コンフォート性」「通気性」「防臭性」全てに優れた「ORTHOLITE(オーソライト)」社製「フットベッド」を採用した「FITSOLE 2(フィットソール2)」を使用。常に快適なドライ感を保つ「ORTHOLITE」は、無数のミクロの空気穴から、湿気を逃がす「オープンセルポリウレタン」製で、「衝撃吸収性」や「耐久性」にも優れています。

また、走行データ等の情報が「iPhone(アイフォン)」「iPod(アイポッド)」と連動して表示できる「Nike+(ナイキプラス)」に対応し、パフォーマンスに優れた現代的なシティーランニングモデルとしても昇華。

また、カラーリングは「ホワイト」をベースに採用し「サイドパネル」には「シンセティックレザー」に「熱圧着」を施す「HYPERFUSE」の特性を活かしポップなカラーリングを組み合わせる事でデザイン面でもコンテンポラリーな魅力を凝縮しています。

イノベーションカンパニーとしての「NIKE」のフィロソフィを受け継ぎ、スニーカーカルチャーだけではなくストリートに置いても多大な影響を及ぼし、様々なターニングポイントとなった「MAX」シリーズ。

その歴史の重みを継承した名機に最新技術を融合しSimile(直喩)な形態でMetaphor(暗喩)な概念をクロスオーバーする事で具現化した「WHAT THE MAX PACK」を是非、足元から体感して見て下さい。

AIR MAX+ 2012 QS 「WHAT THE MAX PACK」 MULTI/WHT

通常価格¥ 17000(税抜)

販売価格¥ 17,000(税抜)

品番532307-100

完売

アルバイト募集

Update

Recommend

Brands