特集ページ
HOME プーマ Puma

"LIMITED EDITION for CREAM"

プーマ Puma CELL VENOM "RADIANT VENOM" "OVERKILL" WHT/M.GRN/SAX/BLU/N.YEL

独自の着眼点で開発した数々のプロダクトを世に送り出すと共に、コレクションブランドとスポーツブランドの協業を仕掛けた先駆者として様々なコレクションを発表し、スポーツとファッションの架け橋として重用な役割を担った「Puma(プーマ)」。

そんな同ブランドのRunning(ランニング)カテゴリーの中でも1990年代のクッショニングテクノロジーとして「ハニカム構造」で形成されたクッション材が衝撃を吸収し拡散する「Cell(セル)」を搭載し1997年にリリースされ、2018年に満を持して復刻を果たした玄人好みの名作「Cell Venom(セルヴェノム)」から、ドイツを代表するキーアカウントとして一線を画した提案で人気を博す「Overkill(オーバーキル)」によるスペシャルメイクアップモデルがグローバルプロジェクト「Cream(クリーム)」よりゲリラリリース決定。

"体内に毒液を持つ昆虫"から着想を得たデザインを用いた事から"Venom(毒液)"をプロダクトネームに採用した「Cell Venom」。

1997年のFallシーズンに長距離ランナー向けのトレーニングシューズとして「Cell」シリーズからリリースされた今作の「ソールユニット」には、衝撃を吸収し拡散するクッショニングテクノロジー「Trinomic(トライノミック)」の「ハニカム構造」面積を拡大した「Big Cell(ビッグセル)」を搭載した事で「衝撃吸収性」は勿論、障害防止機能に効果を発揮する優れた「安定性」と「耐久性」を飛躍的に進化させ、スポーツシーンに留まる事無くタウンユースとしても高い評価を獲得。

また「Puma」の長い歴史の中でも1996年Fallシーズンから1998年Springシーズンまでの二年間のみ使用され、当時普及し始めたパーソナルコンピュータの"デスクトップアイコン"からインスパイアされた「Icon Logo(アイコンロゴ)」を使用。

また、90年代を象徴するヒップホップグループ「Wu-Tang Clan(ウータンクラン)」の「Ghostface Killah(ゴーストフェイスキラー)」氏がグループショットの際に着用した事でコアなファンを惹き付けました。

その後の2018年には、世界中のコンテンポラリーファッションからストリートカルチャーまでを幅広くピックアップし発信するオンラインメディア「Hypebeast(ハイプビースト)」がアメリカ/ニューヨークにて開催した「Hypefest(ハイプフェスト)」に於いて「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターである「Shigeyuki Kunii(国井 栄之)」がディレクションした「Cell Venom "Stealth" "Hypefest Exclusive"(セルヴェノムステルスハイプフェストエクスクルーシブ)」や、そのストーリーをより明確化させた「Cell Venom "Stealth" "mita sneakers"(セルヴェノムステルスミタスニーカーズ)」がゲリラリリースされ、大きな注目を集めたのも記憶に新しい所です。

そんな「Cell Venom」をフィーチャーした今作は"西暦1999年末にY2K(2000年問題)によりコンピューターの誤作動が発生し地球上全ての核ミサイルが発射。

その後、滅亡したかに思われた人類が19100年に目覚めると言う空想の物語"をデザインソースに具現化。

カラーリングには「ホワイト」「ミントグリーン」「サックスブルー」「ブルー」「ネオンイエロー 」のカラーコンビネーションを用いつつ「アッパー」マテリアルには「ナイロンメッシュ」「スムースレザー」「スウェード」そして、夜間の「視認性」に配慮した機能素材「リフレクター(反射材)」を巧みに配置。

また「安定性」に優れた「Big Cell」との相性を考慮し「衝撃吸収性」や「耐久性」に特化した最新フォーム「CM EVA(シーエムエチレンビニルアセテート)」を融合した「ソールユニット」を搭載する事で、オリジナルデザインを活かしながらライフスタイルスニーカーとしての実用的なアップデートを追加。

更に「シュータン」「アッパーサイド」「インソール」には「Overkill」と「Puma」両者のコラボレートを意味する「ロゴマーク」や「フォント」が配される等、スペシャルメイクアップモデルならではの拘りが尽くされています。

これまでにも独創的な発想で「デザイン性」と「機能性」の融合をテーマに様々なプロダクトをスニーカー市場に送り出して来た「Puma」。

そんなブランドフィロソフィを反映した「CELL」シリーズに「Overkill」のアイデアを反映した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

CELL VENOM

通常価格¥ 16000(税抜)

販売価格¥ 16,000(税抜)

品番370332-01

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands