特集ページ
HOME プーマ Puma

プーマ Puma BREAKER MESH PA "LIMITED EDITION for PRIME" O.WHT/BLK

1968年に開催された「メキシコオリンピック」の陸上競技200mにて、ゴールドメダルを獲得しながらも黒人への人種差別に対する政治的パフォーマンス(ブラックパワーサリュート)が引き金となり、メダルを剥奪された陸上選手「TOMMIE SMITH(トミースミス)」氏。

同氏が表彰台に上がった際に脱ぎ置いたトレーニングシューズ「CRACK(クラック)」が「Puma」を代表するコートモデルの起源とされ、1970年代に入ると「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」の中でもトップクラスの人気チーム「NEW YORK KNICKS(ニューヨークニックス)」に在籍した「WALT FRAZIER(ウォルトフレイジャー)」氏の活躍を称え、同氏の愛称を冠したシグネチャーモデル「CLYDE(クライド)」へとストーリーは発展。

契約終了後にもインターナショナル品番のみでプロダクトネームすら無かったこのブラッチャータイプ(外羽根式)のスウェードモデルは「PUMA SUEDE(プーマスウェード)」の愛称で継続生産され、80年代のオールドスクールヒップホップシーンやスケートシーンと言ったサブカルチャーとリンクしながらファッションアイコンにも影響を与え、スタイル・ジェネレーション・ジャンルに囚われる事の無いマスターピースな逸足へと昇華。

1980年代後半には生産拠点が「旧ユーゴスラビア」から「台湾」に移り「PK0814(当時の品番)」として、1991年から「日本」でも正規展開。

近年では、そんな当時のモデルを可能な限り再現したプロジェクト「from the PUMA ARCHIVE(フロムザプーマアーカイブ)」より「SUEDE CLASSIC(スウェードクラシック)」としてのリリースや「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」とのコラボレートモデルとして、古来から伝わる染色法である藍染めを駆使した「SUEDE MID MITA(スウェードミッドミタ)」、ピストやBMXを中心に高い人気を誇っているストリートバイクカルチャーから着想を得た「SUEDE CYCLE MITA(スウェードサイクルミタ)」、最新ソールユニット「IGNITE FORM(イグナイトフォーム)」を搭載した「WHIZ LIMITED(ウィズリミテッド)」と「mita sneakers」のコラボレートモデル「SUEDE IGNITE WM "URBAN:TECH"(スウェードイグナイトウィズリミテッドミタスニーカーズアーバンテック)」がリリースされ、大きな注目を集めたのも記憶に新しい所です。

そんな「Puma」のブランドヒストリーを紐解く上で欠かす事の出来ない名作「SUEDE」の「アッパー」デザインをベースに最新ソールユニット「PLATFORM(プラットフォーム)」を搭載してアップデートが施された「BREAKER(ブレーカー)」シリーズのシーズナルモデル「BREAKER MESH PA(ブレーカーメッシュPA)」がリリース。

"BREAKER(破壊者)"のモデル名が表す通り"既成概念に囚われないスタイル"をテーマに掲げた今作は「アッパー」マテリアルに質感に優れた「スムースレザー」と「伸縮性」に特化した「テキスタイル」そして「爬虫類の鱗」を模した「エンボスレザー(型押し)」を巧みに配しながら「シュータン」と「ライニング(履き口)」を一体成形に進化させた「モノソック構造」や、脱ぎ履きを容易にする「ヒールタブ」を設置する事でスムーズな足入れを実現。

また「デザイン性」と「コンフォート性」を兼備した最新ソールユニット「PLATFORM」を用いる事で伝統的なルックスを活かしつつ、コンフォータブルな履き心地を高次元で融合させて具現化。

カラーリングにはミニマムなモノトーンカラーで纏め上げる事で、往年のスニーカーファンから昨今のスニーカーヘッズまで、幅広くフィットするモデルになっています。

独創的な発想でこれまでにも「デザイン性」と「機能性」の融合をテーマに様々なプロダクトをスニーカー市場に送り出して来た「Puma」。

時代の変化に流されず「Puma」が誇るクラシカルコートモデル「SUEDE」のフィロソフィを色濃く反映しながら、モダンな価値観をプラスする事によって「機能性」と「デザイン性」を融合させて進化を遂げた「BREAKER」シリーズを足元から体感して見て下さい。

BREAKER MESH PA

通常価格¥ 11000(税抜)

販売価格¥ 11,000(税抜)

品番366988-02

Size

アルバイト募集

Update

Instagram

Brands